スバル WRX、北米では「STI」生産せず…電動化も検討中 | MOBY モビー

スバル WRX、北米では「STI」生産せず…電動化も検討中 | MOBY [モビー]

スバルの北米部門は2022年3月11日、次期型WRX STIについて、内燃機関を搭載するモデルを米国向けに生産しないと発表しました。

スバル WRX、北米では「STI」生産せず…電動化も検討中 | MOBY [モビー]
スバルの北米部門は2022年3月11日、次期型WRX STIについて、内燃機関を搭載するモデルを米国向けに生産しないと発表しました。

スバルが役員報酬制度を見直す狙い – ニュースイッチ

SUBARU(スバル)は、役員報酬制度を見直す。連結税引き前利益実績を基に、上位の役位ほど業績との連動性が強まる報酬テーブルを設定する。

スバルが役員報酬制度を見直す狙い|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社
こちらは、スバルが役員報酬制度を見直す狙いのページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。

スバル WRX 新型、米国は「STI」なし…電動化も検討中 – 価格.com

SUBARU(スバル)の米国部門のスバルオブアメリカは3月11日、新型『WRX』(日本名:『WRXS4』に相当)のプラットフォームをベースにした『WRXSTI』を、米国 …

価格.com - スバル WRX 新型、米国は「STI」なし…電動化も検討中
SUBARU(スバル)の米国部門のスバルオブアメリカは3月11日、新型『WRX』(日本名:『WRXS4』に相当)のプラットフォームをベースにした『WRXSTI』を、米国向けには生産しないと発表した。自動車市場が電動化にシフトする中、スバル...

これってスバル車の中でも一番雪道で安定して走れるモデルかも!?「スバル ソルテラ」【河口 …

スバル初のピュアEV「ソルテラ」のAWDモデルに雪上で河口まなぶ氏が試乗。モーターならではのレスポンスの良さと、多少の轍をもろともしない安定した走行 …

これってスバル車の中でも一番雪道で安定して走れるモデルかも!?「スバル ソルテラ」【河口まなぶ動画試乗インプレッション】(LE VOLANT CARSMEET WEB) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
スバル初のピュアEV「ソルテラ」のAWDモデルに雪上で河口まなぶ氏が試乗。モーターならではのレスポンスの良さと、多少の轍をもろともしない安定した走行性能により、スバルAWD車のの中でもピカイチのパフォーマンスを披露してくれました。 いま大...

スバル「レヴォーグ」をGT王者が大人カスタム! 30台限定「タクティ スペシャルエディション …

特別装備満載の「レヴォーグ タクティ スペシャルエディション」 スーパーGT 2021年シリーズにおいて、念願のシリーズチャンピオンを獲得したSUBARU BRZ …

スバル「レヴォーグ」をGT王者が大人カスタム! 30台限定「タクティ スペシャルエディション」がカッコ良すぎる!(くるまのニュース) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
■特別装備満載の「レヴォーグ タクティ スペシャルエディション」 スーパーGT 2021年シリーズにおいて、念願のシリーズチャンピオンを獲得したSUBARU BRZ R&D SPORTで「BRZ GT300」を操る井口卓人選手・山内英輝選手...

3月に入り二度のクラッシュ。前年GT300王者のSUBARU BRZ R&D SPORTの苦境が続く …

3月12〜13日、岡山県の岡山国際サーキットでスーパーGT公式テストの公式テストが行われたが、2日目のセッション3で、2021年GT300チャンピオンのSUBARU BRZ …

3月に入り二度のクラッシュ。前年GT300王者のSUBARU BRZ R&D SPORTの苦境が続く | スーパーGT | autosport web
 3月12〜13日、岡山県の岡山国際サーキットでスーパーGT公式テストの公式テストが行われたが、2日目のセッション3で、2021年GT300チャンピオンのSUBARU BRZ R&D SPORTが2コーナーでクラッシュ。車両のダメージもあり、セッション4を走れないままテストを終えることになってしまった。すでに3月に入っ...

スバル初EV「ソルテラ」の走り味とは? | コラム | 環境ビジネスオンライン

スバルが初めて量産したEV(電気自動車)の「ソルテラ」のプロトタイプに試乗した。 ソルテラは、トヨタとスバルが共同開発車だが、モーターや電池などEVの …

スバル初EV「ソルテラ」の走り味とは?
スバルが初めて量産したEV(電気自動車)の「ソルテラ」のプロトタイプに試乗した。 ソルテラは、トヨタとスバルが共同開発車だが、モーターや電池などEVの主要部品、また骨格となる車体の基本設計はトヨタが行っている。

水平対向エンジン専用オイル、ZERO SP『エステライズES 0W-20』発売

スバルカスタマイズブランド「ZERO/SPORTS(ゼロスポーツ)」から新製品エンジンオイル「ZERO SPエステライズES 0W-20」が新発売。3月18日より販売が開始 …

水平対向エンジン専用オイル、ZERO SP『エステライズES 0W-20』発売 | レスポンス(Response.jp)
スバルカスタマイズブランド「ZERO/SPORTS(ゼロスポーツ)」から新製品エンジンオイル「ZERO SPエステライズES 0W-20」が新発売。3月18日より販売が開始される。

EV充電器の総数が減っているという現実、そのワケとは | レスポンス(Response.jp)

今年は、電気自動車(EV)をこれまで一般消費者へ販売してこなかったトヨタとスバルから販売がはじまる。また、世界的に先陣を切って2009~10年にかけてEVの …

EV充電器の総数が減っているという現実、そのワケとは | レスポンス(Response.jp)
◆EV充電器の総数が減っている? ◆補助金目当てで設置された性能不十分な充電器も ◆EVとエンジン車の使い勝手は異なる、ということ ◆輸入車業界が積極的に充電器を設置

【新車販売台数速報】いま売れている車はコレ!2022年1月版 | カーニュース, 自動車マーケット …

国産乗用車販売台数 2022年1月(軽自動車を除く) · 三菱とホンダが好調な滑り出し · 気になるスバルとトヨタの不調 · 単一モデルなのに売れているアクアとルーミー …

【新車販売台数速報】いま売れている車はコレ!2022年1月版 | カーニュース, 自動車マーケット情報 ならカルモマガジン
2022年1月の乗用車全体(軽自動車を含む)の販売台数は27万2,445台、前年比83.9%と、引き続き厳しい数字となっています。日産やマツダが前年を大きく下回る一方で、三菱とホンダは前年比プラスなど、不安定な生産状況が続いています。 軽自動車を除く1月の新車販売ランキングでは、トヨタヤリスが首位を維持、5位までトヨタ...
タイトルとURLをコピーしました