ランボルギーニがV12最後の年に、復刻したプロトタイプのカウンタックを出展 – Yah oo!ニュース

ランボルギーニがV12最後の年に、復刻したプロトタイプのカウンタックを出展 – Yahoo!ニュース

ランボルギーニのクラシックカー部門であるランボルギーニ・ポロストリコが、パリで開催されたクラシックカー・イベントのレトロモビル2022に参加。

ランボルギーニがV12最後の年に、復刻したプロトタイプのカウンタックを出展(ENGINE WEB) - Yahoo!ニュース
ランボルギーニのクラシックカー部門であるランボルギーニ・ポロストリコが、パリで開催されたクラシックカー・イベントのレトロモビル2022に参加。自社の歴史において重要な2台のV12モデルを出展した。

ウラカン スーパートロフェオ EVO2デビュー! ランボルギーニのワンメイクシリーズに投入 【動画】

4月1〜3日、イタリアの象徴的なサーキットであるイモラにおいて、2022年シーズンのランボルギーニ・スーパートロフェオ・ヨーロッパの開幕戦が開催され …

ウラカン スーパートロフェオ EVO2デビュー! ランボルギーニのワンメイクシリーズに投入 【動画】
4月1〜3日、イタリアの象徴的なサーキットであるイモラにおいて、2022年シーズンのランボルギーニ・スーパートロフェオ・ヨーロッパの開幕戦が開催される。14年目を迎えるランボルギーニのワンメイクシリーズは、ニューマシンの「ウラカン スーパートロフェオ EVO2」のデビュー戦となり、全4クラスに37台がエントリーした。

多くのフェラーリ乗りはランボルギーニを体験すると戻れない! W所有のジャーナリストが馬か牛 …

スーパーカーオーナーのなかで、フェラーリからランボルギーニに買い替えて、再びフェラーリに戻った例は極めて少ないらしい。中古フェラーリ専門店『コーナー …

多くのフェラーリ乗りはランボルギーニを体験すると戻れない! W所有のジャーナリストが馬か牛か論争を斬る(WEB CARTOP) - Yahoo!ニュース
 私はこれまで13台のフェラーリを乗り継いできたが、途中、ランボルギーニ・カウンタックも2度購入している。そして結局、フェラーリに回帰した。

【試乗】ランボルギーニ ウラカンSTOはレーシングカーベースでストリートも走れるスーパーマシン

公道で全開にはできないが、それでもランボルギーニのDNAを全身で感じることができた。(Motor Magazine 2022年4月号より)

403 Forbidden

ランボルギーニ "ムルティプラ"、最高速度で栄光を目指す | ユーロカー・インフォ

フェラーリとランボルギーニは「親友」であり、この「特注」ランボルギーニ・ムルティプラ・スーパーヴェローチェを作るためにリソースを結集したと、同 …

ランボルギーニ “ムルティプラ”、最高速度で栄光を目指す
フィアット・ムルティプラはアメリカには入ってこなかったが、その奇抜なデザインで物議を醸したMPVは、アメリカでも知られるようになった。また、初日からミーム・オン・ホイールとして人気を博した(あるいは悪評を買った)のである。その意味するところは、現代のレビューを見てもらえばわかるだろう。

スーパースポーツ×アメ鍛=最新トレンド? 【LAGER CORPORATION:東京オートサロン2022】

合わせて読みたい. ランボルギーニ アヴェンタドール S ジャパン リミテッド エディションのフロントビュー. 日本のために作られたランボルギーニ!

スーパースポーツ×アメ鍛=最新トレンド? 【LAGER CORPORATION:東京オートサロン2022】
2年ぶりに開催された東京オートサロン2022。今回も魅力的かつ個性的なメイクスが多数出展され、クルマ趣味の多様性と可能性を存分にアピールしていた。ここでは会場で見かけた多くの出展から、GENROQ Webが厳選したモデルを紹介していく。

中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)/2022MotoGP第3戦アルゼンチンGP – autosport web

FFFと契約しランボルギーニ・スーパートロフェオに参戦 · MotoGP 2022/03/23. ラリー/WRC | 創設2年目のNitroRXが世界進出へ。2022 …

2022MotoGP:中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ) | 欠場予定だった中上貴晶、PCR検査陰性でアルゼンチンGP参戦へ/MotoGPの画像・写真(1) | autosport web

溝呂木 陽の水彩カースケッチ帳/連載最終回・第26回 ミゾロギ流・水彩クルマ絵とは?

このクルマは、皆様ご存知のランボルギーニ ミウラ。ジウジアーロの原案を、同い年の若き日のガンディー二が仕上げた、伝説のスーパーカーです。

溝呂木 陽の水彩カースケッチ帳/連載最終回・第26回 ミゾロギ流・水彩クルマ絵とは?
クルマ大好きイラストレーター・溝呂木 陽(みぞろぎ あきら)さんによる、素敵な水彩画をまじえた連載カー・コラムも今回でひとまず最終回。最終回は溝呂木さんの本来の(?)お仕事である、クルマの水彩画が出来上がるまでをお目にかけましょう。ひょっとしたら、アナタも愛車の水彩画を描きたくなるかも?

スポーツカーメーカーのSUV参入にウンザリし、ついにランドローバーが次期ディスカバリーを …

ランドローバーは、フェラーリ、ランボルギーニ、アルピーヌ、アストンマーティン、そして今やロータスまで、伝統的なスポーツカーメーカーが大型ライフ …

スポーツカーメーカーのSUV参入にウンザリし、ついにランドローバーが次期ディスカバリーをミッドエンジンスポーツカーに | トップギア・ジャパン Top Gear JAPAN
[gallery ids="47198,47196" columns="1" link="file" size 本日、英国の4x4専門メーカーであるランドローバーは、次期ランドローバー ディスカバリーをライトウェイトスポーツカーとすることを発表した。
タイトルとURLをコピーしました