猛烈なインフレに苦しむF1チーム。輸送コストなどの上昇で、FIAに対応求める – Mot orsport

猛烈なインフレに苦しむF1チーム。輸送コストなどの上昇で、FIAに対応求める – Motorsport

F1チームのボスたちは、インフレとそれに伴うコスト増の影響について、早急に議論する必要があると考えているようだ。

猛烈なインフレに苦しむF1チーム。輸送コストなどの上昇で、FIAに対応求める
F1チームのボスたちは、インフレとそれに伴うコスト増の影響について、早急に議論する必要があると考えているようだ。

F1の頂点を極めたホンダPUを世界初公開の写真とともに完全解明『ホンダF1のテクノロジー』3月 …

ホンダは2015年から2021年まで、マクラーレン、スクーデリア・トロロッソ/アルファタウリ、レッドブル・レーシングにパワーユニットを供給した。

F1の頂点を極めたホンダPUを世界初公開の写真とともに完全解明『ホンダF1のテクノロジー』3月26日発売 | F1 | autosport web
 ホンダは2015年から2021年まで、マクラーレン、スクーデリア・トロロッソ/アルファタウリ、レッドブル・レーシングにパワーユニットを供給した。パワーユニットの名称は2015年から順に、RA615H、RA616H、RA617H、RA618H、RA619H、RA620H、RA621Hとなる。2021年シーズン限りでの参...

レッドブル、F1開幕戦”悪夢のダブルリタイア”を引き起こした燃料系トラブルの対策を完了

レッドブルのマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスは、F1開幕戦バーレーンGP決勝でそれぞれ2番手、4番手を走行。好結果が期待されたが、終盤に出力 …

レッドブル、F1開幕戦”悪夢のダブルリタイア”を引き起こした燃料系トラブルの対策を完了
レッドブルは、開幕戦バーレーンGPで2台のマシンをリタイアさせた燃料システムの問題に対する修正策を講じたようだ。

【中野信治のF1分析/第1戦】予想以上に大きかったタイヤファクター。回頭性の高いフェラーリ …

新規定元年でマシンの見た目が大きく変わった2022年シーズンのF1。ついに開幕戦を迎え、昨年までとは勢力図もレース展開も大きく変わることになった。

【中野信治のF1分析/第1戦】予想以上に大きかったタイヤファクター。回頭性の高いフェラーリと2022年のキーポイント | F1 | autosport web
 新規定元年でマシンの見た目が大きく変わった2022年シーズンのF1。ついに開幕戦を迎え、昨年までとは勢力図もレース展開も大きく変わることになった。日本期待の角田裕毅(アルファタウリ)の2年目の活躍とともに、元F1ドライバーでホンダの若手育成を担当する中野信治氏が独自の視点でレースを振り返ります。 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

【角田裕毅の海外メディア評:F1第1戦】兄弟チーム4人で唯一のポイント獲得を評価「持ち前の …

2022年F1第1戦バーレーンGPを、アルファタウリの角田裕毅は予選16番手、決勝8位で終えた。 トラブルによりFP3を走れなかった角田は、予選Q1で敗退。

【角田裕毅の海外メディア評:F1第1戦】兄弟チーム4人で唯一のポイント獲得を評価「持ち前の資質とタフさを発揮」 | F1 | autosport web
 2022年F1第1戦バーレーンGPを、アルファタウリの角田裕毅は予選16番手、決勝8位で終えた。 トラブルによりFP3を走れなかった角田は、予選Q1で敗退。しかし、決勝レースのスタートで12番手までポジションを挽回すると、その後も好ペースで走行をつづけ、8位でフィニッシュし4ポイントを獲得した。勝負の2年目を初戦から...

F1技術解説:第1戦(1)トラブルで全滅のレッドブル。事前のテスト不足で問題点を発見できず?

2022年F1第1戦バーレーンGPで各チームが走らせたマシンを、F1i.comの技術分野を担当するニコラス・カルペンティエルが観察、印象に残った点などについて解説 …

F1技術解説:第1戦(1)トラブルで全滅のレッドブル。事前のテスト不足で問題点を発見できず? | F1 | autosport web
 2022年F1第1戦バーレーンGPで各チームが走らせたマシンを、F1i.comの技術分野を担当するニコラス・カルペンティエルが観察、印象に残った点などについて解説する。今回は、優勝候補筆頭と考えられながら全滅したレッドブルRB18のトラブルについて考察する。 ─────────────────────────────...

落日のマクラーレン……再起に向けた道のりは長く、痛みが伴う「僕らは数年前もこの位置にいた …

角田裕毅、F1開幕戦バーレーンGPで8位入賞も満足せず「僕らは今”8番手”チーム。パフォーマンスを改善し続けなければいけない」 · ピエール・ガスリー、開幕戦は …

落日のマクラーレンF1……再起に向けた道のりは長く、痛みが伴う「僕らは数年前もこの位置にいた」とノリス
マクラーレンのランド・ノリスは、開幕戦バーレーンGPでの厳しいシーズンスタートを受け、チームの前には「長い、長い道のり」が待っているとして、苦しいシーズンになることを予期している。

アルピーヌF1チーム 「ルノーの新型エンジンはメルセデスやホンダと同等」 – F1-Gate.com

アルピーヌF1チームのCEOであるローラン・ロッシは、2022年のルノーの新型F1エンジンは、メルセデスやホンダ(レッドブル)と同等さと語る。

アルピーヌF1チーム 「ルノーの新型エンジンはメルセデスやホンダと同等」
アルピーヌF1チームのCEOであるローラン・ロッシは、2022年のルノーの新型F1エンジンは、メルセデスやホンダ(レッドブル)と同等さと語る。これまでルノーのF1エンジンは、4社のエンジンメーカーのなかで常に最下位にランクされてきた。今年はフェラーリが馬力面でメルセデスやホンダのF1エンジンを追い抜いたと考えられている...

レッドブルF1首脳、戦略ミスを認める「アンダーカットの威力を過少評価」

レッドブル・レーシングのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムートマルコは、2022年F1開幕戦バーレーングランプリでチームがピットストップでの …

レッドブルF1首脳、戦略ミスを認める「アンダーカットの威力を過少評価」 / F1バーレーンGP決勝
レッドブル・レーシングのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムートマルコは、2022年F1開幕戦バーレーングランプリでチームがピットストップでのアンダーカットの威力を過小評価していたことを認めた。マックス・フェルスタッペンは、コース上でシャルル・ルクレールを追い抜く機会がなかったため、先にピットインして前に出ること...

フェルナンド・アロンソ 「F1新時代はもう予算を言い訳にはできない」 / アルピーヌF1チーム

フェルナンド・アロンソは、F1に新しいレギュレーションが施工された今、アルピーヌF1チームはもう予算を言い訳にすることはできないと語る。

フェルナンド・アロンソ 「F1新時代はもう予算を言い訳にはできない」 / アルピーヌF1チーム
フェルナンド・アロンソは、F1に新しいレギュレーションが施工された今、アルピーヌF1チームはもう予算を言い訳にすることはできないと語る。昨年、フェルナンド・アロンソは、フィールド全体をより緊密にすることを目的として新しい技術規則が導入される2022年に上位で競争することを具体的な目標に掲げてF1に復帰した。
タイトルとURLをコピーしました