スズキが新型「GSX-S1000」を2021年6月に発売 よりスポーティーかつ乗りやすいバイ クに進化

スズキが新型「GSX-S1000」を2021年6月に発売 よりスポーティーかつ乗りやすいバイクに進化

スズキは2021年4月26日、ネイキッドタイプの大型二輪モデル「GSX-S1000」に全面改良を施し、同年6月より欧州を始め世界各国で順次販売を開始 …

スズキが新型「GSX-S1000」を2021年6月に発売 よりスポーティーかつ乗りやすいバイクに進化 【ニュース】 - webCG
スズキがネイキッドタイプの大型二輪モデル「GSX-S1000」に全面改良を施し、2021年6月に欧州より発売すると発表した。従来型よりエンジンの出力を向上させたほか、新たに電子制御システム「S.I.R.S.」を採用。よりアグレッシブになったデザインも特徴となっている。

スズキ、新型『GSX-S1000』発表。性能の高さを継承しつつ、アグレッシブなデザインを採用

スズキは4月26日、ストリートバイクの『GSX-S1000』を全面改良し、6月より欧州をはじめとする世界各国で順次販売を開始すると発表した。

スズキ、新型『GSX-S1000』発表。性能の高さを継承しつつ、アグレッシブなデザインを採用 | MotoGP | autosport web
 スズキは4月26日、ストリートバイクの『GSX-S1000』を全面改良し、6月より欧州をはじめとする世界各国で順次販売を開始すると発表した。 GSX-S1000は、スズキが誇るスーパースポーツバイク『GSX-R1000』のエンジンと車体をストリート向けにチューニングした、高揚感のある加速と軽快な走りを楽しめるストリー...

スズキ、スバル、ダイハツ、トヨタ、マツダが次世代車載通信機の共同開発

スズキ、スバル、ダイハツ工業、トヨタ自動車、マツダは4月27日、より安全で快適なコネクティッドサービスの早期提供に向けて、5社で次世代の …

スズキ、スバル、ダイハツ、トヨタ、マツダが次世代車載通信機の共同開発
 スズキ、スバル、ダイハツ工業、トヨタ自動車、マツダは4月27日、より安全で快適なコネクティッドサービスの早期提供に向けて、5社で次世代の車載通信機の技術仕様を共同で開発し、通信システムの共通化を推進することに合意したと発表した。

スズキ、新型「ハヤブサ」をインドで発売

スズキのインドにおける2輪車の生産販売子会社スズキ・モーターサイクル・インディア(SMIPL)は4月26日(現地時間)、新型「 …

スズキ、新型「ハヤブサ」をインドで発売
 スズキのインドにおける2輪車の生産販売子会社スズキ・モーターサイクル・インディア(SMIPL)は4月26日(現地時間)、新型「ハヤブサ(Hayabusa)」を発表した。日本から部品を輸出し、SMIPLの工場で組み立てを行ない、5月よりインド国内で販売を開始する。

スズキの相良工場2カ月連続で停止 5月10〜12日、半導体不足で

スズキが相良工場(静岡県牧之原市)の四輪車生産ラインを、大型連休明けの五月十〜十二日の三日間停止することが分かった。世界的な半導体不足 …

スズキの相良工場2カ月連続で停止 5月10〜12日、半導体不足で:中日新聞Web
スズキが相良工場(静岡県牧之原市)の四輪車生産ラインを、大型連休明けの五月十〜十二日の三日間停止することが分かった。世界的な半導体不足...

