ランボルギーニ、2021年の業績を発表。3部門で過去最高を記録 | GENROQ Web(ゲンロク ウェブ)

ランボルギーニ、2021年の業績を発表。3部門で過去最高を記録 | GENROQ Web(ゲンロク ウェブ)

アウトモビリ・ランボルギーニが2021年度の業績を発表、過去最高の販売台数、売上高、利益率を記録した。半導体不足や新型コロナウイルスなど世界的に厳しい …

ランボルギーニ、2021年の業績を発表。3部門で過去最高を記録
アウトモビリ・ランボルギーニが2021年度の業績を発表、過去最高の販売台数、売上高、利益率を記録した。半導体不足や新型コロナウイルスなど世界的に厳しい経営環境が続く中、堅実な経営戦略が改めて裏付けられる結果となった。

ランボルギーニ・ディアブロは不具合のデパート! 「テールランプが溶けた」「ドアが開かず …

ランボルギーニ・カウンタックの後継モデルとして1990年に登場したディアブロ。5.7リッターV12をミッドシップ搭載したシザースドアのスタイリングはまさに …

「テールランプが溶けた」「ドアが開かず閉じ込められた」! スーパーカーらしい不具合のデパートだったランボルギーニ「ディアブロ」
この記事をまとめると■ランボルギーニ・ディアブロは1990〜2001年まで製造されていた■5.7リッター/6リッターV12をミッドに搭載したシザースドアのフラッグシップモデル■初期のディアブロの品質はとにかく悪く不具合が頻出した「悪魔」と名…

伊マテリアルブランド Alcantara が Lamborghini とタッグを組んだコラボイベントを開催

会場では、「Lamborghini」の伝説的なスーパーカー “Aventador Ultimae(アヴェンタドール・ウルティマエ)”と“Huracan STO(ウラカン・STO)”の内装 …

伊マテリアルブランド Alcantara が Lamborghini とタッグを組んだコラボイベントを開催
「Alcantara」仕様にカスタムした「Lamborghini」Aventador UltimaeおよびHuracan STOなどを多数展示

V12を電動化で1,000馬力に!ランボルギーニ旗艦モデル「アヴェンタドール」後継 … – Clicccar

後部には過激ハイマウント・クワッドエキゾーストシステム装備 ランボルギーニのフラッグシップ・スーパーカー、「アヴェンタドール」後継モデルと見られる …

V12を電動化で1,000馬力に!ランボルギーニ旗艦モデル「アヴェンタドール」後継モデルをスクープ | clicccar.com
■後部には過激ハイマウント・クワッドエキゾーストシステム装備 ランボルギーニのフラッグシップ・スーパーカー、「アヴェンタドール」後継モデルと見られる最新プロトタイプを、カメラが捉えました。

あのカウンタックが公道を走った! 世界を魅了するスーパーカーがフェラーリとは違った魅力を放つ …

少しでもクルマに興味のある人なら、「カウンタック」を知らない人はいないだろう。歴史的にみてもランボルギーニを代表する1台であるのは偽りのない事実で …

あのカウンタックが公道を走った! 世界を魅了するスーパーカーがフェラーリとは違った魅力を放つ理由 - 自動車情報誌「ベストカー」
LPI800-4、現代にリバイバルされたカウンタックが、最近公道を走り始めた! スーパーカーといえば初代カウンタックを思い浮かべる人も多いと思うが、新型はどうなのか? 西川淳氏に語ってもらった!

ランボルギーニ・ウラカン、ウルスがICE専用車として間もなく2バージョンに

2021年がランボルギーニにとって売上高と収益性の面で過去最高の年だったというプレスリリースの中に、新鮮な製品に関するニュースが隠されています。

ランボルギーニ・ウラカン、ウルスがICE専用車として間もなく2バージョンに
2021年がランボルギーニにとって売上高と収益性の面で過去最高の年だったというプレスリリースの中に、新鮮な製品に関するニュースが隠されています。今後数カ月の間に、HuracanとSUVはそれぞれ2つの新バージョンを手に入れ、"内燃機関の時代を締めくくる "ことになるという。そう言うと...

「テールランプが溶けた」「ドアが開かず閉じ込められた」! スーパーカーらしい不具合の …

ミムラン・グループ下のランボルギーニでは、すでにP132の開発コードで呼ばれる新世代の12気筒ミッドシップ車のデザインを求めて、複数のカロッツェリアにその …

「テールランプが溶けた」「ドアが開かず閉じ込められた」! スーパーカーらしい不具合のデパートだったランボルギーニ「ディアブロ」(WEB CARTOP) - Yahoo!ニュース
 1990年半ばから2001年にかけて、つまり1990年代のほとんどを、ランボルギーニが生産したロードカーは、実質的にはディアブロのみだった。ほかにはカウンタック・アニバーサリーの最終期にあたるモデ

真っ赤なボディーが輝きを取り戻す 20年近く放置されていたランボルギーニ「カウンタック」を …

First Wash in 20 Years Lamborghini Countach Most Disgusting Super Car Disaster Detail. このカウンタックは1985年に製造され …

真っ赤なボディーが輝きを取り戻す 20年近く放置されていたランボルギーニ「カウンタック」を洗浄のプロが徹底的にクリーニング
納屋で20年近く放置されていたそうです。

V12を電動化で1,000馬力に!ランボルギーニ旗艦モデル「アヴェンタドール」後継 … – エキサイト

後部には過激ハイマウント・クワッドエキゾーストシステム装備ランボルギーニのフラッグシップ・スーパーカー、「アヴェンタドール」後継モデルと見られる …

V12を電動化で1,000馬力に!ランボルギーニ旗艦モデル「アヴェンタドール」後継モデルをスクープ (2022年3月18日) - エキサイトニュース
■後部には過激ハイマウント・クワッドエキゾーストシステム装備ランボルギーニのフラッグシップ・スーパーカー、「アヴェンタドール」後継モデルと見られる最新プロトタイプを、カメラが捉えました。ランボルギーニ...

「テールランプが溶けた」「ドアが開かず閉じ込められた」! スーパーカーらしい不具合の …

この記事をまとめると□ランボルギーニ・ディアブロは1990〜2001年まで製造されていた□5.7リッター/6リッターV12をミッドに搭載したシザースドアの …

「テールランプが溶けた」「ドアが開かず閉じ込められた」! スーパーカーらしい不具合のデパートだったランボルギーニ「ディアブロ」
この記事をまとめると■ランボルギーニ・ディアブロは1990〜2001年まで製造されていた■5.7リッター/6リッターV12をミッドに搭載したシザースドアのフラッグシップモデル■初期のディアブロの品質はとにかく悪く不具合が頻出した「悪魔」と…
タイトルとURLをコピーしました