ホンダ シビック 50周年、初代モデルとレース仕様を展示予定…オートモビルカウン シル2022

ホンダ シビック 50周年、初代モデルとレース仕様を展示予定…オートモビルカウンシル2022

ホンダは、4月15日から17日の3日間、幕張メッセで開催される「オートモビルカウンシル 2022」に、今年で発売から50周年を迎える『シビック』をテーマに出展 …

ホンダ シビック 50周年、初代モデルとレース仕様を展示予定…オートモビルカウンシル2022 | レスポンス(Response.jp)
ホンダは、4月15日から17日の3日間、幕張メッセで開催される「オートモビルカウンシル 2022」に、今年で発売から50周年を迎える『シビック』をテーマに出展する。

ホンダがオンライン新車販売の展開エリアを拡大した決め手 – ニュースイッチ

ホンダは2021年10月、都内84カ所のホンダカーズでの納車を対象にホンダオンを始めた。ホンダオンはオンライン上で商談や見積もり、査定、契約が可能な …

ホンダがオンライン新車販売の展開エリアを拡大した決め手|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社
こちらは、ホンダがオンライン新車販売の展開エリアを拡大した決め手のページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。

発表!!【アンケート調査】歴代ホンダ ステップワゴン との思い出…新型登場を前に

ホンダからスタイリングが新しくなったミニバン『ステップワゴン』が今春発売される。そこで歴代のステップワゴンのうち、読者諸兄姉の思い出に残るのは何 …

発表!!【アンケート調査】歴代ホンダ ステップワゴン との思い出…新型登場を前に | レスポンス(Response.jp)
ホンダからスタイリングが新しくなったミニバン『ステップワゴン』が今春発売される。そこで歴代のステップワゴンのうち、読者諸兄姉の思い出に残るのは何代目かといったアンケート調査をさせていただいた。今記事ではその結果を紹介させていただく。

ホンダが迷彩色の新「UTV」を発表!? 新型「パイオニア1000フォレスト」がカッコいい 246万円 …

米国ホンダが、1リッターエンジンを搭載する四輪バギー(UTV)「パイオニア1000」の新型モデルを4月に発売すると発表しました。

ホンダが迷彩色の新「UTV」を発表!? 新型「パイオニア1000フォレスト」がカッコいい 246万円から 米で登場(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 米国ホンダが、1リッターエンジンを搭載する四輪バギー(UTV)「パイオニア1000」の新型モデルを4月に発売すると発表しました。

「ホンダのF1撤退は拙速だったのでは」電気 … – PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

ホンダはカーボンニュートラルの実現に開発資源を集中するとして、2021年シーズンをもってF1から撤退した。だが、自動車業界に詳しいマーケティング/ …

「ホンダのF1撤退は拙速だったのでは」電気自動車100%宣言をしながらF1参戦を企む欧州メーカーの狡猾戦略 欧州勢の本音は「本格的なBEV時代はまだ当分先…」
ホンダはカーボンニュートラルの実現に開発資源を集中するとして、2021年シーズンをもってF1から撤退した。だが、自動車業界に詳しいマーケティング/ブランディングコンサルタントの山崎明氏は、「本音と建前を駆使する欧州メーカーの動向をみるかぎり、ホンダの判断はやや“正直にすぎた”のではないか」と指摘する──。

ホンダCBX400F ……ではありません! これはエイプ50、原付です。 – モーターファン

左右に並ぶ、超お宝モデルのホンダCBX400F。でもよく見れば、写真右のCBX400Fは小さくみえる? その通り! 写真左のCBX400Fは本物だが、写真右は「トラスト …

ホンダCBX400F ……ではありません! これはエイプ50、原付です。
左右に並ぶ、超お宝モデルのホンダCBX400F。でもよく見れば、写真右のCBX400Fは小さくみえる? その通り! 写真左のCBX400Fは本物だが、写真右は「トラストライトサクセス」が手掛けた、エイプ50ベースの4MINIレプリカ。CBX400Fに採用のコムスターホイールを14インチで、しかも各部をアルミ削り出しで製...

ホンダGB350Sカスタムのお手本! アクティブのパーツでカフェレーサー風に!|東京モーター …

ノーマルのホンダGB350 S。スタンダード版のGB350もあり。 ガソリンタンクはブラック×シルバーのツートンにスペシャル塗装し、ホンダウインングマークをアレンジ …

ホンダGB350Sカスタムのお手本! アクティブのパーツでカフェレーサー風に!|東京モーターサイクルショー2022
「H'ness CB350」/「CB350 RS」として2020年9月にインド市場に登場するや、短期間で販売実績1万台を突破する人気を獲得して話題を集めた単気筒スポーツ。国内ではネーミングを改めて、2021年4月にGB350、2021年7月にGB350 Sがデビュー。新世代のビッグシングルとして大きな期待と注目を集めて...

【特集】レッドブルがホンダF1と歩んだ“軌跡”……チーム首脳陣の声と共に振り返る … – Motorsport

GP2エンジン。そうパワーユニットにレッテルを貼られたホンダF1は、失意と共にマクラーレンと袂を分かつた。早期のF1撤退も危ぶまれる中、レッドブル陣営は …

【特集】レッドブルがホンダF1と歩んだ“軌跡”……チーム首脳陣の声と共に振り返る「ホンダが唯一の道だった」
GP2エンジン。そうパワーユニットにレッテルを貼られたホンダF1は、失意と共にマクラーレンと袂を分かつた。早期のF1撤退も危ぶまれる中、レッドブル陣営はあえてホンダと組むことを選んだ。この決断に関わったキーパーソンたちが、この賭けがいかに大きな成果をもたらしたかを語る。

日本で消えたオデッセイ&エリシオンは中国で新型登場! アルファードにも迫る高級感なのに …

ホンダの元祖ミニバン「オデッセイ」が2021年末(12月24日)をもって生産終了となった。1994年の初代モデル登場以来、ホンダらしさ満載のミニバンとして人気 …

日本で消えたオデッセイ&エリシオンは中国で新型登場! なぜ日本で出さない!? - 自動車情報誌「ベストカー」
ホンダの元祖ミニバン「オデッセイ」ビッグマイナーチェンジからわずか1年の昨年末で生産終了した。今回の件含め最近のホンダはどうしちゃったの?日本は相手しないの? などの声も聞こえてくる。ホンダなりに考えた未来ビジョンがあるはずなのだが……オデッセイ廃止の真相に迫る!

ホンダ・モンキー125をスポーティに仕上げたい! 機能パーツが続々 – モーターファン

昨年にモデルチェンジを遂げて益々人気のモンキー125専用の新作パーツが盛りだくさん。ダックス125も発売されるとあって、原付二種ベースの4MINIカスタム …

ホンダ・モンキー125をスポーティに仕上げたい! 機能パーツが続々
昨年にモデルチェンジを遂げて益々人気のモンキー125専用の新作パーツが盛りだくさん。ダックス125も発売されるとあって、原付二種ベースの4MINIカスタムブームが来る予感!
タイトルとURLをコピーしました