ホンダ、ソニーと25年にも新車販売へ | 日経ESG

ホンダ、ソニーと25年にも新車販売へ | 日経ESG

環境債の発行を通じて、必要な開発資金の調達にも手を打つ。 ソニーグループとホンダは2022年3月4日、電気自動車(EV)開発の戦略的提携に向けた協議と検討を …

ホンダ、ソニーと25年にも新車販売へ
異業種のソニーとの提携で、脱炭素社会に欠かせない電気自動車を進化させる。環境債の発行を通じて、必要な開発資金の調達にも手を打つ。

レッドブルF1代表 「故障したパーツはホンダに送って調査する」

レッドブル・レーシングのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンのF1オーストラリアGPでのリタイアは、燃料システムの …

レッドブルF1代表 「故障したパーツはホンダに送って調査する」
レッドブル・レーシングのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンのF1オーストラリアGPでのリタイアは、燃料システムの問題であることを示唆した。マックス・フェルスタッペンは、シャルル・ルクレール(フェラーリ)に次ぐ2番手を走行していた39周に、突然、車を止めた。車の後部には炎が出ており、フ...

ホンダの「脱自前主義」が鮮明化、GM・ソニーと提携ラッシュで生き残りへ

ホンダと米GMが新たな提携を発表した。量販価格帯の新たなEVシリーズを共同開発し、2027年以降に全世界で発売していく。従来のホンダとGMの提携がさらに拡大 …

ホンダの「脱自前主義」が鮮明化、GM・ソニーと提携ラッシュで生き残りへ
ホンダと米GMが新たな提携を発表した。量販価格帯の新たなEVシリーズを共同開発し、2027年以降に全世界で発売していく。従来のホンダとGMの提携がさらに拡大することになる。

ホンダe MIRAI リーフe+… オーナーだからこそわかることがある!!! 国産EV・FCV評論家オーナー …

ホンダ Honda eと片岡氏。全長3895×全幅1750×全高1510mm、車重1540kg、モーター定格出力60kW、電池容量35kWh、154ps/32.1kgm、一充電走行距離259km.

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

ホンダe MIRAI リーフe+… オーナーだからこそわかることがある!!! 国産EV・FCV評論家オーナー …

ホンダ Honda e(オーナー:片岡英明氏). ホンダ Honda eと片岡氏。全長3895×全幅1750×全高1510mm、車重1540kg、モーター定格 …

ホンダe MIRAI リーフe+… オーナーだからこそわかることがある!!! 国産EV・FCV評論家オーナーインプレッション - 自動車情報誌「ベストカー」
自動車評論家片岡英明氏、国沢光宏氏ご両名がご購入のホンダe、トヨタ MIRAI、日産 リーフe+について、オーナー自ら語ってもらう!!! 買って満足? それとも大後悔!!? 知りたいことはきっとここにある!!! #ホンダe #MIRAI #リーフe+

〈2022年3月度CM好感度ランキング〉ホンダのイメージアップCM 「時代の先端を感じる」と評価

同社は2021年11月に開始した「Hondaハート」シリーズの新CMをオンエア。「難問を愛そう。」をコピーとし、男性アイドルグループ、キング&プリンスの永瀬廉、 …

〈2022年3月度CM好感度ランキング〉ホンダのイメージアップCM 「時代の先端を感じる」と評価(日刊自動車新聞) - Yahoo!ニュース
 CM総合研究所(関根心太郎代表、東京都千代田区)は、2022年3月度のCM好感度ランキングを公表した。総合ランキングではKDDIの「au」が3カ月連続の首位、リクルートの求人媒体「タウンワーク」が

路面電車になりたいホンダ車? カボチャの馬車イメージのトヨタ車!?「クルマらしくないデザイン5 …

一方、ドアミラーにはダイハツ オプティ、フェンダーマーカーにはマツダ ロードスターの部品が流用されていた。この垣根の低さもトヨタブランドではないメリット …

路面電車になりたいホンダ車? カボチャの馬車イメージのトヨタ車!?「クルマらしくないデザイン5選」(ドライバーWeb) - Yahoo!ニュース
「電動化」や「自動運転」、「サブスク」に「OTA」…など、旧来のクルマの価値観にはなかったフレーズがあふれる昨今。そもそも、私たちが思い描く “クルマらしさ” って何なのだろう? ここではデザインの

ツヤ消しにはこだわりたい【DeAGOSTINI 週刊 ホンダ NSX 組み立て記録】 – モーターファン

DeAGOSTINIから販売中の『週刊 Honda NSX』。1/8のビッグスケールダイキャストモデルとなった日本の誇るスーパーカー・ホンダ NSXに、GENROQ編集長 ゲンが …

インテリアの質感の鍵は「ツヤ」と「ツヤ消し」実車再現度が高いので、ツヤ消しにはこだわりたい【DeAGOSTINI 週刊 ホンダ NSX 組み立て記録】
DeAGOSTINIから販売中の『週刊 Honda NSX』。1/8のビッグスケールダイキャストモデルとなった日本の誇るスーパーカー・ホンダ NSXに、GENROQ編集長 ゲンが挑む。一応仕事ではあるのだがほぼ趣味な、地味に組み立てているだけ連載13回目。さて今回は、同じ失敗はしないぞ! のステアリングから。 TEXT...

【アキュラ インテグラ 新型】まとめ…米国市場で復活、日本導入予定?

ホンダの海外向け高級車ブランドのアキュラは3月11日、新型『インテグラ』(Acura Integra)を米国で発表した。「インテグラ」の車名が16年ぶり復活。

【アキュラ インテグラ 新型】まとめ…米国市場で復活、日本導入予定? | レスポンス(Response.jp)
ホンダの海外向け高級車ブランドのアキュラは3月11日、新型『インテグラ』(Acura Integra)を米国で発表した。「インテグラ」の車名が16年ぶり復活。新型インテグラは、5ドア・プレミアムスポーツコンパクトとして、アキュラの入門パフォーマンスモデルに位置付けられる。

Honda勢では鈴村英喜が総合4位、柳瀬大河が同5位で初戦を終える

○IA2 ヒート1. 今大会のIA2では決勝(15分+1周)3ヒート制が実施されました。スタート直後、鈴村英喜(TEAM HAMMER ホンダ学園)が3番手の好位置を確保。

Honda勢では鈴村英喜が総合4位、柳瀬大河が同5位で初戦を終える | Honda.Racing
Honda.Racing is the official global motorsport fan site for Honda Racing across two and four-wheeled race series
タイトルとURLをコピーしました