新手はまさかのSUV 名門ロータスはこれからどうなる? – webCG

新手はまさかのSUV 名門ロータスはこれからどうなる? – webCG

スポーツカーメーカーとして知られてきたロータスの新型車は、なんと大型の電動SUV。従来のファンが目を疑うようなクルマが生まれたのはなぜなのか?

新手はまさかのSUV 名門ロータスはこれからどうなる? - webCG
スポーツカーメーカーとして知られてきたロータスの新型車は、なんと大型の電動SUV。従来のファンが目を疑うようなクルマが生まれたのはなぜなのか? その背景とブランドのこれからについて、事情に詳しい西川 淳が解説する。

0-100km/h加速「2.5秒をはるかに下回る」!ロータス新型エレクトリックSUV「エレトレ」

車重はハイパーカー「Evija」の3700ポンド(1680kg)を超える4409ポンド(2000kg) ロータスは3月29日、ブランド初の電動クロスオーバーSUVと …

0-100km/h加速「2.5秒をはるかに下回る」!ロータス新型エレクトリックSUV「エレトレ」、本丸は900馬力の高性能モデル | clicccar.com
■車重はハイパーカー「Evija」の3,700ポンド(1,680kg)を超える4,409ポンド(2,000kg) ロータスは3月29日、ブランド初の電動クロスオーバーSUVとなる「エレトレ」を発表しましたが、その主役となるハードコアバージョンが設定される可能性があることがわかりました。

0-100km/h加速「2.5秒をはるかに下回る」!ロータス新型エレクトリックSUV「エレトレ」

車重はハイパーカー「Evija」の3700ポンド(1680kg)を超える4409ポンド(2000kg)ロータスは3月29日、ブランド初の電動クロスオーバーSUVと …

0-100km/h加速「2.5秒をはるかに下回る」!ロータス新型エレクトリックSUV「エレトレ」、本丸は900馬力の高性能モデル (2022年4月10日) - エキサイトニュース
■車重はハイパーカー「Evija」の3,700ポンド(1,680kg)を超える4,409ポンド(2,000kg)ロータスは3月29日、ブランド初の電動クロスオーバーSUVとなる「エレトレ」を発表しまし...

ロータスの責任者がトップギアに語った「ロータスでスポーツカーが永遠に存在し続けるためには

昨年、エリーゼ(「ファイナルエディション」仕様で最も売れた)、エキシージ、エヴォーラに別れを告げたからである。 そこでロータスは、エヴァイヤ、エミーラ …

ロータスの責任者がトップギアに語った「ロータスでスポーツカーが永遠に存在し続けるためには、売上を上げて利益を出さなければならないのです」 | トップギア・ジャパン Top Gear JAPAN
[gallery ids="47507,47508,47506,47509" columns="1" link 「私たちは世界的で、本格的なプレーヤーになりたいのです」ロータス カーズのマネージングディレクター、マット ウィンドルが最近、トップギアの取材に応じ、「これが完全に軌道に乗れば、数万台までいきたいところです」...

闘うために生まれた「もう一台」のポルシェ! 「934」とは(Auto Messe Web)(ヘッドライン)

ロータス ヨーロッパの中古車情報をもっと見る · ロータス ヨーロッパの購入を考える前に、愛車の現在価格を調べる. おすすめのニュース. サイトトップへ.

闘うために生まれた「もう一台」のポルシェ! 「934」とは(Auto Messe Web)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
Can-Amで磨いたターボの技術を活かして開発された ポルシェ935は、数多くレースに参加してきたポルシェの、市販モデルとその発展モデルの頂点とも言うべきモデルの好例です。そのベースとなったのは934でした。 もちろん、さらにそのベースを辿...(ヘッドライン)
タイトルとURLをコピーしました