スズキ、オープンスポーツEV『ミサノ』提案…四輪車と二輪車を融合

スズキ、オープンスポーツEV『ミサノ』提案…四輪車と二輪車を融合

スズキは4月29日、IED(ヨーロッパデザイン学院)と共同開発したオープンスポーツEVコンセプト、『ミサノ』(Suzuki Misano)をイタリアで発表 …

スズキ、オープンスポーツEV『ミサノ』提案…四輪車と二輪車を融合 | レスポンス(Response.jp)
◆四輪車と二輪車で異なるスズキのスピリットを1台で表現 ◆車名の『ミサノ』はイタリアのサーキットに由来 ◆二輪車のように乗員はタンデムに座る

医療崩壊危機のインド、酸素不足でスズキの現地工場も一時停止[新聞ウォッチ]

また、インド市場が生命線のスズキでも、現地法人の子会社のマルチ・スズキが北部ハリヤナ州のグルガオン工場とマネサール工場での生産を5月1日 …

医療崩壊危機のインド、酸素不足でスズキの現地工場も一時停止[新聞ウォッチ] | レスポンス(Response.jp)
新型コロナウイルスの1日の感染者数が30万人を超すハイペースのインドで、救命医療用の酸素が不足しているという。3月後半から変異株などの感染が急拡大し、酸素が足りずに死亡する人が増加しており、医療崩壊が深刻な問題となっているそうだ。

スズキ「ジムニー」人気爆発に「ユーザーの4WD観」が関係? 納期短縮は実現なるか?

「オフロードのクルマといえば…」を具現化? スズキが2018年7月に20年ぶりのフルモデルチェンジをおこない発表した4代目モデルの「ジムニー …

スズキ「ジムニー」人気爆発に「ユーザーの4WD観」が関係? 納期短縮は実現なるか?
いまでも人気の高いスズキ「ジムニー」ですが、とくにボクシーなデザインに対してユーザーの間で評判になっているといいます。ユーザーはジムニーに対して、どのような印象を持っているのでしょうか。

スズキ・スイフトスポーツ進化論 その① じつはニュルクラス優勝! NAエンジンの0代目、HT81S …

コンパクトスポーツの代名詞! スイスポ進化論【連載|スズキ・スイフトスポーツを愛しすぎた加茂からのラブレター①】 スズキ・スイフトスポーツ …

スズキ・スイフトスポーツ進化論 その① じつはニュルクラス優勝! NAエンジンの0代目、HT81Sから話そう【GW短期集中連載!】|ハッチバック|Motor-Fan[モーターファン]
2003年、軽くて小さめボディに元気なエンジンというコンパクトスポーツの教科書的なつくりで颯爽と登場した「スイフトスポーツシリーズ」。エアロパーツなどで見た目のみをスポーティーにしたモデルとは一線を画し、専用エンジンを積む本格派としてすぐに人気となった。 今回はゴールデンウィーク短期集中連載として、スイフトスポーツシ...

スズキ バーグマン200、スピードメーターが作動しなくなるおそれ—リコール

スズキは、軽二輪スクーター『バーグマン200』のスピードメーターに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

スズキ バーグマン200、スピードメーターが作動しなくなるおそれ---リコール | レスポンス(Response.jp)
スズキは、軽二輪スクーター『バーグマン200』のスピードメーターに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2018年6月21日~2020年11月3日に製造された1770台。

大谷翔平、今季の女房役はカート・スズキに 米記者「監督はそのペアで行きたいと考えている」

初登板はマイク・スタッシ捕手、2、3戦目はスズキとバッテリーを組んだ。経験豊富な37歳のスズキは、ブロッキング能力に長けており、安定した …

大谷翔平、今季の女房役はカート・スズキに  米記者「監督はそのペアで行きたいと考えている」(ベースボールチャンネル) - Yahoo!ニュース
 ロサンゼルス・エンゼルスを率いるジョー・マドン監督は、今後も大谷翔平投手の女房役をカート・スズキ捕手にしようと考えているようだ。米スポーツメディア『ジ・アスレチック』のファビアン・アルダヤ記者が自

目黒のサンマならぬ都島のスズキ

大阪湾は、大昔からスズキの魚影がすこぶる濃い。6千年前、海が内陸部まで入り込んでいた頃の八尾市山賀遺跡から多くのスズキの骨が出土した …

目黒のサンマならぬ都島のスズキ [大森均の釣れ釣れ草] - 大阪日日新聞

スズキ新型「ハヤブサ」がインドでも発売! 組み立ては技術力に長けた現地法人が行う

スズキのインドにおける二輪車の生産販売子会社であるスズキ・モーターサイクル・インディア社(SMIPL社)は、2021年4月26日に新型「Hayabusa( …

スズキ新型「ハヤブサ」がインドでも発売! 組み立ては技術力に長けた現地法人が行う(WEBヤングマシン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
年産60万台に迫るスズキインディア スズキのインドにおける二輪車の生産販売子会社であるスズキ・モーターサイクル・インディア社(SMIPL社)は、2021年4月26日に新型「Hayabusa(隼=ハヤブ...

スズキ「GSX250R ABS」インプレ(2021年)扱いやすさ抜群! 街乗りもツーリングも楽しめる …

スズキ「GSX250R ABS」インプレ(2021年)扱いやすさ抜群! 街乗りもツーリングも楽しめるフルカウル250ccスポーツ. 2021/04/30 12:30 web …

スズキ「GSX250R ABS」インプレ(2021年)扱いやすさ抜群! 街乗りもツーリングも楽しめるフルカウル250ccスポーツ(webオートバイ)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
カッコよくて、乗って楽しくて、価格が手頃なスポーツバイクが欲しい。そんな声に真摯に向き合ったコンセプトのフルカウルスポーツがGSX250R。流麗なフォルムに爽快な2気筒エンジン、安定感抜群のハンドリングを組み合わせた、魅力いっぱいの1台だ。...(ヘッドライン)

「油冷エンジン」を搭載したスズキのビッグネイキッドを3台紹介!【絶版バイク解説】

スズキ「GSF1200」(GV75A・1995~1999年) 小型かつ軽量ボディにパワフルな油冷ユニットを搭載 スズキはネイキッドブームの回答 …

「油冷エンジン」を搭載したスズキのビッグネイキッドを3台紹介!【絶版バイク解説】(webオートバイ) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
スズキ「GSF1200」(GV75A・1995~1999年)小型かつ軽量ボディにパワフルな油冷ユニットを搭載スズキはネイキッドブームの回答として、GSF1200を1995年に発売。「走りのネイキッド」を謳ってリアにリンク式モノショックを採用...

スズキ「GSX250R ABS」インプレ(2021年)扱いやすさ抜群! 街乗りもツーリングも楽しめる …

カッコよくて、乗って楽しくて、価格が手頃なスポーツバイクが欲しい。そんな声に真摯に向き合ったコンセプトのフルカウルスポーツがGSX250R。

スズキ「GSX250R ABS」インプレ(2021年)扱いやすさ抜群! 街乗りもツーリングも楽しめるフルカウル250ccスポーツ - webオートバイ
カッコよくて、乗って楽しくて、価格が手頃なスポーツバイクが欲しい。そんな声に真摯に向き合ったコンセプトのフルカウルスポーツがGSX250R。流麗なフォルムに爽快な2気筒エンジン、安定感抜群のハンドリングを組み合わせた、魅力いっぱいの1台だ。文:太田安治、木川田ステラ、オートバイ編集部/写真:森 浩輔
タイトルとURLをコピーしました