期待外れ!?、ホンダのEV戦略でカギ握る3つの要素(ニュースイッチ) – Yahoo!ニュー ス

期待外れ!?、ホンダのEV戦略でカギ握る3つの要素(ニュースイッチ) – Yahoo!ニュース

ホンダが2040年の“脱エンジン”を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との …

期待外れ!?、ホンダのEV戦略でカギ握る3つの要素(ニュースイッチ) - Yahoo!ニュース
 ホンダが2040年の“脱エンジン”を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場

潔さ! 50周年を迎えるホンダ シビック…オートモビルカウンシル2022 | レスポンス(Response.jp)

ホンダは今年で発売から50周年を迎える『シビック』をテーマに出展。初代の潔いほどのシンプルさが新鮮だ。

潔さ! 50周年を迎えるホンダ シビック…オートモビルカウンシル2022 | レスポンス(Response.jp)
ホンダは今年で発売から50周年を迎える『シビック』をテーマに出展。初代の潔いほどのシンプルさが新鮮だ。

レッドブルF1首脳 「2017年にホンダを説得するのは簡単ではなかった」

マックス・フェルスタッペンの最初のF1ワールドチャンピオン獲得へのホンダの貢献は、昨年のアブダビでの決定的なレース以来、高く評価された。

レッドブルF1首脳 「2017年にホンダを説得するのは簡単ではなかった」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2017年にホンダをF1にとどまることを説得するのは「簡単ではなかった」と語る。マックス・フェルスタッペンの最初のF1ワールドチャンピオン獲得へのホンダの貢献は、昨年のアブダビでの決定的なレース以来、高く評価された。しかし、マクラーレンとのパート...

ホンダ新型「シビックType R」が鈴鹿FF最速タイム更新! ライバルは「タイプR」!! ルノー …

ホンダの誇るFFスポーツカーである「シビックType R」。1997年に登場したEK9から2021年7月に生産を終えたモデルに至るまで、そのどれもがピュアな …

ホンダ新型「シビックType R」が鈴鹿FF最速タイム更新! ライバルは「タイプR」!! ルノー「メガーヌ」は眼中にない!? | VAGUE(ヴァーグ)
ホンダの誇るFFスポーツカーである「シビックType R」。1997年に登場したEK9から2021年7月に生産を終えたモデルに至るまで、そのどれもがピュアなドライビングフィールが楽しめるモデルで、これまでに多くのファンを虜にしてきました。そんなシビックType Rの最新モデル、それもプロトタイプが、鈴鹿サーキットのFF...

ホンダ「スーパーカブ110プロ」新型発売 よりタフで便利なモデルに進化 – Yahoo!ニュース

ホンダは2022年5月19日、新エンジンを搭載するとともに、前輪ディスクブレーキや前・後輪にキャストホイールを標準装備するなどのモデルチェンジを図った、 …

ホンダ「スーパーカブ110プロ」新型発売 よりタフで便利なモデルに進化(バイクのニュース) - Yahoo!ニュース
 ホンダは2022年5月19日、新エンジンを搭載するとともに、前輪ディスクブレーキや前・後輪にキャストホイールを標準装備するなどのモデルチェンジを図った、新型「スーパーカブ110プロ」を発売します。

スタートから1時間経過。ヨシムラ、TSRホンダの1-2/2022EWC第1戦ル・マン24時間 | MotoGP

TSR Honda France(ジョシュ・フック/ジノ・レイ/マイク・ディ・メリオ組)、3番手は#37 BMW MOTORRAD WORLD ENDURANCE TEAM(マーカス・ライターベルガー/ …

スタートから1時間経過。ヨシムラ、TSRホンダの1-2/2022EWC第1戦ル・マン24時間 | MotoGP | autosport web
 2022FIM世界耐久選手権(EWC)第1戦ル・マン24時間耐久ロードレースの決勝が4月16~17日にフランスのル・マン-ブガッティ・サーキットで行われ、最初の1時間は#1 ヨシムラSERT Motul(グレッグ・ブラック/チャビエル・シメオン/シルバン・ギュントーリ組)がトップを走行している。 2番手は#5 F.C...

ホンダが投入、2モーター式ハイブリッドシステム搭載「シビック」の性能 – ニュースイッチ

ホンダは、ハッチバック「シビック」に、2モーター式のハイブリッドシステム「e:HEV」搭載の「シビック イーエイチイーブイ=写真」を追加し7月に …

ホンダが投入、2モーター式ハイブリッドシステム搭載「シビック」の性能|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社
こちらは、ホンダが投入、2モーター式ハイブリッドシステム搭載「シビック」の性能のページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。

消滅&間もなく絶版!! 元ホンダ営業マンが惜しむ「残してほしかった」モデル 3選 – ベストカー

この2年間で9車種が絶版となったホンダ。2021年はアクティ、オデッセイ、レジェンド、クラリティが生産終了。2022年3月にS660が生産終了したことが記憶に …

消滅&間もなく絶版!! 元ホンダ営業マンが惜しむ「残してほしかった」モデル 3選 - 自動車情報誌「ベストカー」
 この2年間で9車種が絶版となったホンダ。2021年はアクティ、オデッセイ、レジェンド、クラリティが生産終了。2022年3月にS660が生産終了したことが記憶に新しい。さらに12月には、2代目NSXの生産終了が決定している。  また、当サイ…

トヨタ勢で唯一Q1落ちしてしまったKeePerの予選事情【第1戦GT500予選】 | スーパーGT

トヨタGRスープラの圧倒的優勢が予想されたスーパーGT第1戦岡山の予選でホンダ勢で唯一Q1突破を果たし、予選3番グリッドを獲得した100号車のSTANLEY NSX-GT …

ホンダ勢で唯一Q1突破のSTANLEYと、トヨタ勢で唯一Q1落ちしてしまったKeePerの予選事情【第1戦GT500予選】 | スーパーGT | autosport web
 トヨタGRスープラの圧倒的優勢が予想されたスーパーGT第1戦岡山の予選でホンダ勢で唯一Q1突破を果たし、予選3番グリッドを獲得した100号車のSTANLEY NSX-GT。そして、予選Q1でトップタイムをマークした36号車au TOM'S GRスープラに対して、13番手とまさかのQ1落ちとなった37号車KeePer ...

ホンダ電動化戦略の現在地【石井昌道の自動車テクノロジー最前線】 | 中古車なら【グーネット】

ホンダが発表した電動化の最新情報を自動車ジャーナリストの石井昌道氏が解説します。

ホンダ電動化戦略の現在地【石井昌道の自動車テクノロジー最前線】 | 中古車なら【グーネット】
ホンダが発表した電動化の最新情報を自動車ジャーナリストの石井昌道氏が解説します。
タイトルとURLをコピーしました