F1分析|2022年F1、レッドブルが圧倒的最速?:バーレーンGP FP2のロングランから読 み解く

F1分析|2022年F1、レッドブルが圧倒的最速?:バーレーンGP FP2のロングランから読み解く

2022年のF1が開幕。その初戦バーレーンGPのFP2でロングランペースを比較すると、レッドブルが圧倒的なパフォーマンスを持っている可能性が高そうだ。

F1分析|2022年F1、レッドブルが圧倒的最速?:バーレーンGP FP2のロングランから読み解く
2022年のF1が開幕。その初戦バーレーンGPのFP2でロングランペースを比較すると、レッドブルが圧倒的なパフォーマンスを持っている可能性が高そうだ。

F1メカ解説|開幕戦……しかし各チームがアップデートを多数持ち込む:F1バーレーンGPピット …

F1バーレーンGPのピットレーンで、各チームのマシンのディテールを激写! 開幕戦ながら、それぞれ多くのアップデートを施してきた。

F1メカ解説|開幕戦……しかし各チームがアップデートを多数持ち込む:F1バーレーンGPピットレーン直送便
F1バーレーンGPのピットレーンで、各チームのマシンのディテールを激写! 開幕戦ながら、それぞれ多くのアップデートを施してきた。

【タイム結果】F1第1戦バーレーンGPフリー走行2回目 – autosport web

2022年F1第1戦バーレーンGPのフリー走行2回目が行われ、レッドブルのマックス・フェルスタッペンがトップタイムをマークした。2番手はシャルル・ …

【タイム結果】F1第1戦バーレーンGPフリー走行2回目 | F1 | autosport web
 2022年F1第1戦バーレーンGPのフリー走行2回目が行われ、レッドブルのマックス・フェルスタッペンがトップタイムをマークした。2番手はシャルル・ルクレール(フェラーリ)、3番手はカルロス・サインツ(フェラーリ)となっている。アルファタウリの角田裕毅は14番手だった。 ■2022年F1第1戦バーレーンGPフリー走行2...

【順位結果】2022年F1第1戦バーレーンGP予選 – autosport web

現地時間3月18日、2022年F1第1戦バーレーンGPの予選が行われ、シャルル・ルクレール(フェラーリ)がポールポジションを獲得した。2番手はマックス・ …

【順位結果】2022年F1第1戦バーレーンGP予選 | F1 | autosport web
 現地時間3月18日、2022年F1第1戦バーレーンGPの予選が行われ、シャルル・ルクレール(フェラーリ)がポールポジションを獲得した。2番手はマックス・フェルスタッペン(レッドブル)、3番手はカルロス・サインツ(フェラーリ)となっている。角田裕毅(アルファタウリ)は16番手だった。 ■2022年F1第1戦バーレーンG...

新時代F1は勢力図劇変。フェラーリのルクレールがポール獲得 – autosport web

フェラーリのルクレールがポール獲得、フェルスタッペンとサインツが僅差で続く【予選レポート/F1第1戦】. レースを愛してやまないファンの方々へ

新時代F1は勢力図劇変。フェラーリのルクレールがポール獲得、フェルスタッペンとサインツが僅差で続く【予選レポート/F1第1戦】 | F1 | autosport web
 3月19日現地時間18時、2022年の開幕戦バーレーンGPの予選が行われた。 日没を迎え、気温は19度、路面温度は26度まで下がった。風はやや弱まり、降水確率は0%。 まずQ1では、FP3でハイドロリック漏れに見舞われ1周も走行できなかった角田裕毅(アルファタウリ)が予選開始直前になんとかマシン修復が間に合いコースイ...

王者メルセデスか、レッドブルか、フェラーリか? F1主要4メディアでも意見が分かれる今季の …

という見方までさまざま。共通しているのは、コンストラクターズ選手権制覇にはチームメイトの健闘が絶対条件だという見解だ。 F1 …

王者メルセデスか、レッドブルか、フェラーリか? F1主要4メディアでも意見が分かれる今季のゆくえ - スポーツナビ
 ドライバーチャンピオン予想では、マックス・フェルスタッペン連覇を予想する声が多かった。では、コンストラクターズ選手権は…

フェルスタッペンが最速。角田はトラブルで走れず【タイム結果】F1第1戦 … – autosport web

2022年F1第1戦バーレーンGPのフリー走行3回目が行われ、レッドブルのマックス・フェルスタッペンがトップタイムをマークした。2番手はシャルル・ …

フェルスタッペンが最速。角田はトラブルで走れず【タイム結果】F1第1戦バーレーンGPフリー走行3回目 | F1 | autosport web
 2022年F1第1戦バーレーンGPのフリー走行3回目が行われ、レッドブルのマックス・フェルスタッペンがトップタイムをマークした。2番手はシャルル・ルクレール(フェラーリ)、3番手はセルジオ・ペレス(レッドブル)となっている。アルファタウリの角田裕毅はトラブルにより走ることができなかった。

「厳しい一日だった」角田裕毅、トラブルで走行不足のまま予選に臨み16番手。チームは決勝での …

2022年F1バーレーンGPの土曜予選で、スクーデリア・アルファタウリの角田裕毅は16番手だった。 FP3は油圧系のトラブルで走行できず。

「厳しい一日だった」角田裕毅、トラブルで走行不足のまま予選に臨み16番手。チームは決勝での挽回誓う/F1第1戦 | F1 | autosport web
 2022年F1バーレーンGPの土曜予選で、スクーデリア・アルファタウリの角田裕毅は16番手だった。 FP3は油圧系のトラブルで走行できず。テクニカルディレクターのジョディ・エギントンは、次のようにコメントしている。 「シーズン最初の土曜日は、今年の中団がどれだけ拮抗しているかを浮き彫りにするとともに、クリーンなセッシ...

F1バーレーンGP予選:跳ね馬復活 フェラーリのルクレールがポール獲得! – F1-Gate.com

2022年のF1世界選手権 開幕戦バーレーングランプリの予選が3月19日(土)にバーレーン・インターナショナル・サーキットで行われ、シャルル・ …

F1バーレーンGP予選:跳ね馬復活 フェラーリのルクレールがポール獲得!レッドブルF1のフェルスタッペンが2番手
2022年のF1世界選手権 開幕戦バーレーングランプリの予選が3月19日(土)にバーレーン・インターナショナル・サーキットで行われ、シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)がポールポジションを獲得した。各チームの2022年F1マシンの実力がいよいよ明らかになった。軽い燃料、タイヤをフル活用、フルパワーのエンジン...

【F1予選タイム】強いフェラーリが戻ってきた!王者フェルスタッペン、フェラーリに届かず

2022年3月19日(土)、本当の実力がわかるF1開幕戦バーレーンGP予選が路面はドライ、気温19度、路面温度26℃というコンディションで始まった。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
タイトルとURLをコピーしました