ホンダとGM、量販価格帯のEVを共同開発 '27年以降投入 – Impress Watch

ホンダとGM、量販価格帯のEVを共同開発 ’27年以降投入 – Impress Watch

ゼネラルモーターズ(GM)と本田技研工業(Honda)は、量販価格帯のグローバルEVシリーズの共同開発で合意した。2027年以降、百万台規模でのEV生産を目指し、 …

ホンダとGM、量販価格帯のEVを共同開発 '27年以降投入
ゼネラルモーターズ(GM)と本田技研工業(Honda)は、量販価格帯のグローバルEVシリーズの共同開発で合意した。2027年以降、百万台規模でのEV生産を目指し、北米を皮切りに投入予定とする。

ホンダの将来を背負う初の量産EV「ホンダe」 賢い買い方は…中古?? – 自動車情報誌「ベストカー」

2022年3月4日、ホンダとソニーは新時代のモビリティとモビリティサービスの創造に向け、戦略的な提携に向けた協議・検討を進めることを合意したと発表した。

ホンダの将来を背負う初の量産EV「ホンダe」 賢い買い方は…中古?? - 自動車情報誌「ベストカー」
 2022年3月4日、ホンダとソニーは新時代のモビリティとモビリティサービスの創造に向け、戦略的な提携に向けた協議・検討を進めることを合意したと発表した。  今後は両社で合弁会社を設立し、高付加価値のEVを共同開発・販売し、モビリティ向けサ…

GMとホンダが量販価格帯の新型EVシリーズを共同開発 2027年に北米から販売を開始 – webCG

本田技研工業の三部敏宏社長は、「ホンダとGMは、グローバルでEVの販売台数を飛躍的に拡大すべく、これまでの技術領域における協業をさらに強固なものにしていく …

GMとホンダが量販価格帯の新型EVシリーズを共同開発 2027年に北米から販売を開始 【ニュース】 - webCG
ゼネラルモーターズ(GM)とホンダが、量販価格帯の新型EVシリーズを共同開発することで合意。GMの新たなグローバルアーキテクチャーをベースとしており、人気のコンパクトSUVを含め、世界的に人気の高いセグメントの商品をラインナップしていくという。

昨年度 最も売れた車 ホンダの軽自動車「N-BOX」 – NHK.JP

【NHK】昨年度1年間に国内で最も売れた車は、ホンダの軽自動車「N-BOX」でした。ただ、上位10車種のうち6車種が、前の年度より…

昨年度 最も売れた車 ホンダの軽自動車「N-BOX」 | NHK
【NHK】昨年度1年間に国内で最も売れた車は、ホンダの軽自動車「N-BOX」でした。ただ、上位10車種のうち6車種が、前の年度より…

ホンダ HR-V 新型は シビック ベース、日本の ヴェゼル より大きい…北米仕様

ホンダの米国部門のアメリカンホンダは4月4日、『HR-V』(日本名:『ヴェゼル』に相当)の新型の写真を公開した。今夏、米国市場で発売される予定だ。

ホンダ HR-V 新型は シビック ベース、日本の ヴェゼル より大きい…北米仕様 | レスポンス(Response.jp)
◆ヴェゼルとは異なる専用のエクステリア ◆大きなガラスエリアでドライバーの視認性を追求 ◆レスポンスに優れるエンジンと新設計の独立式リアサスペンション ◆最新の「ホンダ・センシング」を標準装備

ホンダの名車が45年ぶりに復活! 新型「ホーク11」の詳細を大予想!!(週プレNEWS)

ホンダが「ホーク11(イレブン)」と「ダックス125」という2台の新型モデルを世界初公開して大きな話題を集めている。そこで、モーターサイクル …

ホンダの名車が45年ぶりに復活! 新型「ホーク11」の詳細を大予想!!(週プレNEWS) - Yahoo!ニュース
ホンダが「ホーク11(イレブン)」と「ダックス125」という2台の新型モデルを世界初公開して大きな話題を集めている。そこで、モーターサイクルジャーナリストの青木タカオ氏に濃厚解説してもらった!

ホンダ、ようやく見えてきたEV戦略—GMと手頃な価格の量販車を共同開発[新聞ウォッチ]

2021年4月、ホンダの三部敏宏社長が、就任早々2040年にはガソリン車を販売しない「脱エンジン」を宣言してから間もなく1年。具体的な計画を描けないままで …

ホンダ、ようやく見えてきたEV戦略---GMと手頃な価格の量販車を共同開発[新聞ウォッチ](レスポンス) - Yahoo!ニュース
2021年4月、ホンダの三部敏宏社長が、就任早々2040年にはガソリン車を販売しない「脱エンジン」を宣言してから間もなく1年。具体的な計画を描けないままで厳しい経営環境から抜け出せなかったが、その

ホンダN-BOX、2年ぶり首位 21年度車名別新車販売 – 日本経済新聞

自動車販売会社の業界団体が6日発表した2021年度の国内車名別新車販売台数によると、ホンダの軽自動車「N-BOX」が、20年度比3.2%減の19万1534台で2年ぶりに …

ホンダN-BOX、2年ぶり首位 21年度車名別新車販売
自動車販売会社の業界団体が6日発表した2021年度の国内車名別新車販売台数によると、ホンダの軽自動車「N-BOX」が、20年度比3.2%減の19万1534台で2年ぶりに首位になった。2位は20年度首位のトヨタ自動車の小型車「ヤリス」で、同5.5%減の19万1414台だった。3位はトヨタの「ルーミー」で、同30.3%増の...

新世代ホンダSUV第2弾、新型HR-Vは救世主になり得るのか? – Yahoo!ニュース

2022年4月4日(現地)、ホンダの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターから新型HR-Vが発表されました。2023年モデルだけに正式デビューはこの夏で …

新世代ホンダSUV第2弾、新型HR-Vは救世主になり得るのか?(FORZA STYLE) - Yahoo!ニュース
2022年4月4日(現地)、ホンダの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターから新型HR-Vが発表されました。2023年モデルだけに正式デビューはこの夏であり、まだ詳細なスペックは判明しませんが

ホンダ、足かけ10年のGM提携 EV収益化が軸に – 日本経済新聞

ホンダと米ゼネラル・モーターズ(GM)との提携が新たな段階を迎えた。5日、両社は2027年以降に価格が300万円台からとなる量販価格帯の電気自動車(EV)を …

ホンダ、足かけ10年のGM提携 EV収益化が軸に
ホンダと米ゼネラル・モーターズ(GM)との提携が新たな段階を迎えた。5日、両社は2027年以降に価格が300万円台からとなる量販価格帯の電気自動車(EV)を世界投入すると発表した。2013年に燃料電池車(FCV)の開発で提携をスタートさせた両社。当初はまだ先が見通せない将来技術への布石を打つという側面も強かった。だが自...
タイトルとURLをコピーしました