ロータスが投入する電気SUVは、“呼吸”するフロントグリルを備えている – Yahoo!ニ ュース

ロータスが投入する電気SUVは、“呼吸”するフロントグリルを備えている – Yahoo!ニュース

ロータスによると、エレトラはカーボンファイバーとアルミニウムを「広範囲に」使用し、(詳細はまだ未公表の)重量を抑えているという。外装のボディパネルは …

ロータスが投入する電気SUVは、“呼吸”するフロントグリルを備えている(WIRED.jp) - Yahoo!ニュース
SUV(多目的スポーツ車)が「美しい」と言われることは、まずない。無骨でクールで、ときにはスタイリッシュ──。それがSUVなのだ。

ついにロータスも参入、電気SUV「Eletre」の存在感(写真ギャラリー) | WIRED.jp

英国のロータス・カーズが、初のSUVとなる電気自動車(EV)「Eletre(エレトラ)」を発表した。「軽さ」を創業者の理念として貫いてきた同社は、いかにその …

ついにロータスも参入、電気SUV「Eletre」の存在感(写真ギャラリー)
英国のロータス・カーズが、初のSUVとなる電気自動車(EV)「Eletre(エレトラ)」を発表した。「軽さ」を創業者の理念として貫いてきた同社は、いかにその思想をSUVに落とし込んだのか。写真と動画で紹介しよう。

ロータス タイプ62-2の年内リリースに向け、ラドフォードが体制を強化 – モーターファン

Radford Lotus Type 62-2 · クライアント・エクスペリエンス部門とカスタマイズ部門を強化 · 初開催のオーナー・エクスペリエンス・デイで発表 …

ロータス タイプ62-2の年内リリースに向け、ラドフォードが体制を強化
元F1ドライバーのジェンソン・バトンや、テレビパーソナリティのアント・アンステッドらによって復活を果たした英国のコーチビルダー「ラドフォード(Radford)」。同社が開発する「ロータス タイプ62-2」の最初のデリバリーが2022年末に行われることを受けて、カスタマーサービスの充実化が発表された。
タイトルとURLをコピーしました