マツダ、新型車「CX-60」日本プレミアを予告 – Car Watch

マツダ、新型車「CX-60」日本プレミアを予告 – Car Watch

4月7日20時~21時に「MAZDA CX-60 日本プレミア オンライントークセッション」を、マツダ公式YouTubeチャンネル「MAZDA OFFICIAL WEB」において配信。開発担当者 …

マツダ、新型車「CX-60」日本プレミアを予告
 マツダは、4月7日に新型車「CX-60」を日本で披露すると公式Webサイトにおいて予告した。

MAZDA NEWSROOM定年延長および関連施策の運用開始|ニュースリリース

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、人材活躍の最大化に向け、本日より、定年延長および関連施策の運用を開始します。全世代の従業員が持てる力を最大限に …

定年延長および関連施策の運用開始
マツダ株式会社(以下、マツダ)は、人材活躍の最大化に向け、本日より、定年延長および関連施策の運用を開始します。全世代の従業員が持てる力を最大限に発揮し、やりがいを持って活躍・貢献し続ける制度となるよう運用してまいります。現在、自動車業界は1

マツダ入社式 新入社員「魂を奮い立たせるような車作りに挑戦したい」 – Yahoo!ニュース

今日は4月1日、新年度がスタートしました。自動車メーカーのマツダでも入社式が開かれ、およそ500人の新入社員が社会人としての一歩を踏み出しました。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

マツダ入社式 新入社員「魂を奮い立たせるような車作りに挑戦したい」 – FNNプライムオンライン

府中町のマツダ本社で開かれた入社式は、去年に引き続き新型コロナウイルス感染防止のため職種によって会場を分けオンラインで結びました。 式の中で、丸本明 …

FNNプライムオンライン
FNNプライムオンラインは「テレビとの新しい付き合い方」ができるメディアです。フジテレビ系FNN28局が総力を挙げ、これまでのテレビやニュースの枠を超えた記事・動画・ライブ配信・最新ニュースなどのコンテンツをお届けします。

新年度スタート マツダ 3年ぶりに対面で入社式(RCC中国放送) – Yahoo!ニュース

きょうから新年度です。マツダでは、対面としては3年ぶりとなる入社式が行われました。 「魂を奮い立たせるような車づくりに挑戦し続けることを誓います。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

新年度始まる マツダは2年連続でオンライン入社式 – NHK.JP

1日から新年度です。 新型コロナウイルスの影響が続く中、自動車メーカーのマツダは、4か所の会場をオンラインでつなぐ形で入社式を行いました。…

エラー - NHK

マツダがバイオディーゼルエンジン仕様の「マツダ3」を「オートモビルカウンシル2022」で初 …

マツダはこのほど、4月15〜17日に千葉・幕張メッセで開催されるクルマのイベント「オートモビルカウンシル2022」に出展し、「MAZDA SPIRIT RACING MAZDA3 …

マツダがバイオディーゼルエンジン仕様の「マツダ3」を「オートモビルカウンシル2022」で初公開!
マツダはこのほど、4月15〜17日に千葉・幕張メッセで開催されるクルマのイベント「オートモビルカウンシル2022」に出展し、「MAZDA SPIRIT RACING MAZDA3 Bio Concept」を初公開する予定であることを発表した。

マツダが「300馬力マシン」を投入!? 新たな「MAZDA3 Bio」発表! 「GR86/BRZ」意識して開発か

マツダはスーパー耐久シリーズにバイオディーゼル燃料を使用したマツダ2で参戦しました。シーズン後半には300馬力マシンを投入するといいますが、どのような …

マツダが「300馬力マシン」を投入!? 新たな「MAZDA3 Bio」発表! 「GR86/BRZ」意識して開発か
マツダはスーパー耐久シリーズにバイオディーゼル燃料を使用したマツダ2で参戦しました。シーズン後半には300馬力マシンを投入するといいますが、どのような流れなのでしょうか。

マツダは3年ぶり対面式、中国地方で各社が入社式

マツダの入社式で、丸本社長(右端)を前に決意表明する新入社員. 中国地方の多くの企業が1日、入社式を開いた。新型コロナウイルス禍の中で3回目となる今回 …

マツダは3年ぶり対面式、中国地方で各社が入社式 | 中国新聞デジタル | 広島を中心とした中国地方のニュース・情報サイト
 中国地方の多くの企業が1日、入社式を開いた。新型コロナウイルス禍の中で3回目となる今回は、オンラインの活用など感染予防策を講じつつ、コロナ禍前に近い形を選ぶケースが目立った。各社のトップは直面する経...

電動化一直線の今、改めて問う「クリーンディーゼル」という選択 – 自動車情報誌「ベストカー」

間もなく発表されるマツダのラージ商品群のなかに、新開発となる3300ccの6気筒ディーゼルエンジンがラインナップされる。どの地域で発売されるかは …

電動化一直線の今、改めて問う「クリーンディーゼル」という選択 - 自動車情報誌「ベストカー」
世はカーボンニュートラルに向かってまっしぐら、EVを中心にPHV、FCVという電動化モデルの一気呵成といった情勢。が、そんななかで気になってくるのがガソリン車とともに消える運命にあるクリーンディーゼル車。今後、どうなるのかを予想した!
タイトルとURLをコピーしました