アストン マーティン 4000万円級のハイブリッドスーパーカー開発か AMG製V8ミドシッ プ

アストン マーティン 4000万円級のハイブリッドスーパーカー開発か AMG製V8ミドシップ

アストン マーティンは、V8エンジンをミドマウントしたスーパーカーを開発中であることがわかった。フェラーリ296 GTBに対抗するエントリーモデルとなり …

アストン マーティン 4000万円級のハイブリッドスーパーカー開発か AMG製V8ミドシップ(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
アストン マーティンは、V8エンジンをミドマウントしたスーパーカーを開発中であることがわかった。フェラーリ296 GTBに対抗するエントリーモデルとなりそうだ。

ランボルギーニがスーパーカーを完全EV化しない理由…燃料の進化に一縷の望み

2027年または2028年の完全電動化の前に、プラグイン・ハイブリッド車を多数発売する予定だ。 同社は低排出ガスの合成燃料で、ハイブリッド・スーパーカーが …

ランボルギーニがスーパーカーを完全EV化しない理由…燃料の進化に一縷の望み
ランボルギーニは今後数年間で3つのハイブリッドモデルを発売する予定ですが、ガソリンエンジンを廃止する予定はまだありません。

クルマはトンガってればカッコイイ時代があった! 幻のスーパーカー「マセラティ・ブーメラン …

幻のスーパー. この記事をまとめると. 1972年発表のコンセプトカー「マセラティ・ブーメラン」; ウェッジシェイプデザインの先駆者ジウジアーロがデザイン …

クルマはトンガってればカッコイイ時代があった! 幻のスーパーカー「マセラティ・ブーメラン」のトンガリっぷりがスゴイ | ~カスタム・アウトドア・福祉車両・モータースポーツなどのカーライフ情報が満載~ AUTO MESSE WEB
つっぱることが男の勲章だった時代は1980年代ぐらいの話だが、70年代には確かに「トンがることがカーデザイナーの勲章」みたいな時代があった。その白眉が、1972年ジュネーブ・ショーで鮮烈に登場したコンセプトカー「マセラティ・ブーメラン」だ。

〈フェラーリ〉2022年の最も美しいスーパーカーに選出! – Safari Lounge

クルマ業界が大注目するこの1台が、第37回フェスティバル・オートモービル・インターナショナルで2022年最も美しいスーパーカーに選ばれた。

HOTな情報が男心を熱くする! ハートに火をつけて!〈フェラーリ〉2022年の最も美しいスーパーカーに選出! | Cars | Safari Online
走行中の空気抵抗を抑えることが重要とされていた1960年代のレーシングカー。その時代を彷彿させるダイナミックなデザイン[フェラーリ]FERRARI自動車業界の有力者で構成された審査委員が、優れたデザインや美しい外観を持つスポーツカーを選出し称える名誉ある賞だ。この賞と同時に、その仕事が認められデザイン賞も受賞した〈フェ...

アストンマーチン、スーパーカーのエントリーモデルに電動V8エンジンを搭載予定

アストンマーティンは、V8エンジンを搭載するヴァルハラやV12エンジンを搭載するヴァルキリーの下に位置する、3台目のミッドエンジンスーパーカーを2023年に …

アストンマーチン、スーパーカーのエントリーモデルに電動V8エンジンを搭載予定
アストンマーティンは、V8エンジンを搭載するヴァルハラやV12エンジンを搭載するヴァルキリーの下に位置する、3台目のミッドエンジンスーパーカーを2023年に発売すると報じられています。2019年にヴァンキッシュ・コンセプトで予告されたモデルも、AMGから供給されるV8エンジンを搭載する予定です。

クルマはトンガってればカッコイイ時代があった! 幻のスーパーカー「マセラティ・ブーメラン …

ジウジアーロにすれば、ウェッジシェイプを先駆けたのは俺俺俺、という主張もあったかもしれない。そうしたスーパーカーの檜舞台とされたのが3月頭、スイスの「 …

クルマはトンガってればカッコイイ時代があった! 幻のスーパーカー「マセラティ・ブーメラン」のトンガリっぷりがスゴイ(Auto Messe Web) - Yahoo!ニュース
 つっぱることが男の勲章だった時代は1980年代ぐらいの話だが、70年代には確かに「トンがることがカーデザイナーの勲章」みたいな時代があった。その白眉が、1972年ジュネーブ・ショーで鮮烈に登場した

緊急連続配信!! 世界を敵に回すあの大国のクルマ事情とカーライフ Vol02.ロシアのクルマたち編

・ソビエト時代のクルマ事情・ロシアブランド車はどんな感じか? ・もしや、ドラレコ装着率が高いかも!? ・ロシア製スーパーカーというのもあるんです○Vol03.

緊急連続配信!! 世界を敵に回すあの大国のクルマ事情とカーライフ Vol02.ロシアのクルマたち編 - 自動車情報誌「ベストカー」
緊迫が続くロシア情勢。そこで今回は、一昨日発売されたばかりの本誌「ベストカー」より、モータージャーナリスト小林敦志によるロシア探訪レポートを3日連続緊急配信!! 世界を敵に回す大国のクルマ事情とは?? 第2弾は「ロシアのクルマたち編」!

TOYOTA GAZOO Racing、新型スポーツカーの発表を予告。日本時間4月1日に初披露 | クルマ

3月28日、TOYOTA GAZOO Racing(TGR)は"GR"を冠する新型スポーツカーを、3月31日(木)21時30分にアメリカで発表 … T.50とは異なる性格のスーパーカー.

TOYOTA GAZOO Racing、新型スポーツカーの発表を予告。日本時間4月1日に初披露 | クルマ | autosport web
 3月28日、TOYOTA GAZOO Racing(TGR)は"GR"を冠する新型スポーツカーを、3月31日(木)21時30分にアメリカで発表すると予告した。新型モデルの初披露に先立ち、TGRはティザーイメージを公開している。

これが未来のアルピーヌ!? 水素エンジン搭載「A4810 プロジェクト by IED」公開 【動画】

IEDトリノとアルピーヌがコラボレーションし、水素エンジン搭載スーパー … かつ俊敏、そして純粋に走る喜びを味わえるコンセプトカーを作り上げている。

これが未来のアルピーヌ!? 水素エンジン搭載「A4810 プロジェクト by IED」公開 【動画】
イタリア・トリノにあるIED(Istituto Europeo Di Design)において交通デザインを学ぶ28名の大学院生がアルピーヌのデザインチームに協力し、水素エンジンを搭載した2シータースポーツのコンセプトモデル「A4810 プロジェクト by IED」を完成させた。

復活のランボルギーニ『カウンタック』、ゲーム登場へ…3月30日『ロケットリーグ』に

カウンタックLPI 800-4のパワートレインは、ブランド初のハイブリッドスーパーカーの『シアンFKP 37』譲りだ。6.5リットルV型12気筒ガソリン自然吸気エンジンは …

復活のランボルギーニ『カウンタック』、ゲーム登場へ…3月30日『ロケットリーグ』に | レスポンス(Response.jp)
ゲーム『ロケットリーグ』を手がけるPsyonixは3月24日、ランボルギーニ『カウンタックLPI 800-4』(Lamborghini Countach LPI 800-4)が3月30日、同ゲームにデビューすると発表した。
タイトルとURLをコピーしました