スバル、フォレスター など3車種を出荷見合わせ…エンジン不具合[新聞ウォッチ ]

スバル、フォレスター など3車種を出荷見合わせ…エンジン不具合[新聞ウォッチ]

そして、現時点でリコールの届け出は行われていないものの、SUBARU(スバル)が、群馬製作所(群馬県太田市)で生産している『フォレスター』などの主力3 …

スバル、フォレスター など3車種を出荷見合わせ…エンジン不具合[新聞ウォッチ] | レスポンス(Response.jp)
各紙の社会面などに取り上げられる自動車のリコール(回収・無償修理)や不具合の情報が相次いでいる。

スバルの新型バッテリEV「ソルテラ」にハーマンカードンのサウンドシステム採用 – Car Watch

ハーマンインターナショナルは4月14日、同日発表されたスバルの新型バッテリEV「ソルテラ」(日本仕様)の「ET-HS」グレードに「Harman Kardon (ハーマン …

スバルの新型バッテリEV「ソルテラ」にハーマンカードンのサウンドシステム採用
 ハーマンインターナショナルは4月14日、同日発表されたスバルの新型バッテリEV「ソルテラ」(日本仕様)の「ET-HS」グレードに「Harman Kardon (ハーマンカードン)」のサウンドシステムが採用されたと発表した。

スバル、北米向け「アウトバック」に広角単眼カメラを新採用 アイサイトの認識能力を強化

改良を受けた北米向けアウトバックは、2022年秋に米国で販売開始予定. スバルは4月13日、米国で生産する北米向け「アウトバック」の改良に合わせ、一部グレード …

スバル、北米向け「アウトバック」に広角単眼カメラを新採用 アイサイトの認識能力を強化
 スバルは4月13日、米国で生産する北米向け「アウトバック」の改良に合わせ、一部グレードにアイサイトの認識能力を強化する広角単眼カメラを新たに採用したと発表した。

AIで検査を不要にしたスバル 加工データから全数の品質を予測 | 日経クロステック(xTECH)

SUBARU(以下、スバル)は富士通などと共同で、カムシャフト研削加工における全ワークの品質をリアルタイムで予測し、良否を判定する人工知能(AI)モデルを …

AIで検査を不要にしたスバル 加工データから全数の品質を予測
 SUBARU(以下、スバル)は富士通などと共同で、カムシャフト研削加工における全ワークの品質をリアルタイムで予測し、良否を判定する人工知能(AI)モデルを開発した。2019年12月からの実証試験を経て、22年1月末からスバル群馬製作所大泉工場(群馬県大泉町)の量産ラインで本格稼働を開始している。

ワイルドすぎる! デザイン一新したスバル新型「アウトバック」が米で初公開! 新アイサイトも搭載

北米仕様のスバル新型「アウトバック」が初公開されました。2023年モデルの新型アウトバックはデザインが一新され、アイサイトの機能が向上します。

ワイルドすぎる! デザイン一新したスバル新型「アウトバック」が米で初公開! 新アイサイトも搭載
北米仕様のスバル新型「アウトバック」が初公開されました。2023年モデルの新型アウトバックはデザインが一新され、アイサイトの機能が向上します。

スバル、CB18エンジンの不具合で生産停止 出荷再開には2カ月半 – 日刊自動車新聞

スバルは、排気量1.8リットルガソリンエンジン「CB18」の不具合で、同エンジンを搭載する「レヴォーグ」「フォレスター」「アウトバック」の3車種の生産を4 …

スバル、「CB18」エンジンの不具合で生産停止 出荷再開には2カ月半 対象は「レヴォーグ」「フォレスター」「アウトバック」|自動車メーカー|net+
スバルは、排気量1.8リットルガソリンエンジン「CB18」の不具合で、同エンジンを搭載する「レヴォーグ」「フォレスター」「アウトバック」の3車種の生産を4月下旬に停止することが判明した。すでに先週か…

スバル、主力3車種で生産停止 搭載エンジンに不具合:時事ドットコム

SUBARU(スバル)が主力3車種に搭載しているエンジンで不具合が見つかったことが15日、明らかになった。同社は対象となる車両の出荷を既に見合わせ …

スバル、主力3車種で生産停止 搭載エンジンに不具合:時事ドットコム
SUBARU(スバル)が主力3車種に搭載しているエンジンで不具合が見つかったことが15日、明らかになった。同社は対象となる車両の出荷を既に見合わせており、生産も近く取りやめる。半導体不足などで減産を強いられる中、人気車種の生産・販売停止は業績に響く恐れがある。

スバル、主力3車種の出荷停止2カ月半 一部モデルで – 日本経済新聞

SUBARU(スバル)がエンジン不具合により、国内の主力3車種の一部モデルの販売と出荷を6日に停止していたことが明らかになった。出荷再開には2カ月半かかる …

スバル、主力3車種の出荷停止2カ月半 一部モデルで   
SUBARU(スバル)がエンジン不具合により、国内の主力3車種の一部モデルの販売と出荷を6日に停止していたことが明らかになった。出荷再開には2カ月半かかる見通し。販売済みの車両も原因次第ではリコール(回収・無償修理)する可能性がある。その費用を含め、約100億円の営業減益要因となると予測する見方もあり、業績回復への打撃...

スバル、エンジン不具合 主力3車種、出荷見合わせ – 朝日新聞デジタル

スバルが国内で生産する主力3車種のエンジンに不具合が見つかり、出荷を見合わせていることがわかった。原因の調査や対策などで、出荷の再開には2カ月半 …

スバル、エンジン不具合 主力3車種、出荷見合わせ:朝日新聞デジタル
 スバルが国内で生産する主力3車種のエンジンに不具合が見つかり、出荷を見合わせていることがわかった。原因の調査や対策などで、出荷の再開には2カ月半ほどかかる見通しで、生産も近く止める。スバルは半導体不…

スバル初の量産EV「ソルテラ」、5月受注開始 トヨタと開発 – 朝日新聞デジタル

スバルは14日、同社初となる量産型の電気自動車(EV)「ソルテラ」について、5月12日から注文を受けると発表した。トヨタ自動車と共同開発したSUV(スポーツ …

スバル初の量産EV「ソルテラ」、5月受注開始 トヨタと開発:朝日新聞デジタル
 スバルは14日、同社初となる量産型の電気自動車(EV)「ソルテラ」について、5月12日から注文を受けると発表した。トヨタ自動車と共同開発したSUV(スポーツ用多目的車)で、希望小売価格は消費税込み5…
タイトルとURLをコピーしました