前戦から一転して低評価も「ルーキーはミスをするもの」と今後の活躍に期待/角 田裕毅の海外 …

前戦から一転して低評価も「ルーキーはミスをするもの」と今後の活躍に期待/角田裕毅の海外 …

F1の洗礼を受けたともいえる角田は、海外メディアの目にどう映ったのだろうか。前戦バーレーンGPに引き続き、採点を通して彼らの評価を見て …

前戦から一転して低評価も「ルーキーはミスをするもの」と今後の活躍に期待/角田裕毅の海外メディア評 F1第2戦 | F1 | autosport web
 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)にとってデビュー2戦目となったエミリア・ロマーニャGPは試練のレースとなった。予選ではクラッシュを喫し、タイムを計測できなかったため決勝グリッドは最後尾に。決勝では赤旗中断時に10番手に位置していたが、レース再開直後にスピンを喫し再び後退。最終的に13位でフィニッシュした角田は、他車...

【SNS特集】F1第2戦イモラ:喜びを爆発させるレッドブル・ホンダ陣営。ライコネン、降格ノー …

コロナ禍により2020年シーズンから年間1国1開催の原則が難しくなったF1。その副産物として、かつてサンマリノの国名を借りて“2つ目の …

【SNS特集】F1第2戦イモラ:喜びを爆発させるレッドブル・ホンダ陣営。ライコネン、降格ノーポイントにふくれっ面 | F1 | autosport web
 コロナ禍により2020年シーズンから年間1国1開催の原則が難しくなったF1。その副産物として、かつてサンマリノの国名を借りて"2つ目のイタリアGP"を開催していたイモラが、昨年に引き続き今年もエミリア・ロマーニャGPとしてF1カレンダーに加えられた。レッドブル・ホンダの今季初優勝、ウエット路面に翻弄された赤旗中断の大...

メルセデスF1代表、クラッシュのラッセルに激怒。マシン大破が開発計画に影響か

2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGPで、ルイス・ハミルトンが後方から見事な挽回を見せて2位を獲得した瞬間、メルセデスチーム代表トト・ …

メルセデスF1代表、クラッシュのラッセルに激怒。マシン大破が開発計画に影響か | F1 | autosport web
 2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGPで、ルイス・ハミルトンが後方から見事な挽回を見せて2位を獲得した瞬間、メルセデスチーム代表トト・ウォルフの顔には安堵の笑みが浮かんだ。しかしバルテリ・ボッタスと接触したジョージ・ラッセルに対する怒りは収まらず、レース後の会見で厳しい言葉を発した。

F1第2戦でハミルトンを襲った悪夢の31周目。波乱になればなるほど現れる“ドライバー力”

2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP、赤旗中断でピットレーンに止めたマシンの脇で、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が座り込んで頭を抱え …

F1第2戦でハミルトンを襲った悪夢の31周目。波乱になればなるほど現れる"ドライバー力" | F1 | autosport web
 2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP、赤旗中断でピットレーンに止めたマシンの脇で、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が座り込んで頭を抱えていた。7度の世界王者のそんな姿を見るのは、本当にまれなことだった。

アストンマーティンF1代表、空力規則の変更についてFIAと議論「正しい手順で行われたことに満足」

アストンマーティンF1のチーム代表であるオットマー・サフナウアーは、FIAが2021年の空力規則変更にいかに対処したかについて先週のイモラで …

アストンマーティンF1代表、空力規則の変更についてFIAと議論「正しい手順で行われたことに満足」 | F1 | autosport web
 アストンマーティンF1のチーム代表であるオットマー・サフナウアーは、FIAが2021年の空力規則変更にいかに対処したかについて先週のイモラで経緯を聞き、チームは「非常に満足している」と述べている。 先週の土曜日、サフナウアーはパドックに騒ぎを起こした。彼はFIAによる今年の規則変更の"意図"について公に疑問を投げかけ...

フォーミュラE、”F1スタイル”の商業権協定を策定し「視聴者数の増加」を狙う

フォーミュラEはF1のコンコルド協定のような商業的な取り決めを独自に作成し、チームと放送局間の権利関係をより明確にすることで、視聴者数を …

フォーミュラE、”F1スタイル”の商業権協定を策定し「視聴者数の増加」を狙う
フォーミュラEはF1のコンコルド協定のような商業的な取り決めを独自に作成し、チームと放送局間の権利関係をより明確にすることで、視聴者数を増やすことを目指している。

バルテリ・ボッタスの“全損”事故でF1予算上限の課題が露呈

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、F1エミリア・ロマーニャGPでバルテリ・ボッタスのF1マシンが“全損”したことで、予選上限に …

バルテリ・ボッタスの“全損”事故でF1予算上限の課題が露呈…メルセデスF1の開発計画に影響
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、F1エミリア・ロマーニャGPでバルテリ・ボッタスのF1マシンが“全損”したことで、予選上限に下で今季の開発に影響を及ぼす可能性があると語る。今年から新たに1億4500万ドルの予算上限が導入されており、スプリント予選レースが議論されるなかで、クラッシュが発生した場合の追...

ダニエル・リカルド、チームオーダー発令に「プライドは捨てた」

マクラーレンF1のダニエル・リカルドは、F1エミリア・ロマーニャGPの決勝でチームメイトのランド・ノリスを先に行かせるというチームオーダー …

マクラーレンF1のダニエル・リカルド、チームオーダー発令に「プライドは捨てた」 / F1エミリア・ロマーニャGP
マクラーレンF1のダニエル・リカルドは、F1エミリア・ロマーニャGPの決勝でチームメイトのランド・ノリスを先に行かせるというチームオーダーを“プライドを捨てて”受け入れたと語った。レース序盤、マクラーレンF1の2台はダニエル・リカルドが5番手、ランド・ノリスが6番手を走行していた。しかし、ランド・ノリスの方がペースは良...

マクラーレン、名物モーターホームを大幅縮小へ。機材輸送を減らし持続可能性の追求に貢献

F1のパドックと言えば、各チームが“モーターホーム”と呼ばれる仮設の建物を構えることで知られているが、2007年に登場したマクラーレンの『 …

マクラーレンF1、名物モーターホーム『ブランドセンター』を大幅縮小へ。機材輸送を減らし持続可能性の追求に貢献
マクラーレンチームの象徴でもある『ブランドセンター』と呼ばれるモーターホームは、縮小された形でF1パドックに戻ってくるようだ。

【F1ドライバーへの登竜門】全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権のシリーズメイン …

【F1ドライバーへの登竜門】全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権のシリーズメインパートナーにBuzz & Co Groupが就任! ~Buzz presents …

【F1ドライバーへの登竜門】全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権のシリーズメインパートナーにBuzz & Co Groupが就任!
Buzzグループのプレスリリース(2021年4月22日 10時00分) F1ドライバーへの登竜門 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権のシリーズメインパートナーにBuzz & Co Groupが就任!

チャリカ会員限定!【3連単的中キャンペーン】松山競輪F1ナイター3連単6R以上的中 … – チャリロト

2021年4月23日(金)~4月25日(日)に開催される松山競輪F1ナイター「ガッツ玉ちゃん杯&CTC杯」におきまして、3連単を6レース以上的中した …

チャリカ会員限定!【3連単的中キャンペーン】松山競輪F1ナイター3連単6R以上的中で5,000円プレゼント! | チャリロトニュース | 競輪・オートの車券・くじ購入のオフィシャルサイト
競輪、オートレースのキャンペーン情報やチャリロトのニュースを随時更新!
タイトルとURLをコピーしました