まさに昭和デザインの集大成! 1980年代の終わりに登場した秀逸なビジュアルの車 3選

まさに昭和デザインの集大成! 1980年代の終わりに登場した秀逸なビジュアルの車3選

ダイハツは1977年に、自社開発した次世代のコンパクトカー、初代「シャレード」を発売。量産車世界初の1リッター4サイクル直列3気筒エンジンを搭載 …

まさに昭和デザインの集大成! 1980年代の終わりに登場した秀逸なビジュアルの車3選
クルマの外観デザインは、販売台数を左右するもっとも重要な要素で、時代によっても流行があります。なかでも昭和の頃はデザインの試行錯誤が繰り返され、目まぐるしく変化した時代といえます。そこで、昭和デザインの集大成ともいうべき1980年代の終わりに登場した優れたビジュアルのクルマを、3車種ピックアップして紹介します。

日本の社会を支えた功労車! ハイゼット&アトレー60年10世代 その歴史を振り返る – carview!

2022年の東京オートサロンに60周年を迎えたハイゼット&アトレーが初代から10代目までが、ブース最奥にズラリと並んだ(すべてダイハツが手入れをした完動車 …

日本の社会を支えた功労車! ハイゼット&アトレー60年10世代 その歴史を振り返る(ベストカーWeb)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
 2022年の東京オートサロンに60周年を迎えたハイゼット&アトレーが初代から10代目までが、ブース最奥にズラリと並んだ(すべてダイハツが手入れをした完動車!)。フルモデルチェンジした11代目もその脇に展示され、全世代がそろい踏みした。 そ...(ヘッドライン)

アルミ削り出しのフューエルキャップカバー…見ないところをドレスアップ

BMW、MINI用のほか、トヨタ、レクサス、スバル、マツダ、ダイハツ用のラインナップで4月上旬より販売が開始される。 「Aluminum Fuel Cap Cover」はレーシング …

アルミ削り出しのフューエルキャップカバー…見ないところをドレスアップ | レスポンス(Response.jp)
ハイクオリティグッズの企画販売を手がけるディーフ株式会社から、アルミの「塊」から削り出した本格派フューエルキャップカバー「Aluminum Fuel Cap Cover」が新発売。

NY円、123円後半 | OVO [オーヴォ]

ダイハツ10年ぶりHV発売 「ロッキー」にモデル追加 · 2021年11月1日 OvO ヤリスが21年国内販売首位 トヨタ車で5年ぶり 画像1 …

NY円、123円後半
【ニューヨーク共同】週明け28日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前週末比1円84銭......さらに見る

エブリイなどが上位にランクイン!中古車市場統計レポート(2022年2月版)を公開 – 時事通信

国産車の車種別ランキングを見てみると、タントカスタム(ダイハツ)が1位、エブリイ(スズキ)が2位にそれぞれランクイン。前回6位のプリウス(トヨタ)は …

タントカスタム、エブリイなどが上位にランクイン!中古車市場統計レポート(2022年2月版)を公開:時事ドットコム
[株式会社ファブリカコミュニケーションズ]中古車情報サイト「車選びドットコム()」を運営する株式会社ファブリカコミュニケーションズ(本社所在地:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:谷口 政人)より、2022年2月における自動車登録台数の推移と、中古車情報サイト「車選びドットコム」の販売台数推移から、中古車市場の動きをま...
タイトルとURLをコピーしました