ホンダのレトロな軽MR「S660 Neo Classic」終了を惜しむ声が続々! 「ズルい」と言わ しめる …

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

ホンダのレトロな軽MR「S660 Neo Classic」終了を惜しむ声が続々! 「ズルい」と言わしめる …

… □「可愛さのなかにカッコ良さがあるのがズルい」レトロなS660の魅力 ホンダアクセスが2021年5月末で受注終了を発表した「S660 Neo Classic …

ホンダのレトロな軽MR「S660 Neo Classic」終了を惜しむ声が続々! 「ズルい」と言わしめる魅力とは(くるまのニュース)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
■「可愛さのなかにカッコ良さがあるのがズルい」レトロなS660の魅力 ホンダアクセスが2021年5月末で受注終了を発表した「S660 Neo Classic KIT」について、終了が迫るいま、改めて魅力に気づいたという声がSNS上であります...(ヘッドライン)

ローテーションもできるし同サイズのほうがラク! それでも前後で「異なるサイズ」のタイヤ装着 …

日産のフェアレディZ(Z34)はフロント225/50R18、リヤ245/45R18、ホンダのS660だとフロントが165/55R15、リヤが195/45R16になっている。

ローテーションもできるし同サイズのほうがラク! それでも前後で「異なるサイズ」のタイヤ装着車が存在するワケ
乗用車の場合、世の中の大半のクルマは前後同サイズのタイヤを装着している。定期的にローテーションを行なうことで、タイヤを長持ちさせることもできるが、一部のスポーツカーには例外的に前後で異なるサイズのタイヤが選ばれている。なぜなのだろうか。
タイトルとURLをコピーしました