「クルマ好きはなぜサンナナを選ぶのか?」ボルクレーシングTE37の世界観に迫る – モーターファン

「クルマ好きはなぜサンナナを選ぶのか?」ボルクレーシングTE37の世界観に迫る – モーターファン

スカイラインGT-R【ガレージ伊藤】. ホイール:TE37 SL(FR11J×18+18) タイヤ:ADVAN A050(FR295/35ZR18). GT-R【フェニックスパワー】.

「クルマ好きはなぜサンナナを選ぶのか?」ボルクレーシングTE37の世界観に迫る
トップチューナー達がTE37を選ぶ理由を動画で激白 有名ショップデモカーがジャンルを超えて集結 モータースポーツ直系の設計思想や、解析技術を惜しみなく注入する鍛造スポーツブランド“ボルクレーシング”。その主軸となるのは、応力分散と軽さに優れた6本スポークで、スポーツホイールに要求される「軽さ」と「強靱さ」を高次元で引き...

「R34スカイライン乗り必見!」シャフトが最新トレンドを取り入れたフロントバンパーを発表

R34スカイライン専門店として知られる“シャフトオートサービス”から、ER34をはじめとした非GT-Rモデル用の新作フロントバンパー「タイプ5 Rタイプバンパー」 …

「R34スカイライン乗り必見!」シャフトが最新トレンドを取り入れたフロントバンパーを発表
ナロースタイルにも迫力を! リップスポイラー一体型のアンダーパネルも設定 R34スカイライン専門店として知られる“シャフトオートサービス”から、ER34をはじめとした非GT-Rモデル用の新作フロントバンパー「タイプ5 Rタイプバンパー」が発売された。 R34スカイラインの社外エアロは末広がりタイプが主流だが、シャフトの...

旧車の命を握る部品供給! 驚くべき「復刻パーツ」の最新事情リポート(Auto Messe Web)

ハコスカGT-Rはいまも変わらず人気が高い. 1960~1970年代のヒストリックカー、1980~1990年代のヤングタイマーなど、日本の高度成長期からミレニアム以前に …

旧車の命を握る部品供給! 驚くべき「復刻パーツ」の最新事情リポート(Auto Messe Web) - Yahoo!ニュース
 1960~1970年代のヒストリックカー、1980~1990年代のヤングタイマーなど、日本の高度成長期からミレニアム以前に登場したクルマの中古車相場が高騰している。このことは本サイトを含め、多くの
タイトルとURLをコピーしました