スズキは出遅れるEVで挽回できるか、社長が強調する「使命」(ニュースイッチ) – Yahoo!ニュース

スズキは出遅れるEVで挽回できるか、社長が強調する「使命」(ニュースイッチ) – Yahoo!ニュース

スズキは、出遅れている電気自動車(EV)について、主力とするインドで挽回を図る。約1500億円を投資して2025年にクジャラート工場(クジャラート州)に生産 …

スズキは出遅れるEVで挽回できるか、社長が強調する「使命」(ニュースイッチ) - Yahoo!ニュース
 スズキは、出遅れている電気自動車(EV)について、主力とするインドで挽回を図る。約1500億円を投資して2025年にクジャラート工場(クジャラート州)に生産ラインを稼働し、26年に同工場隣接地に車

木下ほうか、スズキの「ロータリーエンジン」激珍バイクにびっくり 「すごく個性的な音ですね …

そのお宝の中からほうかさんがまず心引かれたのが、1970年代に登場したスズキの旧車「RE-5」。国産自動二輪車で唯一、何と「ロータリーエンジン」を搭載した …

木下ほうか、スズキの「ロータリーエンジン」激珍バイクにびっくり 「すごく個性的な音ですね」「初めて見ました」(ねとらぼ) - Yahoo!ニュース
 俳優の木下ほうかさんが、自身のYouTubeチャンネル「ほうか道」を更新。北米から輸入されたレアな旧型バイクに大興奮した様子を披露しました。

6速セミATに33psモーター採用 スズキ・ビターラ(エスクード) 1.5フル・ハイブリッドへ英国試乗

そこへ、スズキはビターラ(エスクード)用として、別の1種類を提案してきた。 スズキは欧州で、トヨタ・カローラツーリングのOEMモデル、スウェイスという …

6速セミATに33psモーター採用 スズキ・ビターラ(エスクード) 1.5フル・ハイブリッドへ英国試乗 (AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
各メーカーのモデルは純EV化が進みつつあり、スケートボード構造と呼ばれるプラットフォームの採用で、メカニズム的な均質化が止まらない。古くからの自動車エンジニアが腕をふるえる場面として、ハイブリッドは

“知性”を表現した洗練デザインの新ツアラー、スズキ GSX-S1000GT…東京モーターサイクルショー …

スズキが2月17日に発売した大型スポーツツアラー『GSX-S1000GT』が、「東京モーターサイクルショー2022」に展示された。ストリートバイク『GSX-S1000』を …

“知性”を表現した洗練デザインの新ツアラー、スズキ GSX-S1000GT…東京モーターサイクルショー2022 | レスポンス(Response.jp)
スズキが2月17日に発売した大型スポーツツアラー『GSX-S1000GT』が、「東京モーターサイクルショー2022」に展示された。ストリートバイク『GSX-S1000』をベースに、「GT」の名の通りツーリング性能を高めた新コンセプトのスポーツツアラーだ。

スズキ アルトラパン(3代目/HE03系)の中古車選びで知っておきたい特徴とグレード – グーネット

スズキ アルトラパンの特徴と改良の変遷、そしてグレードごとの違いを解説します。

スズキ アルトラパン(3代目/HE03系)の中古車選びで知っておきたい特徴とグレード | 中古車なら【グーネット】
スズキ アルトラパンの特徴と改良の変遷、そしてグレードごとの違いを解説します。

スズキとSkyDriveが連携協定を締結。「空飛ぶクルマ」を目指します(ギズモード・ジャパン)

スズキからeVTOL(電動垂直離着陸機)出たらアツい! 二輪車と四輪車でお馴染みのスズキと、「空飛ぶクルマ」を作るSkyDriveが手を結び、事業や技術で連携 …

スズキとSkyDriveが連携協定を締結。「空飛ぶクルマ」を目指します(ギズモード・ジャパン) - Yahoo!ニュース
スズキからeVTOL(電動垂直離着陸機)出たらアツい! 二輪車と四輪車でお馴染みのスズキと、「空飛ぶクルマ」を作るSkyDriveが手を結び、事業や技術で連携することが発表されました。

スズキ・スイフト/スイフトスポーツ | これがオーナーの本音レビュー! 「燃費は? 長所は? 短所は?」

クロスオーバーSUV風のコンパクトカーとしてデビューしたスズキ・スイフトは、現在では自動車の基本をしっかり作り込んだコンパクトカーとして知られ、世界 …

スズキ・スイフト/スイフトスポーツ | これがオーナーの本音レビュー! 「燃費は? 長所は? 短所は?」
クロスオーバーSUV風のコンパクトカーとしてデビューしたスズキ・スイフトは、現在では自動車の基本をしっかり作り込んだコンパクトカーとして知られ、世界中で高い人気を誇る。そこから派生したスイフトスポーツは、スポーツ走行入門機として世の走り屋の支持を集めている。もちろんMotor-Fan TECHの会員の方々にもこのクルマ...

【SUZUKI GSX-S1000】「走る・曲がる・止まる」を追求し、ライダーのことを考え抜いた …

スズキのエンジニアが一貫してきたこだわりと愛情. 新しいGSX-S1000は、全ての操作が滑らかだ。振動の少ないエンジンや、アップ&ダウンの良好なシフトタッチ、 …

【SUZUKI GSX-S1000】「走る・曲がる・止まる」を追求し、ライダーのことを考え抜いたクラフトマンシップの真髄!
カテゴリーに関係なくバイクの基本を追求し、一貫してライダーのことを考えたもの作りを続けるスズキ。2015年以来のフルモデルチェンジを果たした新型GSX-S1000は、精悍で鋭いスタイリングとは裏腹に、バイクの基本性能を磨き上げたスズキらしい

スズキ、2025年にインドでEV投入 1500億円の投資計画 乗用車シェア5割維持へ – 日刊自動車新聞

覚書を交わす鈴木社長(左) スズキが2025年にインドで電気自動車(EV)の生産・販売を始める。岸田文雄首相、インドのモディ首相出席の下、ニュー …

スズキ、2025年にインドでEV投入 1500億円の投資計画 乗用車シェア5割維持へ|自動車メーカー|紙面記事
覚書を交わす鈴木社長(左) スズキが2025年にインドで電気自動車(EV)の生産・販売を始める。岸田文雄首相、インドのモディ首相出席の下、ニューデリーで19日に開かれた日印経済フォーラムで、鈴木俊宏社長が総額1500億円に上る…

6速セミATに33psモーター採用 スズキ・ビターラ(エスクード) 1.5フル・ハイブリッドへ英国試乗

日本ではエスクードを名乗っていたSUVの、フル・ハイブリッド版が欧州へ上陸。英国編集部が評価しました。 スズキ · エスクード. コメント …

6速セミATに33psモーター採用 スズキ・ビターラ(エスクード) 1.5フル・ハイブリッドへ英国試乗 - AUTOCAR JAPAN
日本ではエスクードを名乗っていたSUVの、フル・ハイブリッド版が欧州へ上陸。英国編集部が評価しました。
タイトルとURLをコピーしました