ニッサンZが初戦で予選5番手獲得もニスモ2台がまさかのQ1敗退。「悔しい」を繰り 返す松田次生 …

ニッサンZが初戦で予選5番手獲得もニスモ2台がまさかのQ1敗退。「悔しい」を繰り返す松田次生 …

スーパーGT開幕戦、第1戦岡山のフリー走行でトップタイムをマークした23号車MOTUL AUTECH Z。3番手には同じニスモチームとなった3号車CRAFTSPORTS MOTUL Z、 …

ニッサンZが初戦で予選5番手獲得もニスモ2台がまさかのQ1敗退。「悔しい」を繰り返す松田次生【第1戦GT500あと読み】 | autosport web Premium会員ニュース | autosport web
 スーパーGT開幕戦、第1戦岡山のフリー走行でトップタイムをマークした23号車MOTUL AUTECH Z。3番手には同じニスモチームとなった3号車CRAFTSPORTS MOTUL Z、そして5番手に24号車リアライズコーポレーション ADVAN Zと、1-3

日産アリアとニッサン パビリオンが世界で最も権威あるデザイン賞の「iF デザインアワード」を受賞

高品質でモダンな日産デザインを高く評価 2022年4月14日(木)、日産自動車は、日産アリアとニッサンパビリオンがドイツの「iF(アイエフ)デザイン …

日産アリアとニッサン パビリオンが世界で最も権威あるデザイン賞の「iF デザインアワード」を受賞 | clicccar.com
■高品質でモダンな日産デザインを高く評価 2022年4月14日(木)、日産自動車は、日産アリアとニッサンパビリオンがドイツの「iF(アイエフ)デザインアワード」を受賞したと発表しました。 1954年に創設された「iF デザインアワード」は、世界で最も権威のあるデザイン賞のひとつです。

ENEOS大嶋が6年ぶりのポール獲得。明暗別れたニッサンZ、最上位は5番手に【第 … – autosport web

auto sport Premiumが登場。 … 最終限定車“タイプS”採用の新生NSX-GTは3番手、これがデビュー戦のニッサンZ GT500は5番グリッドが最上位となった。

ENEOS大嶋が6年ぶりのポール獲得。明暗別れたニッサンZ、最上位は5番手に【第1戦岡山GT500予選】 | スーパーGT | autosport web
 新規車種の登場、車両開発の一部解禁で、戦力分布の"仕切り直し"を期待させる2022年スーパーGT開幕戦、岡山国際サーキットでのGT500クラス公式予選は、同地の前年度覇者である14号車ENEOS X PRIME GR Supraの大嶋和也がポールポジションを獲得。2番手にも39号車DENSO KOBELCO SARD...

日産アリアとニッサン パビリオンが世界で最も権威あるデザイン賞の「iF デザインアワード」を受賞

高品質でモダンな日産デザインを高く評価2022年4月14日(木)、日産自動車は、日産アリアとニッサンパビリオンがドイツの「iF(アイエフ)デザイン …

日産アリアとニッサン パビリオンが世界で最も権威あるデザイン賞の「iF デザインアワード」を受賞 (2022年4月16日) - エキサイトニュース
■高品質でモダンな日産デザインを高く評価2022年4月14日(木)、日産自動車は、日産アリアとニッサンパビリオンがドイツの「iF(アイエフ)デザインアワード」を受賞したと発表しました。1954年に創設...

ENEOS大嶋が6年ぶりのポール獲得。明暗別れたニッサンZ、最上位は5番手に【第1戦岡山GT500 …

ニッサン陣営からはブリヂストンタイヤを装着する12号車と、ヨコハマタイヤを履く24号車がQ2へと進んだが、移籍により2022年はタイヤ銘柄を変更して挑むこと …

ENEOS大嶋が6年ぶりのポール獲得。明暗別れたニッサンZ、最上位は5番手に【第1戦岡山GT500予選】(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 新規車種の登場、車両開発の一部解禁で、戦力分布の“仕切り直し”を期待させる2022年スーパーGT開幕戦、岡山国際サーキットでのGT500クラス公式予選は、同地の前年度覇者である14号車ENEOS

日産、アリアとニッサン・パビリオンで独「iFデザインアワード2022」受賞(AUTOCAR JAPAN …

「タイムレス・ジャパニーズ・フューチャリズム」日産は、「アリア」と「ニッサン・パビリオン」がドイツの「iFデザインアワード」を受賞したと発表した。

日産、アリアとニッサン・パビリオンで独「iFデザインアワード2022」受賞(AUTOCAR JAPAN)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
「タイムレス・ジャパニーズ・フューチャリズム」日産は、「アリア」と「ニッサン・パビリオン」がドイツの「iFデザインアワード」を受賞したと発表した。ドイツのハノーバーのiF International Forum Designが主催するiFデ...(ヘッドライン)

新加入だけど先輩の平手晃平、似たスタイルの佐々木大樹【GT500新コンビの … – autosport web

3台予選Q2進出の好調ニッサンGT-R陣営。決勝で鍵を握る、路面とタイヤのマッチング【第7戦GT500予選あと読み】 · P会員 スーパーGT 2021/11/06.

新加入だけど先輩の平手晃平、似たスタイルの佐々木大樹【GT500新コンビのファーストインプレッション/24号車リアライズ ADVAN Z】 | スーパーGT | autosport web
 毎年、スーパーGTのGT500クラスでは各陣営ともにドライバーの入れ替えなど体制変更を行うチームが多く、2022年もGT500クラス15台のうち8台でペアが変更となった。コンビが変わると、セッティングの方向性やドライビンススタイルなど"相性"の部分も気になってくるもの。

ENEOS大嶋が6年ぶりのポール獲得。明暗別れたニッサンZ、最上位は5番手に【第1戦岡山GT500 …

最終限定車“タイプS”採用の新生NSX-GTは3番手、これがデビュー戦のニッサンZ GT500は5番グリッドが最上位となった。 前日搬入日こそ降雨に見舞われた …

ENEOS大嶋が6年ぶりのポール獲得。明暗別れたニッサンZ、最上位は5番手に【第1戦岡山GT500予選】(2022年4月16日)|BIGLOBEニュース
新規車種の登場、車両開発の一部解禁で、戦力分布の“仕切り直し”を期待させる2022年スーパーGT開幕戦、岡山国際サーキットでのGT500クラス公式予選は、同地の前年度覇者であ…|BIGLOBEニュース

年内にディーラーで売る? 日産+イトーキ モバイルオフィスカー「ム―ウ」が変える業界の常識

日産、アリアとニッサン・パビリオンで独「iFデザインアワード2022」受賞 · 日産 新たなスポーツモデルの投入「検討中」 鍵を握るは固体電池 欧州幹部が語る …

年内にディーラーで売る? 日産+イトーキ モバイルオフィスカー「ム―ウ」が変える業界の常識 - AUTOCAR JAPAN
日産とイトーキがモバイルオフィスカー「ムーウ」を発表。業界に与える大きな影響について解説します。

新鮮な発見に驚く塚越広大、新たな発想を持ち込む松下信治【GT500新コンビのファースト …

関連情報 · ニッサン/ニスモ、2022年のスーパーGT GT500クラス参戦の4台の車名とカラーリングを発表 · 手ごたえと課題はそれぞれ。 · スーパーGTネクスト世代、最 …

新鮮な発見に驚く塚越広大、新たな発想を持ち込む松下信治【GT500新コンビのファーストインプレッション/17号車Astemo NSX-GT】|au Webポータル
au Webポータル
タイトルとURLをコピーしました