F1には「自然なトラックリミット」の方が好ましいとGPDA会長

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

F1には「自然なトラックリミット」の方が好ましいとGPDA会長

F1ドライバーたちによる任意団体であるGPDA(グランプリ・ドライバーズ・アソシエーション)の会長を務めている元F1ドライバーの …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

【F1分析】開幕2戦で露呈した“移籍組”の低調ぶり。なぜ彼らはここまで苦しんでいるのか?

2021年シーズンのF1はここまで2レースが終了したが、その中で露呈した事実のひとつに、今季新たなチームで開幕を迎えた“移籍組”のドライバーが …

【F1分析】開幕2戦で露呈した“移籍組”の低調ぶり。なぜ彼らはここまで苦しんでいるのか?(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 2021年シーズンのF1はここまで2レースが終了したが、その中で露呈した事実のひとつに、今季新たなチームで開幕を迎えた“移籍組”のドライバーが軒並み適応に苦しんでいる、ということがある。

【F1】ハミルトンとフェルスタッペンは1点差。F1で久しぶりに展開される強烈なライバル対決!

F1・第2戦「エミリア・ロマーニャGP」はウェットコンディションのレースで始まり、接触、クラッシュによる赤旗中断、一度コースアウトした …

【F1】ハミルトンとフェルスタッペンは1点差。F1で久しぶりに展開される強烈なライバル対決!(辻野ヒロシ) - 個人 - Yahoo!ニュース
開幕戦はハミルトンが制し、第2戦はフェルスタッペン優勝。今季はようやくレッドブル・ホンダが王者メルセデスのライバルになった。久しぶりに闘志むき出しのレースが楽しめる2021年のF1は見逃せない

【F1第2戦無線レビュー(1)】「マシンの感触がよくない」スタートの攻防で接触、首位の座を …

2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGPは、ウエットコンディションからドライコンディションへと変化する難しい状況でのレースとなった。路面が …

【F1第2戦無線レビュー(1)】「マシンの感触がよくない」スタートの攻防で接触、首位の座を失ったハミルトン | F1 | autosport web
 2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGPは、ウエットコンディションからドライコンディションへと変化する難しい状況でのレースとなった。路面が濡れている区間とほとんど乾いている区間が混在していたため、スタート前からアクシンデントが相次いだ。各チームともトラブルやタイヤ選択などに苦労していたが、そんな各ドライバーらのや...

ニキータ・マゼピン「F1ではみんな自分のことしか考えない」

ニキータ・マゼピン(ハース)が、F1の世界では「誰もが自分のことしか考えていない」と語った。 今年ハースでF1デビューするチャンスを得た …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

ルノーF1、カスタマーチーム獲得に消極的。”PUのデータが集まる”以外のメリットはない?

ルノーのCEOであるルカ・デメオは、近い将来F1でカスタマーチームと提携する可能性を軽視し、現在PUサプライヤーがカスタマーチームと結んで …

ルノーF1、カスタマーチーム獲得に消極的。”PUのデータが集まる”以外のメリットはない?
ルノーのCEOであるルカ・デメオは、近い将来F1でカスタマーチームと提携する可能性を軽視し、現在PUサプライヤーがカスタマーチームと結んでいる契約は「良いモノではない」と語った。

レッドブル・ホンダF1 「タイトル獲得のためにRB16Bの開発は継続していく」

2022年にはF1史上最大のルール変更のひとつと言える技術レギュレーションが導入されることになるため、フェラーリを始めとする多くのF1チーム …

レッドブル・ホンダF1 「タイトル獲得のためにRB16Bの開発は継続していく」
レッドブル・ホンダF1は、2021年のF1世界選手権でのタイトル獲得を目指して『RB16B』の開発を継続していくと語る。2022年にはF1史上最大のルール変更のひとつと言える技術レギュレーションが導入されることになるため、フェラーリを始めとする多くのF1チームは、早い段階で今季マシンの開発を打ち切り、2022年の次世代...

ホンダ、2021年のF1日本GP開催のために日本政府に働きかけ

特にF1カナダGPについては現時点で大きな疑問があり、他のレースに関しても観客の入場が許可されるかどうかは分からない。 新型コロナウイルスの …

ホンダ、2021年のF1日本GP開催のために日本政府に働きかけ
ホンダは、ラストイヤーになんとかF1日本GPを開催できるよう政府に“大きな圧力”をかけていると Auto Motor und Sport に寄稿するジャーナリストのマイケル・シュミットは語った。“コロナ時代”の2シーズン目となる2021年もF1カレンダーは不確実なものとなっている。特にF1カナダGPについては現時点で大...

2022年のF1マイアミGPは6月開催か

F1最高責任者(CEO)のステファノ・ドメニカリはこれに関して今季のF1第2戦エミリア・ロマーニャGPが開催されたイタリアのイモラで次のように …

2022年のF1マイアミGPは6月開催か - TopNews
TopNews(トップニュース)は、F1や自動車ニュースをLive速報で毎日提供しています。

メルセデスF1 「バルテリ・ボッタスのマシンは大部分が“修復不可能”」

メルセデスF1は、先週末のF1エミリア・ロマーニャGPでジョージ・ラッセルとの接触によってバルテリ・ボッタスのマシンが受けたダメージの初期 …

メルセデスF1 「バルテリ・ボッタスのマシンは大部分が“修復不可能”」
メルセデスF1は、先週末のF1エミリア・ロマーニャGPでジョージ・ラッセルとの接触によってバルテリ・ボッタスのマシンが受けたダメージの初期調査を実施。ボッタスのW12の大部分は“修復不可能”だと結論付けた。バルテリ・ボッタスは、タンブレロで自分を抜こうとして挙動を乱したジョージ・ラッセルに衝突され、2台は高速でウォール...
タイトルとURLをコピーしました