中国初のホンダブランドEV 登場、量産モデルは来春発売へ…上海モーターショー202 1

中国初のホンダブランドEV 登場、量産モデルは来春発売へ…上海モーターショー2021

ホンダ SUV e:プロトタイプは、ホンダのダイナミクス技術をベースに、力強くスムーズな加速性能を追求して「操る喜び」に溢れる走行性能を実現。

中国初のホンダブランドEV 登場、量産モデルは来春発売へ…上海モーターショー2021 | レスポンス(Response.jp)
ホンダは4月19日に開幕した上海モーターショー2021にて、中国初となるホンダブランド電気自動車(EV)のプロトタイプモデル『SUV e:プロトタイプ』を世界初公開した。

安全運転教育用「ドライビングシミュレーター」をマイナーモデルチェンジし発売

Hondaは、国内外の運転免許教習所などでご利用いただいている安全運転教育用「ドライビングシミュレーター」を、最新車両装備の採用やソフト …

安全運転教育用「ドライビングシミュレーター」をマイナーモデルチェンジし発売
本田技研工業の広報発表ニュース - Hondaは、国内外の運転免許教習所などでご利用いただいている安全運転教育用「ドライビングシミュレーター」を、最新車両装備の採用やソフトウエア設定項目の追加など機能を充実させ、日本国内にて4月20日(火)に発売しました。

【ホンダ フィット 800km試乗】トールワゴン人気を跳ね除ける実力はあるか

ホンダのBセグメントサブコンパクト『フィット』で800km弱ツーリングする機会があったので、インプレッションをリポートする。 フィットは第1 …

【ホンダ フィット 800km試乗】トールワゴン人気を跳ね除ける実力はあるか | レスポンス(Response.jp)
ホンダのBセグメントサブコンパクト『フィット』で800km弱ツーリングする機会があったので、インプレッションをリポートする。

【インド】ホンダ、約8万台をリコール

乗用車インド大手ホンダ・カーズ・インディアは16日、燃料ポンプに不具合があるとして小型車「アメイズ」など7万7954台をリコール(自主回収・ …

【インド】ホンダ、約8万台をリコール(INDO WATCHER ビジネスプレミアム) - Yahoo!ニュース
 乗用車インド大手ホンダ・カーズ・インディアは16日、燃料ポンプに不具合があるとして小型車「アメイズ」など7万7954台をリコール(自主回収・無償修理)すると発表した。PTI通信が同日付で報じている

ホンダ、自宅に発売前の新型「ヴェゼル」が来る。新たな試乗イベントの模様を公開

本田技研工業は4月20日、新潟県佐渡島および静岡県浜松市にて実施した、発売前の新型「ヴェゼル(VEZEL)」を体験・試乗してみたいユーザーの …

ホンダ、自宅に発売前の新型「ヴェゼル」が来る。新たな試乗イベントの模様を公開
 本田技研工業は4月20日、新潟県佐渡島および静岡県浜松市にて実施した、発売前の新型「ヴェゼル(VEZEL)」を体験・試乗してみたいユーザーの元に届ける「VEZEL eHEV YOUR POP UP STORE キャンペーン」の模様を収録した動画を「Honda公式YouTubeチャンネル」で公開した。

【中国】ホンダ中国、自動運転実験でオートXと提携

ホンダの中国法人、本田技研工業(中国)投資(北京市)の全額出資子会社、本田技研科技(中国)(広東省広州市)が、オートXの自動運転技術を …

【中国】ホンダ中国、自動運転実験でオートXと提携(NNA) - Yahoo!ニュース
 ホンダは16日、自動運転技術の研究開発(R&D)を手掛けるスタートアップ企業、深セン裹動智駕科技(広東省深セン市、オートX)と中国の公道での自動運転車両の走行実験で提携すると発表した。自動運転の公

毎日が冒険

ラリーマシンをほうふつとさせる、ホンダの250cc級アドベンチャーモデル「CRF250ラリー」がフルモデルチェンジ。車体もエンジンも新しくなった …

ホンダCRF250ラリー<s>(6MT)【レビュー】 毎日が冒険 - webCG
ラリーマシンをほうふつとさせる、ホンダの250cc級アドベンチャーモデル「CRF250ラリー」がフルモデルチェンジ。車体もエンジンも新しくなった新型は、普段使いでも「ホンダの本気」を感じられる一台に仕上がっていた。

ホンダF1田辺TDレース後会見:開幕2戦目の優勝は「開発陣も現場も高いモチベーションを保てる …

… のホンダドライバーの勝利に、ホンダF1の田辺豊治テクニカルディレクターは「ホンダ最終年の序盤のレースで勝てた」と率直な喜びを表明した。

ホンダF1田辺TDレース後会見:開幕2戦目の優勝は「開発陣も現場も高いモチベーションを保てるポジティブな結果」 | F1 | autosport web
 突然の大雨、目まぐるしく変わる路面コンディションのなか、F1第2戦エミリア・ロマーニャGP決勝はマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がスタートで首位を奪い、そのまま逃げ切った。1991年のアイルトン・セナ以来30年ぶりのホンダドライバーの勝利に、ホンダF1の田辺豊治テクニカルディレクターは「ホンダ最終年の...

自動車部品サプライヤー24社の「ケイレツ格差」鮮明!ホンダ系は太っ腹、トヨタ系は堅実…

コロナショックからの立ち直りが二極化する「K字回復」が自動車業界でも鮮明だ。トヨタ自動車は需要増を追い風に業績を立て直し、ホンダや日産 …

自動車部品サプライヤー24社の「ケイレツ格差」鮮明!ホンダ系は太っ腹、トヨタ系は堅実…
コロナショックからの立ち直りが二極化する「K字回復」が自動車業界でも鮮明だ。トヨタとホンダ・日産に“格差”が生じ、その構図がサプライヤーにも伝播している。だが、成長への “種まき”である研究開発費はホンダ系が有利だ。他ケイレツが節約する中でコロナ前と同水準を死守し、復活の機をうかがっている。

トヨタに続きホンダ・日産も燃費・排ガスステッカー貼付廃止へ 消える理由を国交省に聞いた

そもそもどのような目的で貼り付けられていて、なぜいま廃止するメーカーが出てきているのでしょうか。 tags: トヨタ, ホンダ, 役立ち情報, 日産.

トヨタに続きホンダ・日産も燃費・排ガスステッカー貼付廃止へ 消える理由を国交省に聞いた
これまで新車に貼り付けられていた燃費基準達成/低排出ガス車ステッカーについて、貼り付けを廃止する動きが広がっています。そもそもどのような目的で貼り付けられていて、なぜいま廃止するメーカーが出てきているのでしょうか。
タイトルとURLをコピーしました