スズキ、新型船外機や小型フィッシングボートを展示予定…ジャパンボートショー 2022

スズキ、新型船外機や小型フィッシングボートを展示予定…ジャパンボートショー2022

スズキは、3月31日から4月3日にパシフィコ横浜および横浜ベイサイドマリーナで開催される「ジャパンインターナショナルボートショー2022」に出展する。

スズキ、新型船外機や小型フィッシングボートを展示予定…ジャパンボートショー2022 | レスポンス(Response.jp)
スズキは、3月31日から4月3日にパシフィコ横浜および横浜ベイサイドマリーナで開催される「ジャパンインターナショナルボートショー2022」に出展する。

スズキ・スイフト/スイフトスポーツ | これがオーナーの本音レビュー! 「燃費は? 長所は? 短所は?」

スズキ・スイフトはワゴンR+(現・ソリオ)のプラットフォームを用い、Keiとサイドパネルやドアを共用しつつ誕生したクロスオーバーSUV風の廉価な小型車 …

スズキ・スイフト/スイフトスポーツ | これがオーナーの本音レビュー! 「燃費は? 長所は? 短所は?」(MotorFan) - Yahoo!ニュース
クロスオーバーSUV風のコンパクトカーとしてデビューしたスズキ・スイフトは、現在では自動車の基本をしっかり作り込んだコンパクトカーとして知られ、世界中で高い人気を誇る。そこから派生したスイフトスポー

SkyDriveとスズキ、「空飛ぶクルマ」の事業・技術連携で協定締結。社会実装の実現目指す | DRONE

株式会社SkyDriveとスズキ株式会社は、「空飛ぶクルマ」の事業化を目指し、連携協定を締結した。 両社は「空飛ぶクルマ」の社会実装実現を目指し、事業・ …

SkyDriveとスズキ、「空飛ぶクルマ」の事業・技術連携で協定締結。社会実装の実現目指す
株式会社SkyDriveとスズキ株式会社は、「空飛ぶクルマ」の事業化を目指し、連携協定を締結した。 両社は「空飛ぶクルマ」の社会実装実現を目指し、事業・技術連携を行う。以下について、検討を開始するとしている。 機体開発及び要素技術の研究開発 製造・量産体制および計画 スズキの四輪・二輪・マリンに「空飛ぶクルマ」を加えた...

スズキ「GSX-R125」「GSX-S125」2022年モデル登場! 最新の排ガス規制に対応し

スズキは、現行国内向けモデルとして唯一の125ccクラスの本格的スーパースポーツ「GSX‐R125 ABS」と、その基本メカニズムを受け継ぐスーパーネイキッド …

スズキ「GSX-R125」「GSX-S125」2022年モデル登場! 最新の排ガス規制に対応し、グラフィックも変更(webオートバイ) - Yahoo!ニュース
スズキは、現行国内向けモデルとして唯一の125ccクラスの本格的スーパースポーツ「GSX‐R125 ABS」と、その基本メカニズムを受け継ぐスーパーネイキッドバージョンである「GSX-S125 AB

スズキとSkyDriveが連携協定を締結。「空飛ぶクルマ」を目指します | ギズモード・ジャパン

スズキからeVTOL(電動垂直離着陸機)出たらアツい! 二輪車と四輪車でお馴染みのスズキと、「空飛ぶクルマ」を作るSkyDriveが手を結び、事業や技術で連携する …

スズキとSkyDriveが連携協定を締結。「空飛ぶクルマ」を目指します
二輪車と四輪車でお馴染みのスズキと、「空飛ぶクルマ」を作るSkyDriveが手を結び、事業や技術で連携することが発表されました。

マルチ・スズキ社長に竹内氏 鮎川氏は副会長に – 日本経済新聞

【ムンバイ=花田亮輔】インド乗用車最大手のマルチ・スズキは24日、4月1日付で竹内寿志副社長が社長兼最高経営責任者(CEO)に昇格すると発表した。

マルチ・スズキ社長に竹内氏 鮎川氏は副会長に
【ムンバイ=花田亮輔】インド乗用車最大手のマルチ・スズキは24日、4月1日付で竹内寿志副社長が社長兼最高経営責任者(CEO)に昇格すると発表した。鮎川堅一社長は副会長に就く。現地での同社の乗用車シェアは半数を割り込んでいる。新型コロナウイルス禍で停滞した同国でシェア回復を目指す。竹内氏は1986年に鈴木自動車工業(現ス...

新作ツアラーGSX-S1000GT、Vストローム1050XTはアウトドアと相性良し|大阪モーター …

スズキ二輪車初導入となる専用アプリ「SUZUKI mySPIN」と6.5インチフルカラーTFT液晶マルチインフォメーションディスプレイが連携することで、スマホを便利に …

新作ツアラーGSX-S1000GT、Vストローム1050XTはアウトドアと相性良し|大阪モーターサイクルショー2022・スズキ
 コロナ禍の影響で閉塞感のある現在、密にならない趣味としてオートバイの人気が高まっている。スズキは2月17日に新型車のGSX-S1000GTを発売しており、コロナ禍での楽しみがツーリングとなっている点を重視し、この最新ツアラーを主役にして今回の大阪モーターサイクルショー2022へ出展した。 PHOTO/REPORT●川...

スズキとSkyDriveが協定、空飛ぶクルマの量産やインド進出を検討 | 日経クロステック(xTECH)

大手自動車メーカーのスズキと、「空飛ぶクルマ」を開発するSkyDrive(愛知県豊田市)は2022年3月22日、空飛ぶクルマの社会実装を目指して連携協定を締結 …

スズキとSkyDriveが協定、空飛ぶクルマの量産やインド進出を検討
 大手自動車メーカーのスズキと、「空飛ぶクルマ」を開発するSkyDrive(愛知県豊田市)は2022年3月22日、空飛ぶクルマの社会実装を目指して連携協定を締結したと発表した。連携内容は技術と事業の両面で、機体開発や量産体制の確立、インドを中心とした海外市場の開拓などである。技術面では、スズキが得意とするコンパクトカー...

スズキが空飛ぶクルマで提携、印開拓も視野 – NNA ASIA・インド・自動車・二輪車

スズキは22日、「空飛ぶクルマ」(電動垂直離着陸機=eVTOL)を開発する新興企業、スカイドライブ(豊田市)と連携すると発表した。

スズキが空飛ぶクルマで提携、印開拓も視野 インド・自動車・二輪車
スズキは22日、「空飛ぶクルマ」(電動垂直離着陸機=eVTOL)を開発する新興企業、スカイドライブ(豊田市)と連携すると発表した。eVTOLの商業利用に向け、機体の開発や量産体制、インド市場開拓などで検…

マルチ・スズキの新社長に竹内氏、4月1日付 – NNA ASIA・インド・自動車・二輪車

インドの自動車最大手マルチ・スズキは24日、竹内寿志(ひさし)副社長(58)が4月1日付で新社長に就任すると発表した。2013年4月から社長を3期9年務め …

マルチ・スズキの新社長に竹内氏、4月1日付 インド・自動車・二輪車
インドの自動車最大手マルチ・スズキは24日、竹内寿志(ひさし)副社長(58)が4月1日付で新社長に就任すると発表した。2013年4月から社長を3期9年務めた鮎川堅一氏(66)は任期満了に伴う退任で、同日付で副会…
タイトルとURLをコピーしました