ホンダ新型シビック「e:HEV」が欧州で発表!シフトレバー廃止は賛否が分かれそう ? – MOBY

ホンダ新型シビック「e:HEV」が欧州で発表!シフトレバー廃止は賛否が分かれそう? – MOBY

ホンダは昨年6月、e:HEVに加えてタイプRも2022年内に発表すると述べているため、この2車は近いタイミングで登場するのかもしれません。 新型リーク情報提供求む …

ホンダ新型シビック「e:HEV」が欧州で発表!シフトレバー廃止は賛否が分かれそう? | MOBY [モビー]
ホンダの欧州部門は2022年3月24日、11代目となる新型シビックのハイブリッドモデル「シビック e:HEV」を発表しました。

ホンダが新型「シビックHV」を世界初公開! イケ顔モデルに新開発2リッター搭載! 2022年秋に …

その際、日本ではガソリン車に続き「2022年にハイブリッド車(e:HEV)、タイプRを投入」することを明かしています。 また欧州では2022年末までに主要モデル …

ホンダが新型「シビックHV」を世界初公開! イケ顔モデルに新開発2リッター搭載! 2022年秋に欧州で発売へ(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 2022年3月22日、ホンダの欧州法人(欧州ホンダ)は、新型「シビック e:HEV」を発表しました。    すでに日本などで発売されているガソリン車とは何が違うのでしょうか。

あの時買っておけばよかった! 中古取引価格が高騰している90年代国産車3選 – carview!

NSX、インテグラに続く、ホンダのタイプRシリーズ第3弾として1997年に登場した初代シビックタイプRは、シビックとしては6代目のモデルに追加で設定された …

あの時買っておけばよかった! 中古取引価格が高騰している90年代国産車3選(MOTA)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
いわゆる「プレミア価格」がついて価格が高騰し、中には新車時よりも高値で取引されるモデルも存在するなど、注目を集めることもしばしばある中古車市場。今回は、プレミア価格が付いた90年代国産車3選をお届けする。ホンダ 初代シビックタイプR(EK9...(ヘッドライン)

ホンダ「アシモ」31日引退 – au Webポータル

ホンダ「新型シビック タイプR」への期待と不安. 東洋経済オンライン · ホンダに続くは韓国車か 自動運転レベル3をジェネシス「G90」に搭載!

ホンダ「アシモ」31日引退|au Webポータル
au Webポータル
タイトルとURLをコピーしました