日産、全固体電池の積層ラミネートセル試作設備を公開 2028年度の実用化へ研究開 発を加速

日産、全固体電池の積層ラミネートセル試作設備を公開 2028年度の実用化へ研究開発を加速

昨年11月に発表した長期ビジョン「ニッサンアンビション2030」で掲げた28年度までの自社開発の全固体電池の市場投入に向け、今後も研究開発を加速する。

日産、全固体電池の積層ラミネートセル試作設備を公開 2028年度の実用化へ研究開発を加速(日刊自動車新聞) - Yahoo!ニュース
 日産自動車は8日、全固体電池の積層ラミネートセルを試作生産する設備を公開した。総合研究所(神奈川県横須賀市)内に設置したもので、2024年度までに横浜工場(横浜市神奈川区)内に設置する全固体電池の

リーフの航続距離が倍増? 日産が「全固体電池」で広げるEVの可能性。新ジャンルSUVや軽 …

日産が電動化を戦略の中核とした長期ビジョン「ニッサン アンビション 2030」を発表 · レクサス「BEV スポーツ」の航続距離はなんと約690km。

リーフの航続距離が倍増? 日産が「全固体電池」で広げるEVの可能性。新ジャンルSUVや軽自動車にも展開か(Webモーターマガジン)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
日産自動車は2022年4月8日、かねてから2028年の実用化を公言していた次世代バッテリー技術「全固体電池」の開発状況に関する技術セミナーを開催した。小型軽量化や航続距離の延長が期待される夢の蓄電池は、バッテリーEVのさらなる多様性を広げて...(ヘッドライン)

トヨタ博物館で小型車の企画展を開催! R360から最新EVまで | 中古車なら【グーネット】

10:ニッサン Be-1 BK10型(1987) 11:トヨタ RAV-FOUR(1989) 12:ホンダ ビート PP1型(1991) 13:スズキ カプチーノ EA11R型(1995)

トヨタ博物館で小型車の企画展を開催! R360から最新EVまで | 中古車なら【グーネット】
2022年4月29日(金)より、企画展「Here’s a Small World! 小さなクルマの、大きな言い分」トヨタ博物館で開催

日英が誇る最新スーパースポーツの意外な一面。ヴァンテージ F1エディションとGT-R NISMOを …

アストンマーティンがF1に復帰した記念に開発されたヴァンテージ F1エディション。対するはNISMOが培ったテクノロジーが注ぎ込まれた究極のニッサン GT-R。

日英が誇る最新スーパースポーツの意外な一面。ヴァンテージ F1エディションとGT-R NISMOをストリートで測る
アストンマーティンがF1に復帰した記念に開発されたヴァンテージ F1エディション。対するはNISMOが培ったテクノロジーが注ぎ込まれた究極のニッサン GT-R。日英が誇る究極のスーパースポーツの個性を箱根のワインディングで探ってきた。

日産、全固体電池の積層ラミネートセル試作設備を公開 2028年度の実用化へ研究開発を加速

昨年11月に発表した長期ビジョン「ニッサンアンビション2030」で掲げた28年度までの自社開発の全固体電池の市場投入に向け、今後も研究開発を加速 …

日産、全固体電池の積層ラミネートセル試作設備を公開 2028年度の実用化へ研究開発を加速|自動車メーカー|紙面記事
全固体電池の積層ラミネートセルの試作生産設備 日産自動車は8日、全固体電池の積層ラミネートセルを試作生産する設備を公開した。総合研究所(神奈川県横須賀市)内に設置したもので、2024年度までに横浜工場(横浜市神奈川区)内に設置する全固体電池のパ…
タイトルとURLをコピーしました