トヨタ、約35万台リコール シエンタ/ハリアー/レクサスNXなど12車種 – Yahoo!ニュース

トヨタ、約35万台リコール シエンタ/ハリアー/レクサスNXなど12車種 – Yahoo!ニュース

トヨタは、2022年4月13日、シエンタ、ハリアー、ノア、ヴォクシーをはじめ、レクサスNXなど計12車種、34万8152台(2015年5月~2022年4月製造)の …

トヨタ、約35万台リコール シエンタ/ハリアー/レクサスNXなど12車種(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
トヨタは、2022年4月13日、シエンタ、ハリアー、ノア、ヴォクシーをはじめ、レクサスNXなど計12車種、34万8152台(2015年5月~2022年4月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通

トヨタ『アイゴX』、スパイシー仕様の「ジンジャー」設定…欧州発売へ

トヨタ自動車(Toyota)の欧州部門は4月8日、新型Aセグメントクロスオーバー車『アイゴX』(呼び方はアイゴクロス)に、「ジンジャー」を設定し、間もなく …

トヨタ『アイゴX』、スパイシー仕様の「ジンジャー」設定…欧州発売へ | レスポンス(Response.jp)
◆欧州Aセグクロスオーバー初のキャンバストップ設定 ◆9インチ高解像度タッチスクリーンディスプレイ ◆燃費21.3km/リットルの1.0リットル直3エンジン搭載

トヨタ新型「ヴォクシー」は燃費良し? オプション満載で影響ある? 豪華仕様で実燃費を徹底検証!

2022年1月におよそ8年ぶりのフルモデルチェンジを果たし、4代目へと進化したトヨタ「ヴォクシー」。

トヨタ新型「ヴォクシー」は燃費良し? オプション満載で影響ある? 豪華仕様で実燃費を徹底検証!(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 2022年1月におよそ8年ぶりのフルモデルチェンジを果たし、4代目へと進化したトヨタ「ヴォクシー」。

トヨタ シエンタHV、対象を26万台に拡大し再リコール…エンジン破損のおそれ

トヨタ自動車は4月13日、『シエンタ』ハイブリッド車のエンジンに不具合があるとして、国土交通省に再度リコール(回収・無償修理)を届け出た。

トヨタ シエンタHV、対象を26万台に拡大し再リコール…エンジン破損のおそれ | レスポンス(Response.jp)
トヨタ自動車は4月13日、『シエンタ』ハイブリッド車のエンジンに不具合があるとして、国土交通省に再度リコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2015年5月7日~2022年3月12日に製造された25万9991台。

トヨタのEV「bZ4X」に貢献したアイシンとBluE Nexusの技術:電気自動車(1/2 ページ) – MONOist

アイシンは2022年4月13日、トヨタ自動車の新型EV(電気自動車)「bZ4X」に採用された製品を発表した。 (1/2)

トヨタのEV「bZ4X」に貢献したアイシンとBluE Nexusの技術
アイシンは2022年4月13日、トヨタ自動車の新型EV(電気自動車)「bZ4X」に採用された製品を発表した。

売れ筋ミニバンに何が? トヨタ「シエンタ」の人気が下降気味!? 販売低迷の意外な原因とは

トヨタ「シエンタ」は、販売ランキングで月間1位を獲得したことがある人気モデルですが、昨今は販売が低迷しているようです。人気ミニバンに何があったの …

売れ筋ミニバンに何が? トヨタ「シエンタ」の人気が下降気味!? 販売低迷の意外な原因とは
トヨタ「シエンタ」は、販売ランキングで月間1位を獲得したことがある人気モデルですが、昨今は販売が低迷しているようです。人気ミニバンに何があったのでしょうか。

トヨタ新型「ヴォクシー」は燃費良し? オプション満載で影響ある? 豪華仕様で実燃費を徹底検証!

2022年1月に登場したトヨタ新型「ヴォクシー」は、プラットフォームやエンジン、運転支援システムなどさまざまな点が刷新されました。

トヨタ新型「ヴォクシー」は燃費良し? オプション満載で影響ある? 豪華仕様で実燃費を徹底検証!
2022年1月に登場したトヨタ新型「ヴォクシー」は、プラットフォームやエンジン、運転支援システムなどさまざまな点が刷新されました。新型ヴォクシー ハイブリッドの実燃費を調査すべく、高速道路やワインディング、一般道で計測しました。

EVの実用性向上へ、デンソーが4製品開発 トヨタの新型EVで採用 | 日経クロステック(xTECH)

デンソーは、電気自動車(EV)の実用性向上に向けた製品を開発し、トヨタ自動車のEV「bZ4X」やSUBARUのEV「ソルテラ」に採用されたと発表した。

EVの実用性向上へ、デンソーが4製品開発 トヨタの新型EVで採用
 デンソーは、電気自動車(EV)の実用性向上に向けた製品を開発し、トヨタ自動車のEV「bZ4X」やSUBARUのEV「ソルテラ」に採用されたと発表した。EVでは、1充電航続距離(以下、航続距離)の延長や充電時間の短縮、電池の長寿命化などが普及に向けた課題となっており、それらの改善によるEVの実用性向上が期待されている。

トヨタ系が挑む、「EV電池」生産性100倍への道筋 – ニュースイッチ

トヨタ自動車が車載電池の原価低減を加速する。傘下のプライムアースEVエナジー(PEVE、静岡県湖西市)は、2024年頃をめどに現状比2割以上の …

トヨタ系が挑む、「EV電池」生産性100倍への道筋|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社
こちらは、トヨタ系が挑む、「EV電池」生産性100倍への道筋のページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。

世界がシビれる トヨタGRカローラ、米国で一般公開 300馬力超の最新ホットハッチ

トヨタの新たな高性能モデル、GRカローラがニューヨーク・モーターショー2022でお披露目されました。

世界がシビれる トヨタGRカローラ、米国で一般公開 300馬力超の最新ホットハッチ - AUTOCAR JAPAN
トヨタの新たな高性能モデル、GRカローラがニューヨーク・モーターショー2022でお披露目されました。
タイトルとURLをコピーしました