印マルチ・スズキ、1 3月は9.7%減益 需要減やコスト増で

ベンガルール 27日 ロイター] – インド大手自動車メーカー、マルチ・スズキ・インディアは27日、1─3月期決算で9.7%の減益を発表した。

印マルチ・スズキ、1─3月は9.7%減益 需要減やコスト増で
インド大手自動車メーカー、マルチ・スズキ・インディアは27日、1─3月期決算で9.7%の減益を発表した。新型コロナウイルスの感染拡大による需要の落ち込みや原料コスト高騰が響いた。

印マルチ・スズキ、1 3月は9.7%減益 需要減やコスト増で

去年は新型コロナの影響で自動車販売は大幅に減少したが、マルチ・スズキのインドでの販売は過去2四半期で上向いた。公共交通機関の利用が減った …

印マルチ・スズキ、1─3月は9.7%減益 需要減やコスト増で
インド大手自動車メーカー、マルチ・スズキ・インディアは27日、1─3月期決算で9.7%の減益を発表した。新型コロナウイルスの感染拡大による需要の落ち込みや原料コスト高騰が響いた。

内燃機関超基礎講座 | スズキの低燃費技術 「ENE-CHARGE」と「ECO-COOL」の仕組み

スズキは、アイドリングストップ中でもエアコンなどの電装品を作動させるため、減速時にオルタネーターで発電し、その電力をリチウムイオン2次 …

内燃機関超基礎講座 | スズキの低燃費技術 「ENE-CHARGE」と「ECO-COOL」の仕組み|Motor-FanTECH[モーターファンテック]
軽自動車でアイドリングストップを有効に使う「ENE-CHARGE」。 システム開発のカギは、軽自動車の車両価格を上昇させないような低コスト化と、システム重量を低く抑えることだった。 TEXT & PHOTO:牧野茂雄(MAKINO Shigeo) FIGURE:SUZUKI

デザイン一新! スズキ、ストリートバイク 新型「GSX‐S1000」を発表

(スズキ・インテリジェント・ライド・システム)を新たに搭載することで、より扱いやすさとスポーティなライディングを両立できるストリートバイクと …

デザイン一新! スズキ、ストリートバイク 新型「GSX‐S1000」を発表|Motor-Fan Bikes[モータファンバイクス]
スズキ株式会社は、ストリートバイク「GSX-S1000」を全面改良し、6月より欧州をはじめ世界各国で順次販売を開始する。

マルチスズキ通年は減収減益 供給不足で工場はフル稼働=会長

インドの乗用車最大手マルチ・スズキの2020/21年度(20年4月~21年3月)の単体決算は2期連続の減収減益だった。コロナ禍を受け国内販売も2 …

マルチスズキ通年は減収減益 供給不足で工場はフル稼働=会長 インド・自動車・二輪車
インドの乗用車最大手マルチ・スズキの2020/21年度(20年4月~21年3月)の単体決算は2期連続の減収減益だった。コロナ禍を受け国内販売も2期連続で縮小したものの、バルガバ会長は27日にオンラインで開いた記者会…

スズキが新型「GSX-S1000」を正式発表! スタイリングを一新、ウイングも装備した大胆モデル …

2021年4月26日、スズキは大型ネイキッドスポーツ「GSX-S1000」のモデルチェンジを発表した。

スズキが新型「GSX-S1000」を正式発表! スタイリングを一新、ウイングも装備した大胆モデルチェンジ【2021速報】 - webオートバイ
2021年4月26日、スズキは大型ネイキッドスポーツ「GSX-S1000」のモデルチェンジを発表した。

スズキの原付二種スクーター「アドレス110」【1分で読める 2021年に新車で購入可能なバイク …

スズキ「ADDRESS 110」 税込価格:22万5500円アドレスシリーズの中で、スリムでフラットなフロアを備える車体に、走行安定性に優れる前後14 …

スズキの原付二種スクーター「アドレス110」【1分で読める 2021年に新車で購入可能なバイク紹介】 - webオートバイ
スズキ「ADDRESS 110」 税込価格:22万5500円 アドレスシリーズの中で、スリムでフラットなフロアを備える車体に、走行安定性に優れる前後14インチホイールを装着したハイホイールスタイルが特徴のモデル。 装備重量100kgと非常に軽量で取り回しもしやすく、優れた燃費性能と低中速域での良好な加速性能を実現する1...
タイトルとURLをコピーしました