スーパーカーの象徴「リトラクタブル」ライトはどうしてなくなった? 隠れるヘ ッドライト3選 …

スーパーカーの象徴「リトラクタブル」ライトはどうしてなくなった? 隠れるヘッドライト3選 …

最近のクルマはつり目が多いですが、かつてのクルマは同じ丸型や角形のライトを使って個性を出すことに苦心していました。そんなヘッドライトの隠し技を3 …

スーパーカーの象徴「リトラクタブル」ライトはどうしてなくなった? 隠れるヘッドライト3選 | VAGUE(ヴァーグ)
最近のクルマはつり目が多いですが、かつてのクルマは同じ丸型や角形のライトを使って個性を出すことに苦心していました。そんなヘッドライトの隠し技を3種類紹介します。

スーパーカーの象徴「リトラクタブル」ライトはどうしてなくなった? 隠れるヘッドライト3選 …

樹脂製レンズの製作技術の進化やLED化にともなって、21世紀以降はボディラインの一部となるようなデザインが一般化したヘッドライト。

スーパーカーの象徴「リトラクタブル」ライトはどうしてなくなった? 隠れるヘッドライト3選(VAGUE) - Yahoo!ニュース
 樹脂製レンズの製作技術の進化やLED化にともなって、21世紀以降はボディラインの一部となるようなデザインが一般化したヘッドライト。

アルピーヌのスーパーカー、水素パワートレイン搭載…2035年のコンセプト

アルピーヌは3月18日、IEDと共同開発したコンセプトカー、アルピーヌ『A4810』(Alpine A4810)を発表した。

アルピーヌのスーパーカー、水素パワートレイン搭載…2035年のコンセプト | レスポンス(Response.jp)
アルピーヌは3月18日、IEDと共同開発したコンセプトカー、アルピーヌ『A4810』(Alpine A4810)を発表した。

オフロード向けスーパーカー「プロドライブ ハンター」登場 ダカールラリーで活躍した競技車両を …

オフロード向けスーパーカー「プロドライブ ハンター」登場 ダカールラリーで活躍した競技車両をベースに開発. 35インチの特注ホイールを装備しています。 [鈴木 …

オフロード向けスーパーカー「プロドライブ ハンター」登場 ダカールラリーで活躍した競技車両をベースに開発
35インチの特注ホイールを装備しています。

なぜ? 日産「GT-R」が公式HPから続々消えた!? 登場から15年「ゴジラ」は今後どうなるのか

最高速度300km/hオーバーという国産車屈指のハイパフォーマンスカーである日産「GT-R」は、日本はもちろん、スーパーカーのメッカである欧州でも一目置かれる …

なぜ? 日産「GT-R」が公式HPから続々消えた!? 登場から15年「ゴジラ」は今後どうなるのか
国産車屈指のハイパフォーマンスカーとして知られる日産「GT-R」ですが、欧州各国で販売が終了していることが明らかになりました。そこにはどんな背景があるのでしょうか。

スーパーカーの象徴「リトラクタブル」ライトはどうしてなくなった? 隠れるヘッドライト3選|au …

スーパーカーの象徴「リトラクタブル」ライトはどうしてなくなった? 隠れるヘッドライト3選. 最近のクルマはつり目が多いですが、かつてのクルマは同じ丸型 …

指定されたページは存在しません|au Webポータル

レクサスLFAは真の名車になりうるか!新車価格3850万円のオークション価格は !? | octane.jp

レクサスLFAは、豊田章男社長がフェラーリやランボルギーニなど世界の強豪に対抗できるスーパーカーをつくりたいという強い意志によって研究を重ねられてき …

レクサスLFAは真の名車になりうるか!新車価格3850万円のオークション価格は !? | octane.jp | Fuelling the Passion - 車に情熱を!-
レクサスLFAは、豊田章男社長がフェラーリやランボルギーニなど世界の強豪に対抗できるスーパーカーをつくりたいという強い意志によって研究を重ねられてきた。数年にわたる開発期間を経てレクサスLFA2009年の東京モーターショーで発表されたが、従

日産の逆襲始まる。オーラは雪上のスポーツカー – 日経ビジネス電子版

「どうぞ乗ってみてください」と言われたのですが、何億円もするスーパーカー。誤ってキズでも付けた日には一生かかっても弁償できません。

日産の逆襲始まる。オーラは雪上のスポーツカー
「やるなぁ。ニッサン」――昨今の日産の宣伝文句ではないが、奥志賀へ向かうカチカチに凍結した道を快適に飛ばす中、不肖フェルが思わ独りごちた言葉である。

今後絶対に発売されない?快適性より速さや楽しさを追求した平成の軽ABCスポーツ【推し車】

おそらく史上唯一の「軽スーパーカー」. マツダ オートザムAZ-1. リトラクタブルヘッドライトこそ試作車止まりなものの、量産された国産車 …

今後絶対に発売されない?快適性より速さや楽しさを追求した平成の軽ABCスポーツ【推し車】 | MOBY [モビー]
本当の意味で「贅沢な車」より「開発費が惜しげもなく注ぎ込まれた贅沢な車」が誕生したのは、バブル崩壊直後の平成時代初期です。快適性や実用性より、速さや楽しさを追求できた頃で、令和時代に中古車が異常なプレミアで取引されているのは、そんな時代の車。今回は、その贅沢な車の中で最強の軽スポーツABCを紹介します。

ランエボの心臓をぶち込んだ爆速ファミリーカー! RVRとシャリオの衝撃 – Auto Messe Web

そしてランエボでお馴染みの4G63型2.0Lの直4DOHCターボエンジン搭載仕様を追加して、バカっ速い「スーパースポーツギア」(他名もあり)を名乗るRV車が爆誕 …

ランエボの心臓をぶち込んだ爆速ファミリーカー! RVRとシャリオの衝撃 | ~カスタム・アウトドア・福祉車両・モータースポーツなどのカーライフ情報が満載~ AUTO MESSE WEB
1991年にデビューした初代RVRと2代目シャリオ。途中から4G63ターボを搭載するモデルを追加するなど、当時の三菱ファンを魅了した。両車はその後、時代のニーズに合わせてコンセプトを変更。RVRはSUVとして残るもシャリオは日本では終止符を打つことになった。
タイトルとURLをコピーしました