【ギャラリー】ミナルディF1全マシン……「愛すべき”弱小”チーム」

【ギャラリー】ミナルディF1全マシン……「愛すべき”弱小”チーム」

ジャンカルロ・ミナルディが興したF1チーム”ミナルディ”。その全マシンを紹介。

ミナルディF1全マシン……「愛すべき”弱小”チーム」
ジャンカルロ・ミナルディが興したF1チーム”ミナルディ”。その全マシンを紹介。

レッドブルF1、ポルシェと提携の噂の中で独自F1エンジンを着実に準備

レッドブルは、現在のF1エンジンの凍結が終了する2026年F1シーズンから独自のパワーユニットを製造する。ポルシェとの提携が噂されるなか、レッドブル・ …

レッドブルF1、ポルシェと提携の噂の中で独自F1エンジンを着実に準備
レッドブルは、現在のF1エンジンの凍結が終了する2026年F1シーズンから独自のパワーユニットを製造する。ポルシェとの提携が噂されるなか、レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2026年から独自のF1パワーユニットを構築するというチームの野心は非常に生きていると断言した。

マゼピン、突然失ったF1シートと136億円の財産。今の目標と週5日の活動とは? – Yahoo!ニュース

ロシアのウクライナ侵攻により、突然F1シートを失ったロシア人ドライバーのニキータ・マゼピンだが、オフロードのラリーでモータースポーツのキャリアを継続 …

マゼピン、突然失ったF1シートと136億円の財産。今の目標と週5日の活動とは?(TopNews) - Yahoo!ニュース
ロシアのウクライナ侵攻により、突然F1シートを失ったロシア人ドライバーのニキータ・マゼピンだが、オフロードのラリーでモータースポーツのキャリアを継続する可能性があるという。 ■ハースF1代表「うま

F1で存在感を強める仮想通貨。懐疑的な意見に、F1チーム首脳ら反論 – Motorsport

現在のF1には、仮想通貨関連企業がスポンサーとして続々と参入しているが、この業界には問題も多く、懐疑的な見方をする人たちもいる。

F1で存在感を強める仮想通貨。懐疑的な意見に、F1チーム首脳ら反論
現在のF1には、仮想通貨関連企業がスポンサーとして続々と参入しているが、この業界には問題も多く、懐疑的な見方をする人たちもいる。しかしレッドブルやメルセデスなどのチーム代表らは、この意見に反論する。

ハースF1代表、Bチーム批判に反論 「発言しただけで変わると思うな」 – F1-Gate.com

ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、論争の的となっている“Bチーム”がチーム間で知識と人事異動についてルールを巧みに利用している …

ハースF1代表、Bチーム批判に反論 「発言しただけで変わると思うな」
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、論争の的となっている“Bチーム”がチーム間で知識と人事異動についてルールを巧みに利用しているとの批判には慣れっこだと語る。技術的に言えば、ハースF1チーム自体はコンストラクターズではない。シャシーはイタリアのダラーリによって製造され、エンジンとギアボックスはフェ...

フェルスタッペン「関係はより強固になった」F1を撤退したホンダがHRCを通じて続ける …

そしてリタイアの理由がPUのトラブルだという勘違いにとどまらず、今シーズンのホンダのF1への関わり方に対する大きな誤解もあった。曰く、レッドブルにトラブル …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

ランド・ノリス、“究極のF1ドライバー像”の1つの個性に角田裕毅を選択

マクラーレンのF1ドライバーであるランド・ノリスは、ファンから5名のF1ドライバーを組み合わせて“究極のF1ドライバー”を作ることを求められ、そこに意外に …

ランド・ノリス、“究極のF1ドライバー像”の1つの個性に角田裕毅を選択
マクラーレンのF1ドライバーであるランド・ノリスは、ファンから5名のF1ドライバーを組み合わせて“究極のF1ドライバー”を作ることを求められ、そこに意外にも角田裕毅を入れた。現在のF1フィールドは長年にわたって最も競争力がある。24歳のランド・ノリスもその一人であり、将来のスターとみなされている若いドライバーのグループ...

F1技術解説:第3戦(1)圧勝したフェラーリF1-75。対レッドブルの優位性はどこにあるのか

2022年F1第3戦オーストラリアGPで各チームが走らせたマシンを、F1i.comの技術分野を担当するニコラス・カルペンティエルが観察、印象に残った点などについて …

F1技術解説:第3戦(1)圧勝したフェラーリF1-75。対レッドブルの優位性はどこにあるのか | F1 | autosport web
 2022年F1第3戦オーストラリアGPで各チームが走らせたマシンを、F1i.comの技術分野を担当するニコラス・カルペンティエルが観察、印象に残った点などについて解説する。今回は圧勝したフェラーリF1-75の優位性について考察する。 ──────────────────────────────── ■異なるサーキット...

角田裕毅を推しまくるランド・ノリス、実はかなりのお気に入り?

非力かつ軽量なカートではF1マシン以上にそれがアドバンテージとなる。 2022年F1ドライバーの身長と体重. ドライバー, 身長(cm), 体重(). エステバン …

角田裕毅を推しまくるランド・ノリス、実はかなりのお気に入り? | Formula1-Data / F1情報・ニュース速報解説
ランド・ノリス(マクラーレン)の最近の”推し”は角田裕毅のようだ。第3戦オーストラリアGPを前に寄せられたファンからの様々な質問に対して22歳の陽気なイギリス人

フェルスタッペン「関係はより強固になった」F1を撤退したホンダがHRCを通じて続ける …

イタリアにいるF1関係者から携帯電話がかかってきた。「ところで、ホンダはどうしたの?といっても、いまはホンダじゃなくて、レッドブルがパワーユニットを …

フェルスタッペン「関係はより強固になった」F1を撤退したホンダがHRCを通じて続けるレッドブルへの貢献とは(尾張正博)
ホンダのパワーユニットを巡って、混乱が生じている。イタリアにいるF1関係者から携帯電話がかかってきた。「ところで、ホンダはどうしたの?といっても、いまはホンダじゃなくて、レッドブルがパワーユニットを作っているんだから、ホンダは関係ないか。やっ
タイトルとURLをコピーしました