フェラーリが放つ新型「812GTS」は耳で味わうV12エンジンの最終章か!?

フェラーリが放つ新型「812GTS」は耳で味わうV12エンジンの最終章か!?

フェラーリのフラッグシップモデルである、「812スーパーファスト」のスパイダーモデルとして登場した「812GTS」。アウディ「R8スパイダー」や …

フェラーリが放つ新型「812GTS」は耳で味わうV12エンジンの最終章か!? | VAGUE | ヴァーグ
フェラーリのフラッグシップモデルである、「812スーパーファスト」のスパイダーモデルとして登場した「812GTS」。アウディ「R8スパイダー」やマクラーレン「720スパイダー」など、圧倒的速さとオープンボディを両立させるクルマは少なくない。しかし環境保護が進むこの時代、V12をフロント搭載するオープンモデルとなると、数...

マクラーレン、中団争いリードも”引き際”はしっかり?「2022年マシン開発には明確なプランが …

2021年のF1は2レースを終え、マクラーレンやフェラーリ、アルファタウリの3チームがペース的に互角のパフォーマンスを発揮している。しかし決勝 …

マクラーレン、中団争いリードも”引き際”はしっかり?「2022年マシン開発には明確なプランがある」(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 2021年のF1は2レースを終え、マクラーレンやフェラーリ、アルファタウリの3チームがペース的に互角のパフォーマンスを発揮している。しかし決勝レースではマクラーレンが結果を残し、フェラーリに7ポイ

マクラーレン、中団争いリードも”引き際”はしっかり?「2022年マシン開発には明確なプランが …

しかし決勝レースではマクラーレンが結果を残し、フェラーリに7ポイント差をつけてコンストラクターズランキング3番手につけている。 一方で、今季 …

マクラーレン、中団争いリードも”引き際”はしっかり?「2022年マシン開発には明確なプランがある」
マクラーレンは、激しい中団争いが2022年のF1マシン開発に悪影響を与えないよう、いつ開発を2022年のマシンにシフトするのか、明確なプランを立てているという。

若手アメリカ人ドライバー、コルトン・ハータに注目集まる。インディカー4勝目を挙げ、F1 …

でもフェラーリとなら契約する。彼らがあのようなマシンに僕を乗せてくれるなら、そのマシンをドライブして、トップチームへ行けるように努力 …

若手アメリカ人ドライバー、コルトン・ハータに注目集まる。インディカー4勝目を挙げ、F1チーム代表からメッセージも(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 NTTインディカー・シリーズに参戦するアメリカ人ドライバーのコルトン・ハータは、ハースからF1に参戦することに“興味がある”と発言したが、それはフェラーリが支援するプログラムに所属できる場合だけだ

ドイツのT3モータースポーツがランボルギーニ・ウラカンGT3でのDTM参戦を発表

【写真】2021年のDTMに参戦するアルファタウリ・AFコルセのフェラーリ488 GT3 Evo 昨年のADAC GTマスターズでベントレーとアウディのマシンを …

ドイツのT3モータースポーツがランボルギーニ・ウラカンGT3でのDTM参戦を発表(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 ドイツのT3モータースポーツは、2021年のDTMドイツ・ツーリングカー選手権に、1台のランボルギーニ・ウラカンGT3 Evoで参戦すると発表した。ドライバーには若手のエステバン・ムースを起用する

ルーキー間の緊張が高まるハース、マゼピン「ミックには僕が知らないアドバンテージがあり …

でもフェラーリ・ドライバー・アカデミーの一員であるミックはフェラーリのものを使えるだろう。彼には僕が知らないアドバンテージがあり …

ルーキー間の緊張が高まるハース、マゼピン「ミックには僕が知らないアドバンテージがありそうだ」(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 ハースにとって2021年シーズンのF1は苦しい戦いが続いている。2戦を終えての獲得ポイントはゼロ。フリー走行や予選では最後尾が指定席となりつつある。ハースは開幕前から早々に2021年型マシン『VF

ランド・ノリス 「メルセデスやレッドブル・ホンダと戦えるペースはある」

ランド・ノリスは、シーズンへの力強いスタートを続けており、フェラーリ勢と予選で上回られたチームメイトのダニエル・リカルドを再び打ち …

マクラーレンF1のランド・ノリス 「メルセデスやレッドブル・ホンダと戦えるペースはある」
ランド・ノリスは、マクラーレンが今週末のF1ポルトガルGPでメルセデスやレッドブル・ホンダと戦えるペースを持っていることを期待している。前戦F1エミリア・ロマーニャGPでランド・ノリスは自身2度目の表彰台を獲得。最終的には抜かれたものの、レース終盤、挽回していくるメルセデスF1のルイス・ハミルトンは数周にわたって抑えて...
タイトルとURLをコピーしました