ランボルギーニ、ステファン・ヴィンケルマンCEOインタビュー 2022年は内燃機関モ デルを発売 …

ランボルギーニ、ステファン・ヴィンケルマンCEOインタビュー 2022年は内燃機関モデルを発売 …

伊ランボルギーニは2021年度の販売台数、売上高、利益率が過去最高の年となったことを発表しているが、3月23日にアウトモビリ・ランボルギーニCEOのステファン・ …

ランボルギーニ、ステファン・ヴィンケルマンCEOインタビュー 2022年は内燃機関モデルを発売する最後の年、バッテリEVは2028年に投入と予告
 伊ランボルギーニは2021年度の販売台数、売上高、利益率が過去最高の年となったことを発表しているが、3月23日にアウトモビリ・ランボルギーニCEOのステファン・ヴィンケルマン氏へのインタビュー取材会が催された。取材会はイタリアのサンターガタ・ボロニェーゼにある本社と、東京の港区六本木にある「THE LOUNGE TO...

六本木⇔ベイエリア 女性への感謝を言葉に! レディースツーリングで気づいたコト

Happy International Women’s Day! 3月8日「国際女性デー」に、ランボルギーニが主催するレディースツーリングイベントにお誘いいただいた。 ランボルギーニに …

ランボルギーニで、六本木⇔ベイエリア 女性への感謝を言葉に! レディースツーリングで気づいたコト - AUTOCAR JAPAN
もくじ ー Happy International Women’s Day! ー サーキットだけじゃない、ウラカンの楽しみ方 ー スーパーSUV、ウルスの見逃せない作り込み AUTOCAR JAPAN sponsored

ランボルギーニ、生産を終了するV12エンジンに敬意を表しカウンタックとミウラをフィーチャー

3月15日~20日にかけてフランス・パリで開催されたヒストリックカーショー「レトロモービル(Retromobile)2022」において、ランボルギーニ・ポロストリコ …

ランボルギーニ、生産を終了するV12エンジンに敬意を表しカウンタックとミウラをフィーチャー
3月15日~20日にかけてフランス・パリで開催されたヒストリックカーショー「レトロモービル(Retromobile)2022」において、ランボルギーニ・ポロストリコはV型12気筒エンジンへのトリビュートとして「カウンタック LP500 プロトタイプ」と、現在サンタアガタのポロストリコでレストア中の「ミウラP400 SV...

ランボルギーニのEV投入は2028年? CEOに聞く電動化戦略 | マイナビニュース

そんな中、2028年ごろに初のEVを投入する計画としているのが、スーパーカーのランボルギーニだ。EVでは後発となるランボルギーニだが、差別化は可能なのか。

ランボルギーニのEV投入は2028年? CEOに聞く電動化戦略
クルマの電動化が急速に進み、メーカー各社が電気自動車のラインアップをそろえつつある。そんな中、2028年ごろに初のEVを投入する計画としているのが、スーパーカーのランボルギーニだ。EVでは後発となるランボルギーニだが、差別化は可能なのか。CEOに聞いた。

ランボルギーニのEV投入は2028年? CEOに聞く電動化戦略 (2022年3月24日) – エキサイトニュース

EVでは後発となるランボルギーニだが、他社との差別化は可能なのだろうか。CEOに聞いた。 ○2021年は販売台数が過去最多に! ――2021年は売上高19.5億ユーロ …

ランボルギーニのEV投入は2028年? CEOに聞く電動化戦略 (2022年3月24日) - エキサイトニュース
クルマの電動化が急速に進み、メーカー各社が電気自動車のラインアップをそろえつつある。そんな中、2028年ごろに初のEVを投入する計画としているのが、スーパーカーのランボルギーニだ。EVでは後発となるラ...

ランボルギーニ、売上高と営業利益が記録更新 2021年通期決算 – carview!

ランボルギーニ(Lamborghini)は3月17日、2021年通期(1~12月)の決算を発表した。売上高、営業利益ともに、記録を更新している。売上高は、新記録と …

ランボルギーニ、売上高と営業利益が記録更新 2021年通期決算(レスポンス)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
ランボルギーニ(Lamborghini)は3月17日、2021年通期(1~12月)の決算を発表した。売上高、営業利益ともに、記録を更新している。売上高は、新記録となる19億5000万ユーロ(約2570億円)。前年の16億1000万ユーロに対...(ヘッドライン)

ランボルギーニのEV投入は2028年? CEOに聞く電動化戦略 – BIGLOBEニュース

EVでは後発となるランボルギーニだが、他社との差別化は可能なのだろうか。CEOに聞いた。 ○2021年は販売台数が過去最多に! ――2021年は売上高19.5億ユーロ(前年 …

ランボルギーニのEV投入は2028年? CEOに聞く電動化戦略(2022年3月24日)|BIGLOBEニュース
クルマの電動化が急速に進み、メーカー各社が電気自動車(EV)のラインアップをそろえつつある。そんな中、2028年ごろに初のEVを投入する計画としているのが、スーパーカーメーカ…|BIGLOBEニュース

Wシリーズが2022年の参戦ドライバーラインアップを発表。日本からは野田樹潤が参戦

ダニ・ペドロサが四輪デビューへ。FFFと契約しランボルギーニ・スーパートロフェオに参戦 · MotoGP · 海外レース他 | クルサードが初代王者を降して連勝。

Wシリーズが2022年の参戦ドライバーラインアップを発表。日本からは野田樹潤が参戦 | 海外レース他 | autosport web
 女性ドライバーで争われるフォーミュラカーシリーズのWシリーズは、2022年に参戦する17名のドライバーラインアップを発表した。5人のドライバーが新たにデビューすることになり、日本からは16歳の野田樹潤が挑戦する。
タイトルとURLをコピーしました