ランチアの伝説再び!「037」がPHEVスーパーカーで帰ってくる!?【動画】

ランチアの伝説再び!「037」がPHEVスーパーカーで帰ってくる!?【動画】

キメラオートモービルは、ランチア伝説の「037」に敬意を表して、新型ハードコアスーパーカーを提供する計画を発表、そのティザーイメージと動画 …

ランチアの伝説再び!「037」がPHEVスーパーカーで帰ってくる!?【動画】 | clicccar.com
■2L直4に電気駆動のスーパーチャージャーを搭載、550馬力に キメラオートモービルは、ランチア伝説の「037」に敬意を表して、新型ハードコアスーパーカーを提供する計画を発表、そのティザーイメージと動画をリリースしました。

なぜランボルギーニは日本で愛されるのか? 2000万円超スーパーカーの知られざる世界

これからのスーパーカーとは? ランボルギーニならではの魅力. 2020年9月、ランボルギーニ・ジャパンの新代表にダビデ・スフレコラ氏が就任した。

なぜランボルギーニは日本で愛されるのか? 2000万円超スーパーカーの知られざる世界(GQ JAPAN) - Yahoo!ニュース
ランボルギーニ・ジャパンの新代表に就任したダビデ・スフレコラ氏に、大谷達也がインタビュー。日本市場における今後の展望などを訊いた。

前澤友作氏「ロールスロイスとエルメスの初コラボ」高級車を購入 オーダーから3年半

前澤氏は大の車好きとしても知られ、「前澤友作スーパーカープロジェクト」なども手がけた。19年4月にはツイッターでスーパーカーの助手席に …

前澤友作氏「ロールスロイスとエルメスの初コラボ」高級車を購入 価格は「明かせません」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
 実業家の前澤友作氏が28日、インスタグラムを更新。超高級車を購入したことを報告した。

電動モーター、最大350キロワット高出力 ヤマハ発動機が開発受託開始

ヤマハ発動機はこのほど、高速で走るスーパーカーなどの電気自動車(EV)に対応する高出力帯の電動モーターユニットを開発、試作開発受託を …

電動モーター、最大350キロワット高出力 ヤマハ発動機が開発受託開始|あなたの静岡新聞
ヤマハ発動機はこのほど、高速で走るスーパーカーなどの電気自動車(EV)に対応する高出力帯の電動モーターユニットを開発、試作開発受託を始めた。最大350キロワット…

初披露から50年を迎えたランボルギーニのスポーツカー「Miura SV」の色褪せない魅力

… SVは、その時代の「スーパーカー」というコンセプトを最高の形で表現した1台として、Miuraの各モデルの中でも最高峰と認められている。

初披露から50年を迎えたランボルギーニのスポーツカー「Miura SV」の色褪せない魅力|@DIME アットダイム
ランボルギーニ「Miura SV」50年前の1971年3月、ジュネーブモーターショーのカロッツェリア・ベルトーネの展示スペースにて、大成功を収めたP400プロジェクトの最終進化形、 Miura SVが初披露された。同モ...

KID FRESINO、初の主催イベントでリスペクトする同世代アーティストと競演「またぜひやりま …

その勢いのまま「天使とスーパーカー」「カウボーイ」をエネルギッシュに演奏したカネコは、最新アルバム「よすが」から「抱擁」を伸びやかに …

KID FRESINO、初の主催イベントでリスペクトする同世代アーティストと競演「またぜひやりましょう」(音楽ナタリー) - Yahoo!ニュース
KID FRESINOによる主催イベント「another 5 years」が、4月24日に東京・LIQUIDROOMで開催された。

あっという間に日常に馴染んで使いやすいランボルギーニのスーパーSUV「ウルス」の完成度

クルマ好きの思いとは少しばかり違った. 1970年代中盤、熱狂とも言えるスーパーカーブームを作った漫画家、池沢早人師(さとし)先生への取材中 …

あっという間に日常に馴染んで使いやすいランボルギーニのスーパーSUV「ウルス」の完成度|@DIME アットダイム
クルマ好きの思いとは少しばかり違った1970年代中盤、熱狂とも言えるスーパーカーブームを作った漫画家、池沢早人師(さとし)先生への取材中、ランボルギーニにまつわる、ある話を聞いたことがある。「ラン...

日産GT-R、誕生から14年の全歴史に見た超進化

R35は2007年に登場。「いつでも、どこでも、誰でも」そのパフォーマンスを体感できる「マルチパフォーマンススーパーカー」をコンセプトに、 …

日産GT-R、誕生から14年の全歴史に見た超進化 | 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
R35型と呼ばれる「GT-R」が登場してから14年が経過した。ここ数年、日産自動車のモデルサイクルの長さは経営課題の1つだったが、その中でも群を抜くロングライフだ。といっても、放置されてきたのではなく、毎年の…

ランボルギーニと夢のコラボ!すべてがゴージャスなドゥカティのスペシャルモデル「Diavel 1260 …

… フレームなど随所にカーボンファイバー製パーツをおごり、スーパーカーのブランド名を冠するにふさわしい高品位な仕上がりとなっている。

ランボルギーニと夢のコラボ!すべてがゴージャスなドゥカティのスペシャルモデル「Diavel 1260 Lamborghini」|@DIME アットダイム
二輪と四輪のイタリアンブランドが夢のコラボレーションを果たした。「ドゥカティ・ディアベル1260ランボルギーニ」は、ハイブリッドV12エンジンを搭載するランボルギーニのフラッグシップ、シアンFKP37にインス...

まさに最強タッグ! 名門メーカーとのコラボで誕生した車5選

1億円オーバーで販売されたスーパーマシン「Nissan GT-R50 by Italdesign」 … そのなかの1台が、高級スペシャリティカー「117クーペ」の後継車 …

まさに最強タッグ! 名門メーカーとのコラボで誕生した車5選
各自動車メーカーとも、すべての開発業務を自社だけでおこなっているわけではありません。一部の開発をエンジニアリング会社に委託することは珍しくなく、時にはメーカーの垣根を越えて協業することもあります。そこで、名門メーカーとのコラボによって誕生したクルマを、5車種ピックアップして紹介します。
タイトルとURLをコピーしました