「テールランプが溶けた」「ドアが開かず閉じ込められた」! スーパーカーらし い不具合の …

「テールランプが溶けた」「ドアが開かず閉じ込められた」! スーパーカーらしい不具合の …

スーパーカーらしい不具合のデパートだったランボルギーニ「ディアブロ」 … よりもはるかに現代的に見えるスーパースポーツに仕上がっていた。

「テールランプが溶けた」「ドアが開かず閉じ込められた」! スーパーカーらしい不具合のデパートだったランボルギーニ「ディアブロ」(WEB CARTOP) - Yahoo!ニュース
 1990年半ばから2001年にかけて、つまり1990年代のほとんどを、ランボルギーニが生産したロードカーは、実質的にはディアブロのみだった。ほかにはカウンタック・アニバーサリーの最終期にあたるモデ

AMGエンジン搭載の直4モデルにも特別仕様車登場! ロータス・エミーラ … – WEB CARTOP

スーパーカー扱いしてるのは日本だけ! 昭和の少年の心を鷲づかみにしたペッタンコカー「ロータスヨーロッパ」の真実 · #スーパーカー #ライトウエイト …

AMGエンジン搭載の直4モデルにも特別仕様車登場! ロータス・エミーラ・ファーストエディションを発表
この記事をまとめると■ロータス・エミーラの直4モデルに「ファーストエディション」を設定することを発表■エミーラ・ファーストエディションは独自のエンジンベイカバーとCピラーバッジを持つ■価格は価格は7万1995ポンド(約1112万円)で日本で…

「テールランプが溶けた」「ドアが開かず閉じ込められた」! スーパーカーらしい … – エキサイト

スーパーカーらしい不具合のデパートだったランボルギーニ「ディアブロ」. WEB CARTOP. 2022年3月17日 17:30.

「テールランプが溶けた」「ドアが開かず閉じ込められた」! スーパーカーらしい不具合のデパートだったランボルギーニ「ディアブロ」 (2022年3月17日) - エキサイトニュース
この記事をまとめると■ランボルギーニ・ディアブロは1990〜2001年まで製造されていた■5.7リッター/6リッターV12をミッドに搭載したシザースドアのフラッグシップモデル■初期のディアブロの品質は...

「なぜSUVじゃない?」 車検証でSUVが「ステーションワゴン」として表記される理由とは

クルマの分類はボディ形状からセダン、クーペ、ステーションワゴンなどに分けられるケースと、スポーツカーやスーパーカー、クロスカント.

「なぜSUVじゃない?」 車検証でSUVが「ステーションワゴン」として表記される理由とは(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 近年ではクルマのボディタイプのなかでも高い人気を誇るSUV。    クルマの分類はボディ形状からセダン、クーペ、ステーションワゴンなどに分けられるケースと、スポーツカーやスーパーカー、クロスカント

高性能車の証「ミッドシップ」はなぜ減少傾向? じつは軽にも採用例が多いMRのメリット …

ひとつめは、「リアミッドシップ」とも呼ばれるレイアウトで、フォーミュラカーを起源とし、スポーツカーやスーパーカーに多く採用されています。

高性能車の証「ミッドシップ」はなぜ減少傾向? じつは軽にも採用例が多いMRのメリット・デメリットとは
クルマの中央付近にエンジンを置く「ミッドシップ」レイアウトは、走行性能を優先させた車種を中心に採用されてきました。スポーツカーのほか、軽自動車にも多く採用されたミッドシップのメリット・デメリットはどのようなところにあるのでしょうか。

元会社員がついに夢のガレージを完成 DIYで4年「長年の夢がやっとかなった」 家族も説得

一般社団法人日本スーパーカー協会の代表理事を務める須山泰宏さんは、休日に自ら鉄骨を運んでDIYを進め、今年2月、長年の夢をかなえた。

元会社員がついに夢のガレージを完成 DIYで4年「長年の夢がやっとかなった」 家族も説得
夢のガレージを4年の歳月をかけて手作りで完成させた元会社員がいる。一般社団法人日本スーパーカー協会の代表理事を務める須山泰宏さんは、休日に自ら鉄骨を運んでDIYを進め、今年2月、長年の夢をかなえた。愛車のフェラーリ・ディーノ246GTなど、数々のコレクションが並ぶ壮観な光景に、「最高の場所ですね」と感無量の表情だ。建設...

事故車の「フェラーリ458」を参考に「コルベットZ06」は作られた!? シボレー関係者が明かす …

アメリカのスポーツカーを代表する「コルベット」。 … また、フェラーリやマクラーレンといった一部のスーパーカーメーカーも採用している。

事故車の「フェラーリ458」を参考に「コルベットZ06」は作られた!? シボレー関係者が明かすフェラーリV8を分解した理由とは | VAGUE(ヴァーグ)
アメリカのスポーツカーを代表する「コルベット」。現行型となる8代目は、これまでのパワフルなV8エンジン+FRというアメリカンマッスルな姿から、ヨーロッパのスポーツカーを新たなライバルとしたスタイルへと一変。そんななか、高性能版である「Z06」のチーフエンジニアが「フェラーリのV8を参考にエンジンを開発した」と打ち明けま...

「なぜSUVじゃない?」 車検証でSUVが「ステーションワゴン」として表記される理由とは …

クルマの分類はボディ形状からセダン、クーペ、ステーションワゴンなどに分けられるケースと、スポーツカーやスーパーカー、クロスカントリーのような性能や …

「なぜSUVじゃない?」 車検証でSUVが「ステーションワゴン」として表記される理由とは
クルマには、個別でそのクルマの詳細が書かれた「車検証」が存在します。そのなかにはボディタイプを表記する部分はありますが、なぜSUVは「ステーションワゴン」と書かれているのでしょうか。

「グランツーリスモ」の“初代”と“7”,同じ車種で同じコースを走ってみた – YouTube

Next: · GT5で頭文字Dの名シーンを再現してみた · Mix – 4GamerMovie · 海外でモンスターGT-Rが世界のスーパーカーを圧倒! · グランツーリスモ2 GT2史上最大馬力!

「グランツーリスモ」の“初代”と“7”,同じ車種で同じコースを走ってみた
連載「ミニシアター4Gamer」では,初代「グランツーリスモ」と最新作「グランツーリスモ7」での同じ車種,同じコースでのドライビングをムービーにしてみた。グランツーリスモ7

日産GT-R 欧州市場撤退が決定 騒音規制クリアできず 約13年の販売に終止符 | AUTOCAR JAPAN

「身近なハイパフォーマンスカーの象徴として欧州で発売されてから13年、同地域 … トップシークレット・スーパーGT-R 落札ならず 東京オートサロン出展車× …

日産GT-R 欧州市場撤退が決定 騒音規制クリアできず 約13年の販売に終止符 - AUTOCAR JAPAN
日産は、騒音規制によりGT-Rの欧州販売を3月をもって終了すると発表しました。後継の情報はありません。
タイトルとURLをコピーしました