ホンダ、100万円台のEVを導入…2024年前半に軽商用 | レスポンス(Response.jp)

ホンダ、100万円台のEVを導入…2024年前半に軽商用 | レスポンス(Response.jp)

ホンダは4月12日、四輪電動ビジネスの取り組みについて発表した。2030年までにグローバルで30機種の EVを展開し、EVの年間生産200万台超を計画している。

ホンダ、100万円台のEVを導入…2024年前半に軽商用 | レスポンス(Response.jp)
ホンダは4月12日、四輪電動ビジネスの取り組みについて発表した。2030年までにグローバルで30機種の EVを展開し、EVの年間生産200万台超を計画している。日本では2024年前半に、商用の軽EVを100万円台で投入する計画だ。

ホンダ、2つのスポーツタイプEVも計画…2030年までに30機種のEVを投入

ホンダは4月12日、2030年までにグローバルで30機種の電気自動車(EV)を投入し、年間200万台を超えるEVを生産する計画を明らかにした。ホンダの三部敏宏社長 …

ホンダ、2つのスポーツタイプEVも計画…2030年までに30機種のEVを投入 | レスポンス(Response.jp)
ホンダは4月12日、2030年までにグローバルで30機種の電気自動車(EV)を投入し、年間200万台を超えるEVを生産する計画を明らかにした。ホンダの三部敏宏社長は同日の会見で、2020年代半ばに2つのスポーツモデルのEVを投入する方針も示した。

HVを超えたEV世界販売、それでもホンダ三部社長「30年、35年もHVは武器」[新聞ウォッチ]

このうち、産経は「ホンダ、当面HV頼み」として「30年のEV比率は4割程度にとどまり 、当面はハイブリッド車(HV)が電動車のかなりを占め、収益を支える状況が …

HVを超えたEV世界販売、それでもホンダ三部社長「30年、35年もHVは武器」[新聞ウォッチ] | レスポンス(Response.jp)
きのう(4月12日)は各メディアの自動車を担当する記者にとって、あわただしい1日になったようだ。

ホンダ、商用軽EVを24年前半に発売 100万円台に自信

ホンダは2022年4月12日、商用軽の電気自動車(EV)を、24年前半に日本で発売すると発表した。価格は100万円台に抑える。搭載するリチウムイオン電池は、中国 …

ホンダ、商用軽EVを24年前半に発売 100万円台に自信
 ホンダは2022年4月12日、商用軽の電気自動車(EV)を、24年前半に日本で発売すると発表した。価格は100万円台に抑える。搭載するリチウムイオン電池は、中国系のエンビジョンAESCグループ(神奈川県座間市)から調達する。

EV世界販売460万台、HV超え ホンダは5兆円投資 – 日本経済新聞

海外でのEV普及を受け、ホンダなど日本勢も巨額の投資を決めた。EVの主導権争いが自動車産業の構図を変えそうだ。調査会社マークラインズのデータから算出 …

EV世界販売460万台、HV超え ホンダは5兆円投資
2021年に世界の電気自動車(EV)の新車販売台数が約460万台と20年の2.2倍に増え、初めてハイブリッド車(HV)を上回った。低価格帯の車種が人気の中国で新車の1割を占め、温暖化対策を掲げてEVを後押しする欧米でも販売が好調だ。海外でのEV普及を受け、ホンダなど日本勢も巨額の投資を決めた。EVの主導権争いが自動車産...

実質後継のS660があっても人気に陰りなし! ホンダ・ビートが溺愛されるワケ – Yahoo!ニュース

軽自動車初のミッドシップ2シーターオープンカー「ホンダ・ビート」 … その理由はNSXと同様に、F1をはじめとしたホンダがモータースポーツで輝いていた …

実質後継のS660があっても人気に陰りなし! ホンダ・ビートが溺愛されるワケ(Auto Messe Web) - Yahoo!ニュース
 S660が生産終了となった今でも、マニアなファンの間で根強い人気を誇るホンダ・ビート。1991年のデビューからすでに30年以上が経過するなかで、生産台数(3万台以上)の半数以上が現存するなど、多く

ホンダ、2030年までに「30車種投入」 5兆円投資で電気自動車の生産大幅増へ(2022年4月12日)

5兆円を投資し、年間200万台以上の電気自動車を生産する計画です。 ホンダ・三部敏宏社長:「EV(電気自動車)時代も操る喜びはホンダ車だなと思って頂ける …

ホンダ、2030年までに「30車種投入」 5兆円投資で電気自動車の生産大幅増へ(2022年4月12日)
5兆円を投資し、年間200万台以上の電気自動車を生産する計画です。 ホンダ・三部敏宏社長:「EV(電気自動車)時代も操る喜びはホンダ車だなと思って頂けるようなものにしたい」 大手自動車メーカーのホンダは2030年までに世界で30車種の電気自動車を投入し、年間販売台数の約4割にあたる200万台以上を生産すると発表し...

ホンダが全国展開する「中古車サブスク」、どんな用途で使われる? – Yahoo!ニュース

ホンダは、中古車サブスクリプション(定額制)サービス「ホンダマンスリーオーナー」の展開エリアを全国に拡大した。これまで32都道府県にある182店舗で …

ホンダが全国展開する「中古車サブスク」、どんな用途で使われる?(ニュースイッチ) - Yahoo!ニュース
ホンダは、中古車サブスクリプション(定額制)サービス「ホンダマンスリーオーナー」の展開エリアを全国に拡大した。これまで32都道府県にある182店舗で展開していたが、47都道府県の378店舗で利用可能

ホンダ、30年にEV200万台超 30車種投入、電動化関連に5兆円 次世代電池も独自開発

ホンダは12日、電気自動車(EV)の世界生産台数を2030年までに年間200万台以上に引き上げる目標を発表した。 30車種を発売し、電動化やソフトウエア分野に …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

ホンダ、“操る喜び”を継承する“スペシャリティ”と“フラグシップ”2つのスポーツモデル導入を検討

本田技研工業は4月12日、四輪電動ビジネスの取り組みについて説明する会見を実施。電動化に向けた進捗と将来への事業変革を説明するとともに、 …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
タイトルとURLをコピーしました