スバル「フォレスター」の雪道性能を豪雪の山形で試す! ロングドライブで感じ . .. – Yahoo!ニュース

スバル「フォレスター」の雪道性能を豪雪の山形で試す! ロングドライブで感じ … – Yahoo!ニュース

スバル車といえば「雪」というイメージがあるでしょう。雪道で走ってこそ理解できることも多いはず、というわけで「フォレスター」で雪道も含めた1000kmを …

スバル「フォレスター」の雪道性能を豪雪の山形で試す! ロングドライブで感じたスバルAWDのスゴさとは(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 スバル車といえば「雪」というイメージがあるでしょう。雪道で走ってこそ理解できることも多いはず、というわけで「フォレスター」で雪道も含めた1000kmを超えるロングドライブに出かけてみました。

スバル、スーパー耐久参戦…ファイティングスピリット溢れるエンジニアを

ENEOSスーパー耐久シリーズ2022 Powered by Hankookが鈴鹿サーキットで開幕する。今年初めて参戦するスバルは「ファイティングスピリット溢れるエンジニアを …

スバル、スーパー耐久参戦…ファイティングスピリット溢れるエンジニアを | レスポンス(Response.jp)
ENEOSスーパー耐久シリーズ2022 Powered by Hankookが鈴鹿サーキットで開幕する。今年初めて参戦するスバルは「ファイティングスピリット溢れるエンジニアを育てていきたい」と抱負を語った。

EVでもスバルが作るとこうなる! 「ソルテラ」の雪道走破性が圧巻だった – Auto Messe Web

この記事をまとめると スバル初のBEV「ソルテラ」のプロトタイプ4WD仕様 スバル伝統のAWD技術を積んだEVは雪道でも強かった 自然な制御をしつつドライバーが …

EVでもスバルが作るとこうなる! 「ソルテラ」の雪道走破性が圧巻だった | ~カスタム・アウトドア・福祉車両・モータースポーツなどのカーライフ情報が満載~ AUTO MESSE WEB
スバル初のBEV「ソルテラ」のプロトタイプ、4WD仕様の試乗会は雪のなかで開催された。これまで培ってきたスバルAWDの知見、経験がEVにも強く活かされ、さらに「EVは寒冷地に弱そう」といったイメージを払拭したいというスバルの意気ごみも感じられた。

上野動物園が開園/姿三四郎のモデル西郷四郎生まれる/スバル初のハイブリッド車「XV … – Clicccar

○スバル初のハイブリッドモデルのXVハイブリッドを発表! □日本初の近代動物園となる上野動物園が開園. 1882(明治)年3月20 …

上野動物園が開園/姿三四郎のモデル西郷四郎生まれる/スバル初のハイブリッド車「XVハイブリッド」発表!【今日は何の日?3月20日】 | clicccar.com
■日本初の近代動物園となる上野動物園が開園

EVでもスバルが作るとこうなる! 「ソルテラ」の雪道走破性が圧巻だった | ガジェット通信 …

案内が届いた際に、いかにもスバルらしいな、と思ったのは、トヨタとの協業で開発されてきたスバル初のBEV(バッテリーEV)、「ソルテラ」のプロトタイプで …

EVでもスバルが作るとこうなる! 「ソルテラ」の雪道走破性が圧巻だった | ガジェット通信 GetNews
EVでもスバルが作るとこうなる! 「ソルテラ」の雪道走破性が圧巻だった

上野動物園が開園/姿三四郎のモデル西郷四郎生まれる/スバル初のハイブリッド車「XV …

上野動物園が開園/姿三四郎のモデル西郷四郎生まれる/スバル初のハイブリッド車「XVハイブリッド」発表!【今日は何の日?3月20日】.

上野動物園が開園/姿三四郎のモデル西郷四郎生まれる/スバル初のハイブリッド車「XVハイブリッド」発表!【今日は何の日?3月20日】 (2022年3月20日) - エキサイトニュース
■日本初の近代動物園となる上野動物園が開園1882(明治)年3月20日、日本初の近代動物園として上野動物園が開園。1885年に123種299点だった動物数は、2006年には511種2852点に増えまし...

商用バンとして優位だった前輪駆動。ホイールのなかにブレーキがないイン … – マイナビニュース

スバル1000の特徴でもあり、運動性能の向上に役立ったインボードブレーキは、等速ジョイントの負担を軽減するのにも有効だった。 スバル1000は1966年5月に販売 …

商用バンとして優位だった前輪駆動。ホイールのなかにブレーキがないインボード・ブレーキ|1972年式 スバル ff-1 1300G 4ドア バン デラックス
昔は各自動車メーカーから、多くの乗用車型商用バンがラインナップされていた。普段は乗用車のように乗れ、いざとなれば多くの荷物を積むことができる働き者たち。今あらためて彼らの姿を見ると、懐かしい昭和の風景を思い出さずにいられない。【1972年式・・・

脱炭素燃料でレース参戦 鈴鹿5時間耐久が開幕、トヨタ・スバル・マツダ会見 三重 – 47NEWS

【スーパ耐久シリーズ初戦の「鈴鹿5時間耐久レース」開幕で共同会見する(左から)マツダの丸本社長、スバルの中村社長、トヨタの豊田社長=鈴鹿市稲生町の …

脱炭素燃料でレース参戦 鈴鹿5時間耐久が開幕、トヨタ・スバル・マツダ会見 三重 
 【鈴鹿】三重県鈴鹿市稲生町の鈴鹿サーキットで19日、量産車を改造して走行する「鈴鹿5時間耐久レース」が開幕し、カボーンニュートラルに向けた取り組みを進めながら参戦するトヨタの豊田章男社長、スバルの中 ...
タイトルとURLをコピーしました