長く使う働くクルマだから! ひっそりとホンダが支えるアクティトラック部品再販 の裏側

長く使う働くクルマだから! ひっそりとホンダが支えるアクティトラック部品再販の裏側

ホンダが『第19回 国際オートアフターマーケットEXPO 2022』に「純正部品の復刻販売」を展示した。その展示内容は、ビートとアクティトラックの部品を再販し …

ひっそりとホンダが支えるアクティトラック部品再販の裏側 - 自動車情報誌「ベストカー」
ホンダがビートとアクティトラックの部品再販を開始した。他にもトヨタ スープラ、日産GT-R、マツダ ロードスターなどが部品再販で話題となっているが、この部品再販というものに対するメーカーの努力など、メーカーによる部品再販に迫る!!

スゲーのができること確実! ソニーとホンダの提携で誕生するEVに「ワクワク」しかなかった

ホンダは、一昨年にホンダeを発売した。当初の国内販売台数は1000台と消極的だったが、商品性においては、ダッシュボード全面に液晶画面を並べ、ドアミラー …

スゲーのができること確実! ソニーとホンダの提携で誕生するEVに「ワクワク」しかなかった(WEB CARTOP) - Yahoo!ニュース
 ソニーが、VISION‐S01とS02と相次いで電気自動車(EV)の試作車を発表し、米国のアップルカーと同様に人々の注目を集めた。走れる試作車とするため、S01とS02は、欧州の自動車関連メーカー

ホンダが手作業だった「スーパーカブ」の栽培にコマツと共同開発の電動マイクロショベルを導入 …

本田技研工業は、昨年に公式Twitterで世界生産累計1億台を超えるスーパーカブの「スーパーカブ製造方法」を世界初公開した際には手作業でしたが、今年は …

ホンダが手作業だった「スーパーカブ」の栽培にコマツと共同開発の電動マイクロショベルを導入! これまでより1.5倍~2倍の大きなカブが育つ [エイプリルフール]
 本田技研工業は、昨年に公式Twitterで世界生産累計1億台を超えるスーパーカブの「スーパーカブ製造方法」を世界初公開した際には手作業でしたが、今年はスーパーカブの栽培にHondaとコマツ共同開発の電動マイクロショベルを導入したことを明らかにしました。

ホンダ、独「レッドドット」デザイン賞を二輪・四輪・パワープロダクツで同時受賞

ホンダは3月31日、新型スポーツツアラー『NT1100』、中型スクーター『ADV350』、コンパクトSUV『HR-V』、ハンディタイプ発電機『EU32i』の4製品が、世界的 …

ホンダ、独「レッドドット」デザイン賞を二輪・四輪・パワープロダクツで同時受賞 | レスポンス(Response.jp)
ホンダは3月31日、新型スポーツツアラー『NT1100』、中型スクーター『ADV350』、コンパクトSUV『HR-V』、ハンディタイプ発電機『EU32i』の4製品が、世界的デザイン賞「レッドドットアワード プロダクトデザイン2022」を受賞したと発表した。

これが世界のスタンダード! ホンダ新型「シビック」の完成度を調べてみた | GetNavi web ゲットナビ

1972年の初代モデル発売から、今年で50周年を迎え、累計販売台数は2700万台を超えるホンダの「シビック」。世代によって、この車名を聞いてイメージする姿は …

これが世界のスタンダード! ホンダ新型「シビック」の完成度を調べてみた | GetNavi web ゲットナビ
1972年の初代モデル発売から、今年で50周年を迎え、累計販売台数は2700万台を超えるホンダの「シビック」。世代によって、この車名を聞いてイメージする姿はそれぞれでしょう。40代半ばの筆者が真っ先に思い起こすのは、コンパクトなハッチバックのシルエット。免許を取って間もない若者でも乗りやすく、それで...

【このクルマなんぼ?】ホンダ S2000 未だに高人気を誇る日本の生んだカルトスポーツカー …

そして、その年に生まれた「ホンダS500」は、従来のコンパクトモデルではなく、ロードスターとして世間を騒がせたのだった。 そして、1999年の本田技研工業創立 …

【このクルマなんぼ?】ホンダ S2000 未だに高人気を誇る日本の生んだカルトスポーツカー クラシック オブ ザ デイ(AUTO BILD JAPAN Web) - Yahoo!ニュース
240馬力の高回転型自然吸気エンジンを搭載したこのロードスターは、現在でもカルト的な人気を誇っている。そんなS2000も、もはやクラシックカーというかオールドタイマーの仲間入りと聞いては感慨深いもの

GRカローラ vs 次期ホンダ・シビックTYPE R 純粋ICE搭載スポーツモデル どっちを選ぶ?

トヨタがGRカローラを登場させた。日本発売は2022年後半である。となると、もう一台、気になるスポーツモデルがある。そう、次期ホンダ・シビックTYPE Rで …

GRカローラ vs 次期ホンダ・シビックTYPE R 純粋ICE搭載スポーツモデル どっちを選ぶ?
トヨタがGRカローラを登場させた。日本発売は2022年後半である。となると、もう一台、気になるスポーツモデルがある。そう、次期ホンダ・シビックTYPE Rである。

ホンダがペット用フロントシートを欧州で発売…?犬や猫、魚用も順次販売予定… | MOBY [モビー]

ホンダの欧州部門は2022年4月1日、ペット用のフロントシート「コ・パイロット」を発表しました。

ホンダがペット用フロントシートを欧州で発売…?犬や猫、魚用も順次販売予定… | MOBY [モビー]
ホンダの欧州部門は2022年4月1日、ペット用のフロントシート「コ・パイロット」を発表しました。

ホンダ、 「クロスカブ 110・くまモン バージョン」などをモデルチェンジ | マイナビニュース

ホンダは4月14日、「スーパーカブ110」「クロスカブ110」「クロスカブ 110・くまモン バージョン」に新エンジンを搭載するとともに、前輪ディスクブレーキを …

ホンダ、 「クロスカブ 110・くまモン バージョン」などをモデルチェンジ
ホンダは4月14日、「スーパーカブ110」「クロスカブ110」「クロスカブ 110・くまモン バージョン」に新エンジンを搭載するとともに、前輪ディスクブレーキを標準装備するなどのモデルチェンジを図り、発売する。

ホンダ、原付二種の新型レジャーバイク「ダックス125」を発売 | マイナビニュース

ホンダは7月21日、原付二種(第二種原動機付自転車)の新型レジャーバイク「ダックス125」を発売する。「ダックス125」は同社の歴史あるプロダクト …

ホンダ、原付二種の新型レジャーバイク「ダックス125」を発売
ホンダは7月21日、原付二種(第二種原動機付自転車)の新型レジャーバイク「ダックス125」を発売する。「ダックス125」は同社の歴史あるプロダクトブランド「ダックスホンダ」を現代に再定義した原付二種のレジャーバイク。
タイトルとURLをコピーしました