トヨタとイオン、物流領域で協業の検討開始 物流改善やカーボンニュートラルで 新たな取り組み

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

トヨタとイオン、物流領域で協業の検討開始 物流改善やカーボンニュートラルで新たな取り組み

新たな取り組みでは、イオングローバルSCMが培った小売業の物流ノウハウと、トヨタのトヨタ生産方式(TPS:Toyota Production System)の …

トヨタとイオン、物流領域で協業の検討開始 物流改善やカーボンニュートラルで新たな取り組み
 トヨタ自動車とイオンの物流機能子会社イオングローバルSCMは4月27日、物流領域において、物流改善やカーボンニュートラルなど新たな取り組みについて検討を進めていくことで合意したと発表した。

スズキ/スバル/ダイハツ/トヨタ/マツダの5社が次世代車載通信機の技術仕様の共同開発に合意

今回の共同開発においては、トヨタが開発した車載通信機技術をベースに、スズキ、スバル、ダイハツ、マツダが保有する技術を盛り込みながら、 …

スズキ/スバル/ダイハツ/トヨタ/マツダの5社が次世代車載通信機の技術仕様の共同開発に合意 【ニュース】 - webCG
スズキ、スバル、ダイハツ工業、トヨタ自動車およびマツダは2021年4月27日、次世代車載通信機の技術仕様の共同開発に合意。より安全で快適なコネクティッドサービスの早期提供に向け、通信システムの共通化を推進すると発表した。

トヨタは「2本立て」「4協力社」なぜ揃えた? 車の電動化対応における主要8社の違いとは

EV開発でトヨタがパートナー企業4社と取り組む理由とは. 中国で2021年4月19日に開幕した上海モーターショー2021を契機として、日本の自動車 …

トヨタは「2本立て」「4協力社」なぜ揃えた? 車の電動化対応における主要8社の違いとは
2050年のカーボンニュートラルに向けて、各自動車メーカーもクルマの電動化(EV、HV、PHEVなど含む)への対応を加速しており、2021年4月19日に開幕した上海モーターショー2021ではさまざまな電動SUVが出展されました。しかし、日本の自動車メーカー間で対応の方法や温度感に違いがあるというのですが、いったいどのよ...

トヨタ、世界販売トップ 国内8社生産は15.8%減―20年度

トヨタ自動車が28日発表した2020年度のグループ世界販売台数(ダイハツ工業、日野自動車を含む)は、前年度比5.1%減の約991万台 …

トヨタ、世界販売トップ 国内8社生産は15.8%減―20年度:時事ドットコム
トヨタ自動車が28日発表した2020年度のグループ世界販売台数(ダイハツ工業、日野自動車を含む)は、前年度比5.1%減の約991万台だった。独フォルクスワーゲンを抑え2年連続で首位。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けたが、好調な中国での販売をけん引役に秋以降は回復基調が鮮明となった。 一方、トヨタを含む国内自動車大...

トヨタ、米リフトの自動運転部門を買収

香港(CNN Business) トヨタ自動車が米配車サービス大手リフトの自動運転部門「レベル5」を5億5000万ドル(約600億円)で …

トヨタ、米リフトの自動運転部門を買収
トヨタ自動車が米配車サービス大手リフトの自動運転部門「レベル5」を5億5000万ドル(約600億円)で買収することがわかった。両社は今回の買収によって世界各地の約1200人の研究者やエンジニアからなる「ドリームチーム」が出来上がるとうたっている。

トヨタのハイブリッド大型ミニバン、『シエナ』にアウトドア冒険仕様…最低地上高を引き上げ

トヨタ自動車の米国部門は4月27日、新型『シエナ』(Toyota Sienna)に「ウッドランドエディション」を設定すると発表した。

トヨタのハイブリッド大型ミニバン、『シエナ』にアウトドア冒険仕様…最低地上高を引き上げ | レスポンス(Response.jp)
◆専用ボディカラーの「セメント」 ◆通常はオプションの「エレクリック・オン・デマンドAWD」が標準 ◆日本の新幹線からインスピレーションを得たフロントマスク ◆「ブリッジコンソール」を備えた開放的なインテリア

トヨタ系主要8社、脱炭素・半導体不足課題に

トヨタ自動車グループの部品メーカーなど主要8社は28日、2022年3月期の連結業績見通しを発表した。8社中7社が最終増益を示している。

トヨタ系主要8社、脱炭素・半導体不足課題に
トヨタ自動車グループの部品メーカーなど主要8社は28日、2022年3月期の連結業績見通しを発表した。8社中7社が最終増益を示している。オンラインでの記者会見に臨んだ各社のトップからは「脱炭素」の取り組みや半導体不足が今期の課題になるとの声が相次いだ。ジェイテクトは日本国内と北米、中国で35年に温暖化ガスの排出量を実質ゼ...

全長5m超え!アルファードと違う!トヨタ新型「シエナ」 2021年秋にアウトドア仕様を米国で …

2021年4月27日、トヨタの北米法人は、新型「シエナ(2022年モデル)」として「ウッドランド・スペシャル・エディション」を2021年秋に発売する …

全長5m超え!アルファードと違う!トヨタ新型「シエナ」 2021年秋にアウトドア仕様を米国で発売!
2021年4月27日、トヨタの北米法人は、新型「シエナ(2022年モデル)」として「ウッドランド・スペシャル・エディション」を2021年秋に発売することを発表しました。

トヨタ人気車「ルーミー」の影でひっそり消滅!? 姉妹車「タンク」がたどった道とは?

かつて、トヨタ「ルーミー」には「タンク」という姉妹車が設定されていました。ルーミーとタンクはそれぞれ、どのような違いがあったのでしょ …

トヨタ人気車「ルーミー」の影でひっそり消滅!? 姉妹車「タンク」がたどった道とは?
かつて、トヨタ「ルーミー」には「タンク」という姉妹車が設定されていました。ルーミーとタンクはそれぞれ、どのような違いがあったのでしょうか。

トヨタ、水素エンジン搭載「カローラスポーツ」を初公開 24時間耐久レースに挑戦

公開された水素エンジン車は、トヨタ自動車社長 豊田章男氏がオーナーを務める「ORC ROOKIE Racing」の参戦車両として、5月21日~23日に行なわ …

トヨタ、水素エンジン搭載「カローラスポーツ」を初公開 24時間耐久レースに挑戦
 トヨタ自動車は4月28日、「カローラ スポーツ」に水素エンジンを搭載した競技車両を富士スピードウェイで初公開した。公開された水素エンジン車は、トヨタ自動車社長 豊田章男氏がオーナーを務める「ORC ROOKIE Racing」の参戦車両として、5月21日~23日に行なわれるスーパー耐久シリーズ2021「第3戦 NAP...

TOYOTA NEWS #138|気になる“音”を初公開 水素エンジンのテスト現場に潜入|トヨタイムズ

4月22日、豊田章男社長とGAZOO Racing カンパニーの佐藤恒治プレジデント出席のもと、トヨタが “水素エンジン”の開発に取り組んでいることが …

TOYOTA NEWS #138|気になる“音”を初公開 水素エンジンのテスト現場に潜入|トヨタイムズ
トヨタが発表した水素エンジン。新しいユニットが奏でるサウンドはいかなるものか。トヨタイムズで絶賛公開中。 #トヨタイムズ
タイトルとURLをコピーしました