ENEOS GR Supraがポール・トゥ・ウイン。ニッサンZ勢はレースで一変 – autosport web

ENEOS GR Supraがポール・トゥ・ウイン。ニッサンZ勢はレースで一変 – autosport web

ニッサンZ勢はレースで一変、大躍進のデビュー表彰台獲得【第1戦岡山GT500決勝レポート】. レースを愛してやまないファンの方々へ auto sport Premiumが登場。

ENEOS GR Supraがポール・トゥ・ウイン。ニッサンZ勢はレースで一変、大躍進のデビュー表彰台獲得【第1戦岡山GT500決勝レポート】 | スーパーGT | autosport web
 緊迫の接近戦が期待された2022年のスーパーGT開幕戦は、ポールシッターの14号車ENEOS X PRIME GR Supraの大嶋和也と山下健太が、アクシデントも絡んだ終盤戦の3メーカー"三つ巴"のファイナルバトルを制し、2年連続で岡山国際サーキットを制覇。2019年チャンピオンコンビが磐石のシーズンスタートを切り...

新型Zのデビュー戦で3位表彰台を獲得【第1戦GT500決勝】 | スーパーGT | autosport web

2022年スーパーGT開幕戦、第1戦岡山の予選でQ1敗退してしまったニッサンチームのエース車両、23号車MOTUL AUTECH Zだったが、決勝では9番手グリッドから …

「ゾーンに入った感じがあった」松田次生&MOTUL、新型Zのデビュー戦で3位表彰台を獲得【第1戦GT500決勝】 | スーパーGT | autosport web
 2022年スーパーGT開幕戦、第1戦岡山の予選でQ1敗退してしまったニッサンチームのエース車両、23号車MOTUL AUTECH Zだったが、決勝では9番手グリッドから追い上げ、見事3位表彰台を獲得する大躍進を見せた。厳しい予選から一転、レースでの強さを見せた23号車の戦いを、ドライバー、チーむ首脳に聞いた。

ENEOS GR Supraがポール・トゥ・ウイン。ニッサンZ勢はレースで一変 – Yahoo!ニュース

緊迫の接近戦が期待された2022年のスーパーGT開幕戦は、ポールシッターの14号車ENEOS X PRIME GR Supraの大嶋和也と山下健太が、アクシデントも絡んだ終盤戦 …

ENEOS GR Supraがポール・トゥ・ウイン。ニッサンZ勢はレースで一変、大躍進のデビュー表彰台獲得【第1戦岡山GT500決勝レポート】(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 緊迫の接近戦が期待された2022年のスーパーGT開幕戦は、ポールシッターの14号車ENEOS X PRIME GR Supraの大嶋和也と山下健太が、アクシデントも絡んだ終盤戦の3メーカー“三つ巴

【動画付き】はい このGT-R(R35)22万5千キロ以上走ってます そして今も毎日活躍しています

ニッサンGT-Rがスーパーアスリートであることを、このGT-Rが証明している。11年間で225,000kmの走行距離を記録しているからだ。それも新車当時のブレーキ …

【動画付き】はい このGT-R(R35)22万5千キロ以上走ってます そして今も毎日活躍しています(AUTO BILD JAPAN Web) - Yahoo!ニュース
20万キロ以上という走行距離は、決してそれ自体がセンセーションではない。しかしそれがスーパースポーツカーとなると話は別だ。あるアメリカ人オーナーは、ニッサンGT-R(R35)を日常の足として使ってい

トヨタ勢で唯一Q1落ちしてしまったKeePerの予選事情【第1戦GT500予選】 – autosport web

ニッサンZが初戦で予選5番手獲得もニスモ2台がまさかのQ1敗退。「悔しい」を繰り返す松田次生【第1戦GT500あと読み】 · P会員 スーパーGT 2022/04/16.

ホンダ勢で唯一Q1突破のSTANLEYと、トヨタ勢で唯一Q1落ちしてしまったKeePerの予選事情【第1戦GT500予選】 | スーパーGT | autosport web
 トヨタGRスープラの圧倒的優勢が予想されたスーパーGT第1戦岡山の予選でホンダ勢で唯一Q1突破を果たし、予選3番グリッドを獲得した100号車のSTANLEY NSX-GT。そして、予選Q1でトップタイムをマークした36号車au TOM'S GRスープラに対して、13番手とまさかのQ1落ちとなった37号車KeePer ...

ENEOS GR Supraがポール・トゥ・ウイン。ニッサンZ勢はレースで一変、大躍進のデビュー …

前日土曜には強風ドライコンディションのなか注目のニューモデル、ニッサンZ GT500がデビューし、午前の公式練習で23号車MOTUL AUTECH Zが首位を奪った …

ENEOS GR Supraがポール・トゥ・ウイン。ニッサンZ勢はレースで一変、大躍進のデビュー表彰台獲得【第1戦岡山GT500決勝】(2022年4月17日)|BIGLOBEニュース
緊迫の接近戦が期待された2022年のスーパーGT開幕戦は、ポールシッターの14号車ENEOSXPRIMEGRSupraの大嶋和也と山下健太が、アクシデントも絡んだ終盤戦の3メ…|BIGLOBEニュース

SUPER GT開幕戦岡山、GT500はルーキーレーシングの14号車GR Supraが優勝 … – Car Watch

… 山本尚貴/牧野任祐組、BS)、3位はこのレースがニッサンZのデビューレースとなった23号車 MOTUL AUTECH Z(松田次生/ロニー・クインタレッリ組、MI)。

SUPER GT開幕戦岡山、GT500はルーキーレーシングの14号車GR Supraが優勝 GT300はコンドーレーシングの56号車GT-Rが優勝し、いずれも2年連続開幕戦優勝
 SUPER GT開幕戦の決勝が4月17日、岡山国際サーキット(岡山県美作市)で開催された。GT500は予選でポールポジションを獲得した14号車 ENEOS X PRIME GR Supra(大嶋和也/山下健太組、BS)がポールトゥウインで優勝した。2位は100号車 STANLEY NSX-GT(山本尚貴/牧野任祐組、...

日産アリアに初試乗! エントリーのB6でも新次元BEVを体感できる【インプレ動画あり】

2019年の東京モーターショーの日産ブースで話題となった、アリアコンセプトは、『ニッサン・インテリジェント・モビリティ』を具現化したモデルとして注目を …

日産アリアに初試乗! エントリーのB6でも新次元BEVを体感できる【インプレ動画あり】
ようやく日産アリアに試乗できた。日産期待の電気自動車アリアの発売はワールドプレミアしてからだいぶ時間が経ってしまったが、けして計画より大幅に遅れたわけではなくスケジュールどおり(若干遅れているのは事実だが)だという。バッテリー容量66kWhで航続距離470km、FWDのアリアとしてはベーシックモデルであるB6 FWDを...
タイトルとURLをコピーしました