日産が米国にEV次世代ライン、575億円投じ25年稼働へ

日産が米国にEV次世代ライン、575億円投じ25年稼働へ

日産がキャントン工場に展開するのは、「ニッサンインテリジェントファクトリー」(以下、NIF)の設備である(図1)。最先端の技術を投入して構築した次世代 …

日産が米国にEV次世代ライン、575億円投じ25年稼働へ
 栃木からミシシッピへ─。日産自動車は、電気自動車(EV)向けに開発した次世代製造ラインを米ミシシッピ州にあるキャントン工場に導入する。5億ドル(1ドル=115円換算で575億円)を投じ、2025年までに2車種のEVを生産できるようにする。

日産、研究開発中の「全固体電池の積層ラミネートセル」試作生産設備を初公開 – Car Watch

日産は長期ビジョン「Nissan Ambition 2030」で、2028年度までに自社開発の全固体電池を搭載したEVを市場投入することを目標に掲げ、2024年度までに横浜工場 …

日産、研究開発中の「全固体電池の積層ラミネートセル」試作生産設備を初公開
 日産自動車は4月8日、2028年度の実用化を目指して研究開発を行なっている全固体電池の積層ラミネートセルを試作生産する設備を初公開した。同社は本設備を総合研究所(神奈川県横須賀市夏島)内に設置し、全固体電池の技術開発を推進するとしている。

【企画展】Here’s a Small World! 小さなクルマの、大きな言い分 | イベント一覧 – トヨタ博物館

ニッサン Be-1 BK10型(1987). ホンダ ビート PP1型 (1991). 小型であることは、カーボンニュートラルという社会課題の解決に寄与し、また多様化する移動の …

【企画展】Here’s a Small World! 小さなクルマの、大きな言い分 | イベント一覧 | イベント | トヨタ博物館
【企画展】Here’s a Small World! 小さなクルマの、大きな言い分のイベント詳細ページです。
タイトルとURLをコピーしました