トヨタの新BEV「bZ4X」、個人向けはサブスクのみ – Impress Watch

トヨタの新BEV「bZ4X」、個人向けはサブスクのみ – Impress Watch

トヨタは、新型BEV「bZ4X」を5月12日から発売する。BEV専用プラットフォームをSUBARUと共同開発し、トヨタとして初採用したほか、個人向けの販売はサブスク …

トヨタの新BEV「bZ4X」、個人向けはサブスクのみ
トヨタは、新型BEV「bZ4X」を5月12日から発売する。BEV専用プラットフォームをSUBARUと共同開発し、トヨタとして初採用したほか、個人向けの販売はサブスクサービスの「KINTO」のみ、法人向けもリースのみとするなど、販売面でも新たな施策に取り組んでいる。

ついにトヨタ新型「覆面クラウン」爆誕! 「気が付かなかった」人も! RSバッチ装着の15代目 …

覆面パトカーといえばトヨタ「クラウン」が採用されることが多いようです。現在、主流となるのは先代となる14代目クラウンですが、全国各地では現行となる15 …

ついにトヨタ新型「覆面クラウン」爆誕! 「気が付かなかった」人も! RSバッチ装着の15代目モデルが全国各地で目撃情報多数!
覆面パトカーといえばトヨタ「クラウン」が採用されることが多いようです。現在、主流となるのは先代となる14代目クラウンですが、全国各地では現行となる15代目クラウンの覆面パトカーが登場したようです。

トヨタ、ハリアーなど8万8000台をリコール…横滑り防止装置などに不具合

トヨタ自動車は4月13日、『ハリアー』など11車種について、横滑り防止装置(VSC)およびボディに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償 …

トヨタ、ハリアーなど8万8000台をリコール…横滑り防止装置などに不具合 | レスポンス(Response.jp)
トヨタ自動車は4月13日、『ハリアー』など11車種について、横滑り防止装置(VSC)およびボディに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

トヨタ「シエンタ」 防水性能が不十分 25万台余がリコールに – NHK.JP

【NHK】トヨタ自動車は製造する「シエンタ」で防水性能が不十分なためエンジンに雨水が入って動かなくなるおそれがあるとして、25万台…

トヨタ「シエンタ」 防水性能が不十分 25万台余がリコールに | NHK
【NHK】トヨタ自動車は製造する「シエンタ」で防水性能が不十分なためエンジンに雨水が入って動かなくなるおそれがあるとして、25万台…

トヨタ34.8万台リコール エンジン破損などの恐れ – 時事ドットコム

トヨタ自動車は13日、エンジンが破損する恐れがあるなどとして、乗用車「シエンタ」や「ハリアー」、高級ブランド「レクサス」の乗用車「LS500h」 …

トヨタ34.8万台リコール エンジン破損などの恐れ:時事ドットコム
トヨタ自動車は13日、エンジンが破損する恐れがあるなどとして、乗用車「シエンタ」や「ハリアー」、高級ブランド「レクサス」の乗用車「LS500h」など計12車種34万8152台(2015年5月~22年4月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

トヨタ34.8万台リコール エンジン破損などの恐れ(時事通信) – Yahoo!ニュース

トヨタ自動車は13日、エンジンが破損する恐れがあるなどとして、乗用車「シエンタ」や「ハリアー」、高級ブランド「レクサス」の乗用車「LS500h」など計12 …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

【トヨタ bZ4X】EV専用プラットフォーム採用、本格SUVの走破性を追求[詳細写真]

トヨタ自動車は4月12日、新型EV『bZ4X』を日本市場投入を発表した。個人向けにはサブスク「KINTO」、法人向けにはトヨタレンタリース店およびトヨタ …

【トヨタ bZ4X】EV専用プラットフォーム採用、本格SUVの走破性を追求[詳細写真] | レスポンス(Response.jp)
トヨタ自動車は4月12日、新型EV『bZ4X』を日本市場投入を発表した。個人向けにはサブスク「KINTO」、法人向けにはトヨタレンタリース店およびトヨタモビリティサービスからのリースで提供。5月12日より申込み受け付けを開始する。

トヨタ新型EVサブスク提供へ、値崩れ不安は「存在しない」…電池性能は一定程度保証 : 経済

トヨタ自動車は、新型電気自動車(EV)「bZ4X」を、個人向けは定額利用サービス「 KINTO ( キント ) 」を通じて5月12日から提供する。

トヨタ新型EVサブスク提供へ、値崩れ不安は「存在しない」…電池性能は一定程度保証
トヨタ自動車は、新型電気自動車(EV)「bZ4X」を、個人向けは定額利用サービス「 KINTO ( キント ) 」を通じて5月12日から提供する。現在のEVは維持費も含めてガソリン車に比べて割高なため、ユーザーの不安を

【トヨタ bZ4X】個人向けがサブスクのみになった理由…KINTO 小寺社長

トヨタ自動車は4月12日、新型電気自動車(EV)『bZ4X』の発表会をオンラインで開催し、5月12日から発売すると発表した。価格はFWDモデルが600万円、4WD …

【トヨタ bZ4X】個人向けがサブスクのみになった理由…KINTO 小寺社長 | レスポンス(Response.jp)
トヨタ自動車は4月12日、新型電気自動車(EV)『bZ4X』の発表会をオンラインで開催し、5月12日から発売すると発表した。価格はFWDモデルが600万円、4WDモデルが650万円だ。初年度は5000台の生産予定だが、買って所有することはできない。

トヨタ新型EV「bZ4X」 “サブスク”で提供 申し込み5月12日から – Yahoo!ニュース

トヨタ自動車は12日、新型の電気自動車を定額で利用できるサブスクリプションサービスで提供すると発表しました。 定額で利用できる車は、トヨタ初の量産型 …

トヨタ新型EV「bZ4X」 “サブスク”で提供 申し込み5月12日から(中京テレビNEWS) - Yahoo!ニュース
トヨタ自動車は12日、新型の電気自動車を定額で利用できるサブスクリプションサービスで提供すると発表しました。 定額で利用できる車は、トヨタ初の量産型電気自動車「bZ4X」で、車両の参考価格は600
タイトルとURLをコピーしました