ホンダ「CT125・ハンターカブ」を徹底カスタム! CTの魅力をさらに引き出した「ア ウトドア …

ホンダ「CT125・ハンターカブ」を徹底カスタム! CTの魅力をさらに引き出した「アウトドア …

2020年6月の登場直後からいまだに人気が衰え知らずのホンダ「CT125・ハンターカブ」。カスタムを楽しみやすい一台でもあり、いまでは街中でもスタイルを …

ホンダ「CT125・ハンターカブ」を徹底カスタム! CTの魅力をさらに引き出した「アウトドアツーリング仕様」(webオートバイ) - Yahoo!ニュース
2020年6月の登場直後からいまだに人気が衰え知らずのホンダ「CT125・ハンターカブ」。カスタムを楽しみやすい一台でもあり、いまでは街中でもスタイルを大きく変えたカスタム車をよく見かけるようになっ

ホンダ新型「ステップワゴン」の納期は最短4か月!? 半年待ちの事例も? 大ヒットに向け期待大か …

ホンダが2022年春に発表・発売を予定している新型「ステップワゴン」ですが、すでに先行予約の受け付けを開始しています。

ホンダ新型「ステップワゴン」の納期は最短4か月!? 半年待ちの事例も? 大ヒットに向け期待大か(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 ホンダが2022年春に発表・発売を予定している新型「ステップワゴン」ですが、すでに先行予約の受け付けを開始しています。

鈴鹿ともてぎの交通教育センター講習車両に「エアバスターポータブル BRIDEエディション」導入

ホンダモビリティランドは3月30日、鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)とモビリティリゾートもてぎ(栃木県茂木町)にある交通教育センターの講習車両に、3月8 …

ホンダモビリティランド、鈴鹿ともてぎの交通教育センター講習車両に「エアバスターポータブル BRIDEエディション」導入
 ホンダモビリティランドは3月30日、鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)とモビリティリゾートもてぎ(栃木県茂木町)にある交通教育センターの講習車両に、3月8日より「携帯型空気清浄機能付オゾン除菌脱臭器エアバスターポータブル BRIDEエディション」を計144台導入したと発表した。

ホンダブースのテーマは発売50周年を迎える「シビック」【オートモビル カウンシル2022】

本田技研工業は2022年3月31日、千葉の幕張メッセで開催される「オートモビル カウンシル2022」(会期:4月15日~17日)への出展概要を発表した。

ホンダブースのテーマは発売50周年を迎える「シビック」【オートモビル カウンシル2022】 【ニュース】 - webCG
本田技研工業は2022年3月31日、千葉の幕張メッセで開催される「オートモビル カウンシル2022」(会期:4月15日~17日)への出展概要を発表した。発売から50周年を迎える「シビック」をテーマとしたブースを出展する。

ホンダ、欠場するマルク・マルケスの代役にブラドルを起用/MotoGP第3戦アルゼンチンGP

3月30日、MotoGPに参戦しているレプソル・ホンダ・チームは、複視が原因で欠場するマルク・マルケスの代役としてステファン・ブラドルをMotoGP第3戦 …

ホンダ、欠場するマルク・マルケスの代役にブラドルを起用/MotoGP第3戦アルゼンチンGP | MotoGP | autosport web
 3月30日、MotoGPに参戦しているレプソル・ホンダ・チームは、複視が原因で欠場するマルク・マルケスの代役としてステファン・ブラドルをMotoGP第3戦アルゼンチンGPで起用すると発表した。 マルケスは第2戦インドネシアGPでウォームアップ走行の際に7コーナーでハイサイド転倒を喫した。激しく路面に打ち付けられたマル...

ホンダの新FCパワーユニットや燃料電池バスが登場! FC EXPOで燃料電池の最新動向を探ってき …

同展示会のFC EXPO(水素・燃料電池展)ではホンダが次期クラリティFUEL CELLに搭載される新FCパワーユニット(プロトタイプ)を初公開したほか、東京R&Dが …

ホンダの新FCパワーユニットや燃料電池バスが登場! FC EXPOで燃料電池の最新動向を探ってきました - 自動車情報誌「ベストカー」
 RX Japan株式会社が主催する「スマートエネルギーWeek春2022」が3月16日~18日の3日間、東京ビッグサイトで開催された。  同展示会のFC EXPO(水素・燃料電池展)ではホンダが次期クラリティFUEL CELLに搭載される…

マレーシアで四輪生産累計100万台達成…ホンダ | レスポンス(Response.jp)

ホンダは、マレーシアにおける四輪車生産販売合弁会社であるホンダマレーシアが、2022年2月に四輪生産累計100万台を達成、3月30日に記念式典を行ったと発表 …

マレーシアで四輪生産累計100万台達成…ホンダ | レスポンス(Response.jp)
ホンダは、マレーシアにおける四輪車生産販売合弁会社であるホンダマレーシアが、2022年2月に四輪生産累計100万台を達成、3月30日に記念式典を行ったと発表した。

ホンダ、マレーシアでの四輪生産台数が累計100万台を達成! – モーターファン

ホンダのマレーシアにおける四輪車生産販売合弁会社であるホンダ・マレーシア・エスディーエヌ・ビーエイチディー(以下ホンダマレーシア)はこのほど、2022 …

ホンダ、マレーシアでの四輪生産台数が累計100万台を達成!
ホンダのマレーシアにおける四輪車生産販売合弁会社であるホンダ・マレーシア・エスディーエヌ・ビーエイチディー(以下ホンダマレーシア)はこのほど、2022年2月に四輪生産台数が累計100万台を達成し、3月30日に記念式典を開催した。

スゲーのができること確実! ソニーとホンダの提携で誕生するEVに「ワクワク」しかなかった

… □ソニーがEVの事業でホンダと提携することが発表された. □ソニーVISION-Sとホンダeはどちらもダッシュボード全面液晶を持つが各々の印象は異なる.

スゲーのができること確実! ソニーとホンダの提携で誕生するEVに「ワクワク」しかなかった
この記事をまとめると■ソニーがEVの事業でホンダと提携することが発表された■ソニーVISION-Sとホンダeはどちらもダッシュボード全面液晶を持つが各々の印象は異なる■ソニーのセンサー技術とホンダの自動運転技術の融合による次世代モビリティに…

電動バイク用電池のシェアリングサービス開始へ…ENEOSと国内バイク4メーカー

ENEOS、ホンダ、カワサキモータース、スズキ、ヤマハ発動機の5社は、電動二輪車の共通仕様バッテリーのシェアリングサービスを提供する新会社「株式 …

電動バイク用電池のシェアリングサービス開始へ…ENEOSと国内バイク4メーカー | レスポンス(Response.jp)
ENEOS、ホンダ、カワサキモータース、スズキ、ヤマハ発動機の5社は、電動二輪車の共通仕様バッテリーのシェアリングサービスを提供する新会社「株式会社Gachaco(ガチャコ)」を4月1日に設立する。
タイトルとURLをコピーしました