ダイハツ「ハイゼット」シリーズと「アトレー」に搭載された新開発FR用CVTを街中- 高速道路で …

ダイハツ「ハイゼット」シリーズと「アトレー」に搭載された新開発FR用CVTを街中~高速道路で …

搭載車種はハイゼット カーゴとトラック、それにアトレーである。ハイゼットシリーズは1960年にダイハツが4輪自動車に進出して以来軽商用車のビッグネームで累計 …

【試乗レポート】ダイハツ「ハイゼット」シリーズと「アトレー」に搭載された新開発FR用CVTを街中~高速道路で試した
 ダイハツから商用車用、それもFR用CVTが発表された。搭載車種はハイゼット カーゴとトラック、それにアトレーである。ハイゼットシリーズは1960年にダイハツが4輪自動車に進出して以来軽商用車のビッグネームで累計750万台の生産実績があり、実に17年ぶりに11代目となるフルモデルチェンジを行なった。

早くも新型ダイハツ・アトレーベースの軽キャンパーが登場【ジャパンキャンピングカーショー …

早くも新型ダイハツ・アトレーをベースとした軽キャンパーの「キャビンⅡミニ BASE」を出展していました。新型アトレーは、全車4ナンバー化されたことも …

早くも新型ダイハツ・アトレーベースの軽キャンパーが登場【ジャパンキャンピングカーショー2022】 | clicccar.com
■軽最大級を誇る広大なラゲッジスペースを有効活用 バスコン、バンコン、軽キャンパーまで多彩なオリジナルキャンパーを手がけるマリナ’RV。 早くも新型ダイハツ・アトレーをベースとした軽キャンパーの「キャビンⅡミニ

愛知・新城 コロナで中止続いた軽トラ市が再開しにぎわう – NHK.JP

視察したダイハツの奥平社長は「広くはない道で街の形をうまく使い車の特性と融合できている。街の盛り上げになっていてメーカーとしても役に立ちたい」と話し …

エラー - NHK

「アトレー」「キャラバン」車中泊仕様が続々登場! ユーザーが車に重視するポイントは機能性 …

最近のアウトドアや車中泊ニーズの需要が高いことから、車中泊を意識したクルマが多く登場しています。 例えば、2021年12月に発売されたダイハツの新型「 …

「アトレー」「キャラバン」車中泊仕様が続々登場! ユーザーが車に重視するポイントは機能性? デザイン? 価格!?
最近ではアウトドア需要が高くなり、さまざまな車中泊仕様車が登場しています。そんななか、ユーザーは車中泊仕様車についてどういったポイントを重視するのでしょうか。

好きな国産車メーカーランキング発表! トヨタは安心感、ホンダはデザインが … – くるまのニュース

ダイハツについては「免許を取ってからずっとダイハツのクルマに乗っています。内装が使いやすくて見た目もきれいな色が多くて気に入っています」(女性30 …

好きな国産車メーカーランキング発表! トヨタは安心感、ホンダはデザインが好き! 各社の好きな理由は?
「好きな日本の車メーカー」で、1位トヨタ、2位ホンダ、3位日産……といった結果に。回答者からは、自分の選んだメーカーのさまざまな好きな理由が寄せられました。

あの頃憧れた往年の名車が現代に蘇る!! 今欲しいレプリカ事典(ベストカーWeb)(ヘッドライン)

ダイハツ ロッキーの中古車.

あの頃憧れた往年の名車が現代に蘇る!! 今欲しいレプリカ事典(ベストカーWeb)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
 ベストカー本誌やベストカーwebをチェックしていて、ふとため息をもらす。 「ああ、旧車ってやっぱりかっこいいなあ……」 2000GTにケンメリ、ストラトス……欲しいなあと思っても、金額的に手が届かなかったり、そもそも博物館にあるような貴重...(ヘッドライン)

ガソリン高騰でさらに苦しく…世帯年収450万円で買えるクルマの限界 – ライブドアニュース

「この金額で買えるのは150万~160万円の車まで」とモータージャーナリスト。ホンダ「フィット」や「N-BOX」、ダイハツ「タント」がオススメだとした.

ガソリン高騰でさらに苦しく…世帯年収450万円で買えるクルマの限界 (2022年3月27日掲載) - ライブドアニュース
世帯年収450万円の場合、車にかけられる金額は月4万5000円が限界だという。「この金額で買えるのは150万〜160万円の車まで」とモータージャーナリスト。ホンダ「フィット」や「N-BOX」、ダイハツ「タント」がオススメだとした
タイトルとURLをコピーしました