マツダの新型SUV「CX-60」いよいよ登場! PHEVの個性が違う!? 三菱「アウトランダー 」と乗り …

マツダの新型SUV「CX-60」いよいよ登場! PHEVの個性が違う!? 三菱「アウトランダー」と乗り …

外部から充電可能なハイブリッド車である「プラグインハイブリッド車」に、三菱新型「アウトランダー」とマツダ新型「CX-60」という2車種の注目モデルが登場 …

マツダの新型SUV「CX-60」いよいよ登場! PHEVの個性が違う!? 三菱「アウトランダー」と乗り比べ!(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 外部から充電可能なハイブリッド車である「プラグインハイブリッド車」に、三菱新型「アウトランダー」とマツダ新型「CX-60」という2車種の注目モデルが登場しました。

ディーラーからはじまりル・マン優勝まで上り詰めた出世ブランド! マツダスピードの …

マツダスピードの名を聞けば、ル・マンでの優勝など数々のモータースポーツでの実績を思い出される方も多いだろう。ひとつのディーラーから始まり、やがて …

ディーラーからはじまりル・マン優勝まで上り詰めた出世ブランド! マツダスピードのコンプリートカーが胸熱(Auto Messe Web) - Yahoo!ニュース
 マツダスピードの名を聞けば、ル・マンでの優勝など数々のモータースポーツでの実績を思い出される方も多いだろう。ひとつのディーラーから始まり、やがて世界一まで上り詰めたブランドがマツダスピードだ。現在

マツダ、新しいミッドサイズSUV「CX-60」の日本仕様を公開 今秋に発売予定 – Yahoo!ニュース

マツダは4月7日、新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-60」の日本仕様を公開した。同社の主要車種である「CX-5」の代替えや、まだ国内において選択肢の少ない …

マツダ、新しいミッドサイズSUV「CX-60」の日本仕様を公開 今秋に発売予定(ITmedia ビジネスオンライン) - Yahoo!ニュース
 マツダは4月7日、新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-60」の日本仕様を公開した。同社の主要車種である「CX-5」の代替えや、まだ国内において選択肢の少ないミドルサイズでの需要獲得を目指し

「高級SUV」日本初公開! 「内装が豪華過ぎる!」 国産SUVでは敵なし? マツダ新型「CX-60 …

マツダは 2022年4月7日に新型クロスオーバーSUV「CX-60」をジャパンプレミアしました。SNSではどのような意見が挙げられているのでしょうか。

「高級SUV」日本初公開! 「内装が豪華過ぎる!」 国産SUVでは敵なし? マツダ新型「CX-60」の反響は?
マツダは 2022年4月7日に新型クロスオーバーSUV「CX-60」をジャパンプレミアしました。SNSではどのような意見が挙げられているのでしょうか。

マツダが今、世界的に逆風が吹くディーゼルエンジンにこだわる理由 – Yahoo!ニュース

(桃田 健史:自動車ジャーナリスト) なぜ、マツダはディーゼルエンジンにこだわり続けるのか?

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

マツダの新型ミドル級SUV「CX-60」の日本仕様は後輪駆動ベースの4WD。エンジンによってはFR …

エンジン縦置きプラットフォームの新型SUV マツダが直列6気筒エンジンと、それを縦置きにする新しいプラットフォームを開発していることは以前から …

マツダの新型ミドル級SUV「CX-60」の日本仕様は後輪駆動ベースの4WD。エンジンによってはFR仕様も用意! | clicccar.com
■エンジン縦置きプラットフォームの新型SUV マツダが直列6気筒エンジンと、それを縦置きにする新しいプラットフォームを開発していることは以前からアナウンスされていましたが、その新アーキテクチャを採用したブランニューモデル「CX-60」が日本初公開されました。

「マツダ」のけん引役、世界市場に投入する新型SUV「ラージ商品群」の全容 – ニュースイッチ

マツダ初のPHVとなる「CX―60PHEV」は、スカイアクティブGの2500cc直列4気筒ガソリンエンジンに高出力モーター、大容量バッテリーを …

マツダのけん引役、世界市場に投入する新型SUV「ラージ商品群」の全容|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社
こちらは、マツダのけん引役、世界市場に投入する新型SUV「ラージ商品群」の全容のページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。

マツダCX-60 ラージアーキテクチャーの直6ディーゼルと2.5ℓ+PHEVをパワートレーン視点で試乗

プラットフォームもエンジンもトランスミッションも電動化デバイスも、なにもかも新たに開発したCX-60。そのプロトタイプをマツダ美祢自動車試験場で試乗した。

マツダCX-60 ラージアーキテクチャーの直6ディーゼルと2.5ℓ+PHEVをパワートレーン視点で試乗
ラージアーキテクチャーの第一弾がCX-60だ。プラットフォームもエンジンもトランスミッションも電動化デバイスも、なにもかも新たに開発したCX-60。そのプロトタイプをマツダ美祢自動車試験場で試乗した。マツダの意図を読み取りながら、まずはパワートレーンをじっくり味わってみよう。 TEXT:世良耕太(SERA Kota)

マツダCX-60の新開発直6ディーゼル SKYACTIV-D3.3 DCPCI燃焼とはなにか?[内燃機関超基礎講座]

マツダがラージアーキテクチャーのために新開発した直列6気筒ディーゼル、「SKYACTIV-D3.3」がCX-60に搭載される。現行のSKYACTIV-D2.2を1stステップとする …

マツダCX-60の新開発直6ディーゼル SKYACTIV-D 3.3 DCPCI燃焼とはなにか?[内燃機関超基礎講座]
マツダがラージアーキテクチャーのために新開発した直列6気筒ディーゼル、「SKYACTIV-D 3.3」がCX-60に搭載される。現行のSKYACTIV-D 2.2を1stステップとするならば、今回のSKYACTIV-D 3.3は2ndステップ。マツダがいう「理想の燃焼」に大きく近づいた新エンジンを解説する。

【マツダ 新型CX-60】FRベースの第2世代スカイアクティブで高級車クラスに挑む – グーネット

マツダが国内仕様を発表した新型CX-60を自動車ジャーナリストの大音安弘氏が解説します。

【マツダ 新型CX-60】FRベースの第2世代スカイアクティブで高級車クラスに挑む | 中古車なら【グーネット】
マツダが国内仕様を発表した新型CX-60を自動車ジャーナリストの大音安弘氏が解説します。
タイトルとURLをコピーしました