なぜ特別視されるのか? 現在の価値「3億円」のランボルギーニ「ミウラ」 – Auto M esse Web

なぜ特別視されるのか? 現在の価値「3億円」のランボルギーニ「ミウラ」 – Auto Messe Web

ここ最近、ランボルギーニ・ミウラが人気だ。スーパーカーブーム全盛時にも一世を風靡したので、半世紀近く経って、人気が再燃しているといったほうが正しい …

なぜ特別視されるのか? 現在の価値「3億円」のランボルギーニ「ミウラ」の人気の秘密 | ~カスタム・アウトドア・福祉車両・モータースポーツなどのカーライフ情報が満載~ AUTO MESSE WEB
1965年のトリノショーでシャーシだけ展示されたTP400。翌年、ガンディーニがデザインをしたボディを乗せたのがジュネーブショーで発表されたミウラとなった。同車はいまなお人気の1台。世界相場も3億円以上の価値が付くがなぜだろうか? 解説していこう。
タイトルとURLをコピーしました