伝説のスーパーカー「ランボルギーニ ミウラ P400 SV」のプラモデル、ハセガワより 再販

伝説のスーパーカー「ランボルギーニ ミウラ P400 SV」のプラモデル、ハセガワより再販

【この記事に関する別の画像を見る】 ランボルギーニ ミウラ P400 SVは伝説の闘牛牧場ミウラの名にちなんで命名されたスーパーカー。SVは"Sprint …

伝説のスーパーカー「ランボルギーニ ミウラ P400 SV」のプラモデル、ハセガワより再販(Impress Watch) - Yahoo!ニュース
 ハセガワはプラモデル「ランボルギーニ ミウラ P400 SV “1971」を5月12日に発売する。価格は2,750円(税込)。

1億円超の日産「GT-R」のエンジンをニスモが開発! 超ド級の720馬力のスーパーカーとは?

日産「GT-R NISMO」をベースにしたGT-R50 by イタルデザインは、1969年に初代が登場したGT-Rブランドと、数々のコンセプトカーの製作や名車 …

1億円超の日産「GT-R」のエンジンをニスモが開発! 超ド級の720馬力のスーパーカーとは?(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)は、高性能なエンジンとトランスアクスルを開発し、日産がイタルデザインと共同開発した限定モデル「Nissan GT-R50 by イタルデザイ

【こんな贅沢、あり?】マクラーレン・エルバの楽しみ方 ただのオープンカーでは語れぬ、異次元 …

… に乗ってみましょう。エレガンスと狂気をあわせ持つ「エルバ」は、ただのオープン・スーパーカーでは辿り着けない世界を見せてくれました。

【こんな贅沢、あり?】マクラーレン・エルバの楽しみ方 ただのオープンカーでは語れぬ、異次元の魅力 | AUTOCAR JAPAN
究極のマクラーレンに乗ってみましょう。エレガンスと狂気をあわせ持つ「エルバ」は、ただのオープン・スーパーカーでは辿り着けない世界を見せてくれました。

残念すぎる「東京モーターショー開催中止」! 過去出展された「幻のオープンカー」コンセプト9 …

光岡自動車は2001年の第35回東京モーターショーに、インパクト十分のスーパーカー、オロチを出品している。その2年後のショーには日本の保安 …

残念すぎる「東京モーターショー開催中止」! 過去出展された「幻のオープンカー」コンセプト9連発(Auto Messe Web) - Yahoo!ニュース
 4月22日、日本自動車工業会は東京モーターショー2021を中止することを発表した。史上初めてのことで、まだ気持ちの整理がつかないクルマ好きも多いのではないだろうか? 東京モーターショーに出展された

明暗分かれた大物ルーキーたちのインディカー開幕戦。グロージャンは対応能力の高さをみせる

… スーパーカーでDJRチーム・ペンスキーから出場して3年連続チャンピオンになり、インディカーにチーム・ペンスキーから出場するチャンスを与え …

明暗分かれた大物ルーキーたちのインディカー開幕戦。グロージャンは対応能力の高さをみせる(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 バーバー・モータースポーツパークで開幕した2021年のNTTインディカー・シリーズ。2019、2020年とルーキー当たり年だったが、2021年は異色のドライバー3人がルーキーとして参戦する。

マクラーレン、LMDhの評価段階であることを認めるも「決定はまだ」とザック・ブラウン

ランボルギーニもそうだけどスーパーカー作ってるメーカーがLMDhを選ぶのはちょっとねえこういったこだわりの差が回り回って量産車の中古相場 …

マクラーレン、LMDhの評価段階であることを認めるも「決定はまだ」とザック・ブラウン | ル・マン/WEC | autosport web
 マクラーレンは、LMDhプロジェクトの評価に関する立場を明確にした。同社のCEOであるザック・ブラウンは、「プロセスは進行中であるが、決定には至っていない」と述べている。 マクラーレンはIMSAとACOフランス西部自動車クラブによる"コンバージェンス"交渉の初期段階からテクニカル・ワーキンググループに参加しており、世...

【レース参加95周年を記念】マセラティ レヴァンテとギブリに特別仕様車設定 上海モーターショー …

マセラティは数年の休止期間を経て、新型スーパーカーMC20のレース仕様でモータースポーツに復帰する予定だ。 かつてのレースマシンにオマージュ.

【レース参加95周年を記念】マセラティ レヴァンテとギブリに特別仕様車設定 上海モーターショー2021 | AUTOCAR JAPAN
マセラティは、モータースポーツデビューから95周年を記念し、ヘリテージスタイルの2台の特別仕様車を発表。

1400馬力超えの「紅旗S9」爆誕! 価格は億超えもある? 最高時速400キロ以上のハイパーカーとは

□1400馬力超えのハイパーカー「紅旗・S9」爆誕! … 200㎞以上出したら分解して壊れそう何より中国のスーパーカーなんかに命預けられないよ.

1400馬力超えの「紅旗S9」爆誕! 価格は億超えもある? 最高時速400キロ以上のハイパーカーとは(くるまのニュース) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
■1400馬力超えのハイパーカー「紅旗・S9」爆誕! 2021年4月19日から中国・上海で開催中の上海モーターショー2021にて、中国の第一汽車は自社の高級ブランド「紅旗」から同社初となるハイパーカー、「S9」の量産モデルを公開しました。 ...

不朽の名車、ランボルギーニ・ミウラSV初披露から50年|特徴的な「まつげ」が消えた理由は?

こうしてランボルギーニのプロダクションの中で、最も高い人気を誇るミウラSVは、その時代の「スーパーカー」というコンセプトを最高の形で表現 …

不朽の名車、ランボルギーニ・ミウラSV初披露から50年|特徴的な「まつげ」が消えた理由は?
2021年はカウンタックLP500が発表されてから50周年だが、もう一台、忘れてはならない名車も同じ場で初披露されている。50年前の1971年3月、ジュネーヴモーターショーのカロッツェリア・ベルトーネのスペースに展示されたミウラSVだ。「ヴ・・・

初披露から50年を経た「ランボルギーニ ミウラ P400SV」を振り返る【スーパーカー】

スーパーカーのルーツ的存在である、ランボルギーニ ミウラ。その最終進化形となった「P400SV(以下、SV)」が初披露されてから50年が過ぎた。

初披露から50年を経た「ランボルギーニ ミウラ P400SV」を振り返る【スーパーカー】(Webモーターマガジン)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
スーパーカーのルーツ的存在である、ランボルギーニ ミウラ。その最終進化形となった「P400SV(以下、SV)」が初披露されてから50年が過ぎた。そこで、ランボルギーニ社から送られてきた画像とともに、このミウラSVについて改めて振り返ってみる...(ヘッドライン)
タイトルとURLをコピーしました