1億円超の日産「GT-R」のエンジンをニスモが開発! 超ド級の720馬力のスーパーカ ーとは?

1億円超の日産「GT-R」のエンジンをニスモが開発! 超ド級の720馬力のスーパーカーとは?

超ド級の720馬力のスーパーカーとは? 2021/04/24 17:10 くるまのニュース. 1/ …

1億円超の日産「GT-R」のエンジンをニスモが開発! 超ド級の720馬力のスーパーカーとは?(くるまのニュース) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
■レースエンジン開発のノウハウを活用 ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)は、高性能なエンジンとトランスアクスルを開発し、日産がイタルデザインと共同開発した限定モデル「Nissan GT-R50 by イタルデザイン」へ...

エキスパートに聞く、タイヤローテーション(位置交換)の頻度とポイント

今回話をうかがったのは、「マクラーレン・フィラデルフィア」の上級技術者であるケヴィン・ハインズ氏。ここは英国の高級スーパーカーのメーカー …

エキスパートに聞く、タイヤローテーション(位置交換)の頻度とポイント(MEN’S CLUB) - Yahoo!ニュース
タイヤローテーションをどの程度の頻度で実施すべきか、エキスパートにポイントを聞いてみました。

1億円超の日産「GT-R」のエンジンをニスモが開発! 超ド級の720馬力のスーパーカーとは?

7000万円超えの和製スーパーカー レクサス「LFA」 超ド派手カラーが実はあった! 日産「GT-R NISMO」をベースにしたGT-R50 by イタルデザイン …

1億円超の日産「GT-R」のエンジンをニスモが開発! 超ド級の720馬力のスーパーカーとは?(くるまのニュース)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
■レースエンジン開発のノウハウを活用 ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)は、高性能なエンジンとトランスアクスルを開発し、日産がイタルデザインと共同開発した限定モデル「Nissan GT-R50 by イタルデザイン」へ...(ヘッドライン)

熱烈ファンはいても「ニッチ」ゆえに「いつ消えても」おかしくない! 買わないと「後悔必至」の …

… を搭載したマイクロスーパーカーということで非常にニッチなモデルであったが、法改正の影響を受けて販売終了となったわけで、現在販売されて …

熱烈ファンはいても「ニッチ」ゆえに「いつ消えても」おかしくない! 買わないと「後悔必至」のクルマ3選(WEB CARTOP) - Yahoo!ニュース
 我々クルマ好きにとって、夢や希望を抱かせてくれるクルマも少なくないが、メーカーにとってはそれが商売であるから、一部のユーザーに深く刺さるようなモデルであっても販売台数が伸びなければ長きにわたって販

【ノーマルのGRヤリスと比較】トヨタGRヤリス(3) 長期テスト サーキット・パッケージの有無

スーパーカーやケーターハムなど、シリアスなドライバーズカーを所有していて、扱いやすく楽しいロードカーが欲しいなら、標準のGRヤリスは最高 …

【ノーマルのGRヤリスと比較】トヨタGRヤリス(3) 長期テスト サーキット・パッケージの有無 | AUTOCAR JAPAN
英国編集部の評価も極めて高いトヨタGRヤリス。ホットなラリーレプリカを日常使いすることで、クルマの本性に迫ります。

単なるハイブリッドをつくらない。マクラーレンの稀有な企業姿勢

レーシングカーの世界で50年以上の歴史があり、最前線で得られるノウハウを惜しみなく市販車へ投入するスーパーカーブランドだ。芸術的な流線型 …

単なるハイブリッドをつくらない。マクラーレンの稀有な企業姿勢
4月13日、マクラーレン・オートモーティブは、新たなシリーズラインナップとなる量産型PHEV「アルトゥーラ」を日本初公開した。マクラーレンといえば、F1のイメージが強い。レーシングカーの世界で50年以上の歴史があり、最前線で得られるノウハウ

『昭和40年男』増刊号『ザ・タイムマシン』の4発目! 1977→1974編は…只今発売中で~す …

スーパーカーブーム直撃の昭和40年男世代にとっては、永遠の憧れたる象徴的なマシンですよね。 今回は1977年から74年をフィーチャー、ということ …

『昭和40年男』増刊号『ザ・タイムマシン』の4発目! 1977→1974編は…只今発売中で~す♪ カウンタックでS40→50シフトの重要期へGo!! | ガジェット通信 GetNews
『昭和40年男』増刊号『ザ・タイムマシン』の4発目! 1977→1974編は…只今発売中で~す♪ カウンタックでS40→50シフトの重要期へGo!!

不朽の名車、ランボルギーニ・ミウラSV初披露から50年|特徴的な「まつげ」が消えた理由は?

【半世紀を経てもなお人々を魅了し続ける永遠のスーパーカー、ミウラSV】(写真10点). こうしてランボルギーニのプロダクションの中で、最も高い …

不朽の名車、ランボルギーニ・ミウラSV初披露から50年|特徴的な「まつげ」が消えた理由は? - ライブドアニュース
2021年はカウンタックLP500が発表されてから50周年だが、もう一台、忘れてはならない名車も同じ場で初披露されている。50年前の1971年3月、ジュネーヴモーターショーのカロッツェリア・ベルトーネのスペースに展示さ

残念すぎる「東京モーターショー開催中止」! 過去出展された「幻のオープンカー」コンセプト9 …

光岡自動車は2001年の第35回東京モーターショーに、インパクト十分のスーパーカー、オロチを出品している。その2年後のショーには日本の …

残念すぎる「東京モーターショー開催中止」! 過去出展された「幻のオープンカー」コンセプト9連発 | ガジェット通信 GetNews
残念すぎる「東京モーターショー開催中止」! 過去出展された「幻のオープンカー」コンセプト9連発
タイトルとURLをコピーしました