【マツダ CX-60】2列シートミッドサイズSUV – SOUL of MOTION[詳細写真]

【マツダ CX-60】2列シートミッドサイズSUV – SOUL of MOTION[詳細写真]

マツダは4月7日、新型クロスオーバーSUV『CX-60』の日本仕様を公開した。新世代ラージ商品群の第一弾となる2列シートミッドサイズSUVだ。

【マツダ CX-60】2列シートミッドサイズSUV - SOUL of MOTION[詳細写真] | レスポンス(Response.jp)
マツダは4月7日、新型クロスオーバーSUV『CX-60』の日本仕様を公開した。新世代ラージ商品群の第一弾となる2列シートミッドサイズSUVだ。日本市場での販売開始は今年初秋を予定している。

ついに登場。マツダ「CX-60 PHEV」は同社歴代最強のSUV – Yahoo!ニュース

マツダと聞くと、何を思い浮かべるだろうか。日本の自動車デザイン界をリードする会社? ピンポン。走りが楽しいカーメーカー? その通り。

ついに登場。マツダ「CX-60 PHEV」は同社歴代最強のSUV(Forbes JAPAN) - Yahoo!ニュース
マツダと聞くと、何を思い浮かべるだろうか。日本の自動車デザイン界をリードする会社? ピンポン。走りが楽しいカーメーカー? その通り。室内の素材に努力しすぎている? 全て正しい。 そのマツダが今、も

秘密の研究施設に「ロードスター」オーナーが集結! 原点は幻の「M2」!? マツダがオフ会開催に …

マツダ「ロードスター」のファンミーティングが同社の研究施設であるマツダR&Dセンター横浜で開催されました。普段は立ち入れない施設ですが、なぜマツダは …

秘密の研究施設に「ロードスター」オーナーが集結! 原点は幻の「M2」!? マツダがオフ会開催に協力的な理由
マツダ「ロードスター」のファンミーティングが同社の研究施設であるマツダR&Dセンター横浜で開催されました。普段は立ち入れない施設ですが、なぜマツダはロードスターファンに開放したのでしょうか。

マツダCX-60 vs BMW X3 & メルセデス・ベンツGLC & ジャガーFペイス プレミアム直6FRベース …

マツダがラージ商品群で挑むのは、欧州のプレミアムブランドがひしめくマーケットだ。とくに、CX-60が属するミッドサイズSUVのカテゴリーは競合が多い。

マツダCX-60 vs BMW X3 & メルセデス・ベンツGLC & ジャガーFペイス プレミアム直6FRベースSUVと比較
マツダがラージ商品群で挑むのは、欧州のプレミアムブランドがひしめくマーケットだ。とくに、CX-60が属するミッドサイズSUVのカテゴリーは競合が多い。まずは、CX-60と同じくフロントにエンジンを縦置きするレイアウトを採るライバルを並べてみよう。BMW X3、メルセデス・ベンツGLC、そしてジャガーFペイスである。

新型マツダCX-60は社運を賭けたラグジュアリーSUVだ!(FORZA STYLE) – Yahoo!ニュース

マツダの新世代クロスオーバーSUV第一弾であるCX-60の日本仕様がアナウンスされました。発売時期は2022年初秋を予定。世界情勢&経済が現在より悪化しなけれ …

新型マツダCX-60は社運を賭けたラグジュアリーSUVだ!(FORZA STYLE) - Yahoo!ニュース
マツダの新世代クロスオーバーSUV第一弾であるCX-60の日本仕様がアナウンスされました。発売時期は2022年初秋を予定。世界情勢&経済が現在より悪化しなければ9月頃には正式発売日が判明するでしょう

マツダCX-60:直6を新たに開発する理由「内燃機関は選択肢として正しく残る。エンジンは今から …

3月下旬にマツダ美祢自動車試験場で行なわれた「ラージ商品群技術フォーラム」で、ラージ商品群の第一弾であるミッドサイズSUVのCX-60のプロトライプが公開 …

マツダCX-60:直6を新たに開発する理由「内燃機関は選択肢として正しく残る。エンジンは今からが勝負です」
3月下旬にマツダ美祢自動車試験場で行なわれた「ラージ商品群技術フォーラム」で、ラージ商品群の第一弾であるミッドサイズSUVのCX-60のプロトライプが公開された。直列エンジンを縦置きし、モーター、新開発8速ATを直列に配置し後輪を駆動するラージアーキテクチャーは、すべてを一から開発したマツダ渾身の作。そこにはマツダらし...

「マツダ」のけん引役、世界市場に投入する新型SUV「ラージ商品群」の全容 – Yahoo!ニュース

マツダは2023年までに、「ラージ商品群」と称する新型スポーツ多目的車(SUV)4車種を世界市場に投入する。同社初のプラグインハイブリッド車(PHV)など、 …

「マツダ」のけん引役、世界市場に投入する新型SUV「ラージ商品群」の全容(ニュースイッチ) - Yahoo!ニュース
 マツダは2023年までに、「ラージ商品群」と称する新型スポーツ多目的車(SUV)4車種を世界市場に投入する。同社初のプラグインハイブリッド車(PHV)など、モーターや大排気量のエンジンが混在可能な

マツダのラージPF、CX-60プロトタイプに乗る – : – 池田直渡「週刊モータージャーナル」 – ITmedia

長らく話題になってきたマツダのラージプラットフォームの頭出しとして、CX-60が発表になった。さらに、それに先駆けて、山口県美祢のマツダのテストコース …

マツダのラージPF、CX-60プロトタイプに乗る
長らく話題になってきたマツダのラージプラットフォームの頭出しとして、CX-60が発表になった。さらに、それに先駆けて、山口県美祢のマツダのテストコースで、プロトタイプモデルの試乗会が行われた。諸般の都合で、大事なことをいろいろ置き去りにしつつ、まずはインプレッションから書き始めなければならない。

N-BOX レヴォーグ カローラセダン マツダ3セダン サンバートラック オーナーだからこそわかる …

本企画では、クルマのプロである自動車評論家が実際に購入した愛車についてインプレッションをしてもらう。 なぜ買ったのか? チョイ乗りではわからない、 …

N-BOX レヴォーグ カローラセダン マツダ3セダン サンバートラック オーナーだからこそわかること 国産車オーナーインプレッション Vol.02 - 自動車情報誌「ベストカー」
自動車評論家諸氏が、自ら購入したクルマについてインプレッション! 買って満足? それとも大後悔!!? 知りたかったことがきっとここにあります!!! #レヴォーグ #カローラセダン #マツダ3 #N-BOX #サンバートラック

エンジン軸足のマツダ、欧州仕掛ける「ホラーシナリオ」は追い風 | 日経クロステック(xTECH)

「業界のスモールプレーヤー」を自認するマツダはなぜ、直列6気筒(直6)エンジンやFR(前部エンジン・後輪駆動)のプラットフォーム(PF)を新開発する必要 …

エンジン軸足のマツダ、欧州仕掛ける「ホラーシナリオ」は追い風
 「業界のスモールプレーヤー」を自認するマツダはなぜ、直列6気筒(直6)エンジンやFR(前部エンジン・後輪駆動)のプラットフォーム(PF)を新開発する必要があったのか。
タイトルとURLをコピーしました