実質後継のS660があっても人気に陰りなし! ホンダ・ビートが溺愛されるワケ – Yahoo !ニュース

実質後継のS660があっても人気に陰りなし! ホンダ・ビートが溺愛されるワケ – Yahoo!ニュース

S660が生産終了となった今でも、マニアなファンの間で根強い人気を誇るホンダ・ビート。1991年のデビューからすでに30年以上が経過するなかで、生産台数(3 …

実質後継のS660があっても人気に陰りなし! ホンダ・ビートが溺愛されるワケ(Auto Messe Web) - Yahoo!ニュース
 S660が生産終了となった今でも、マニアなファンの間で根強い人気を誇るホンダ・ビート。1991年のデビューからすでに30年以上が経過するなかで、生産台数(3万台以上)の半数以上が現存するなど、多く

実質後継のS660があっても人気に陰りなし! ホンダ・ビートが溺愛されるワケ – Auto Messe Web

この記事をまとめると 軽自動車初のミッドシップ2シーターオープンカーのホンダ・ビート F1譲りのテクノロジーを採用したエンジンやシャーシ性能を誇る …

実質後継のS660があっても人気に陰りなし! ホンダ・ビートが溺愛されるワケ | ~カスタム・アウトドア・福祉車両・モータースポーツなどのカーライフ情報が満載~ AUTO MESSE WEB
1991年にデビューしたホンダ・ビート。軽自動車初のミッドシップ2シーターオープンカーとして大ヒットし、NAながら64psを発揮したエンジンやシャーシ性能などもあり多くのユーザーから親しまれた。また生産台数の半数以上が今も現存するなど愛され続けている。

バブルの勢いで登場するも1代で消滅! 時代に翻弄された「インパクト大」のスポーツモデルたち

2022年3月には、ホンダS660というスポーツカーが一代限りで、その使命を終えた。間もなくフラッグシップスポーツカーであるNSXも生産を終えようとしている。

バブルの勢いで登場するも1代で消滅! 時代に翻弄された「インパクト大」のスポーツモデルたち
この記事をまとめると■バブルの頃に登場して一代で終わってしまったクルマをプレイバック■クルマとしては凄いモデルが多かったがセールス的に厳しかったのが最大の理由だ■一代で終わってしまったが今でも熱狂的なファンに愛されている名車も多いバブル景気…

今が狙い目の中古車はコレ 2022年春の相場情報(国産2シーターオープンカー編 – 定額カルモくん

新車の国産オープンカーはクーペ以上に絶滅危惧種 · アスリートのように無駄を削ぎ落とした軽オープンカー「ホンダS660」 · 2020年のマイナーチェンジで内外装を …

【2022年春の相場情報】今が狙い目の中古車はコレ(国産2シーターオープンカー編/萩原文博レポート) |自動車マーケット情報ならカルモマガジン
人気車種のモデルチェンジや季節的な要因などによって中古車の相場は日々動いています。そんな中古車市場で今狙い目のお得なモデルはどれなのか。中古車相場にも詳しい自動車評論家の萩原文博さんに聞いてみました。2022年春の中古車情報として取り上げるのは「国産2シーターオープンカー編」。新車はめっきり車種を減らしましたが、中古車...
タイトルとURLをコピーしました