「名前は同じなのに…もはや別人なのね」 自社ロゴ装着も中身は全然違う不思議 なクルマ 3選

「名前は同じなのに…もはや別人なのね」 自社ロゴ装着も中身は全然違う不思議なクルマ 3選

そんなOEM車を3台ピックアップしました。 tags: マツダ, MAZDA2, スバル, サンバートラック, サンバーバン, スズキ, ランディ, コンパクトカー, ミニバン, 軽 …

「名前は同じなのに…もはや別人なのね」 自社ロゴ装着も中身は全然違う不思議なクルマ 3選
自動車メーカーのラインナップにはOEM車という他社モデルに自社のエンブレムを装着しているクルマが存在します。そんなOEM車を3台ピックアップしました。

マツダ 防府市の工場で新型多目的スポーツ車量産で記念式典 – NHK.JP

自動車メーカー「マツダ」は、防府市の主力工場で新型のSUV=多目的スポーツ車の量産を始めたのを記念した式典を開き、丸本明社長は「力を合わせ…

マツダ 防府市の工場で新型多目的スポーツ車量産で記念式典|NHK 山口県のニュース
自動車メーカー「マツダ」は、防府市の主力工場で新型のSUV=多目的スポーツ車の量産を始めたのを記念した式典を開き、丸本明社長は「力を合わせ…

なぜクルマなのに「オルガンペダル」が付いてるの?「慣れたら…病みつきに!?」 疲れにくい魔法 …

クルマのペダルには「吊り下げ式」や「オルガン式」がありますが、どのような違うのでしょうか。とくにマツダは自社モデルにオルガン式を採用していますが、 …

なぜクルマなのに「オルガンペダル」が付いてるの?「慣れたら…病みつきに!?」 疲れにくい魔法のペダルとは
クルマのペダルには「吊り下げ式」や「オルガン式」がありますが、どのような違うのでしょうか。とくにマツダは自社モデルにオルガン式を採用していますが、そこにはどのような理由があるのでしょうか。

ブランド失墜の「アリ地獄」と決別 マツダ、米国で追求する正攻法 – 日経ビジネス電子版

1月中旬に訪れた米カリフォルニア州のマツダ販売店。最大600台は止められるという駐車場には新車が1台も見当たらなかった。半導体不足によってマツダからの …

ブランド失墜の「アリ地獄」と決別 マツダ、米国で追求する正攻法
マツダが米国市場で攻勢を強めている。2021年の現地販売台数は半導体不足による供給制約があったにもかかわらず1994年以来27年ぶりに過去最高を更新。22年1月には10年ぶりに現地生産を再開し、新型車の投入も進める。世界で2番目に大きい米国市場でシェア2%ほどの下位ブランドにすぎなかったマツダはどう変わろうとしているの...

マツダを救うか? 一気に最先端へ! 新型CX-60に搭載される新技術5つの進化 – ベストカー

2022年3月8日、マツダは新型ミッドサイズSUV「CX-60」を、欧州で初公開しました。同日に、マツダ初のプラグインハイブリッド「e-SKYACTIV PHEV」を搭載した …

マツダを救うか? 一気に最先端へ! 新型CX-60に搭載される新技術5つの進化 - 自動車情報誌「ベストカー」
2022年3月8日、マツダは新型ミッドサイズSUV「CX-60」を、欧州で初公開した。今回のCX-60は、マツダが進めるFRラージプラットフォームを採用した第1弾のモデル。搭載される多数の新技術のなかから、特に注目の5つをご紹介しよう。

国内でも秋に発売へ マツダCX-60 本格生産開始でセレモニー(RCC中国放送) – Yahoo!ニュース

今月7日に発表されたマツダの新型SUV「CX-60」の量産開始セレモニーが、山口県の防府工場で開かれました。 マツダの新型SUV「CX-60」は、先月15日から防府 …

国内でも秋に発売へ  マツダCX-60 本格生産開始でセレモニー(RCC中国放送) - Yahoo!ニュース
今月7日に発表されたマツダの新型SUV「CX-60」の量産開始セレモニーが、山口県の防府工場で開かれました。 マツダの新型SUV「CX-60」は、先月15日から防府第2工場で生産が始まりました。1

マツダ新世代商品群CX-60 防府工場で量産開始セレモニー | ニュース・報道 – 広島ホームテレビ

マツダの新世代商品CX-60の量産開始を記念したセレモニーが行われました。スポーツタイプ多目的車=SUVのMAZDA・CXー60は山口県の防府工場 …

マツダ新世代商品群CX-60 防府工場で量産開始セレモニー
マツダの新世代商品CX-60の量産開始を記念したセレモニーが行われました。スポーツタイプ多目的車=SUVのMAZDA・CXー60は山口県の防府工場で先月、ヨーロッパ向けの量産が始まりました。マツダ防府工場末廣誠二工場長「10台に1台ぐらい日。

マツダCX-60、防府で量産開始 ブランド改革の真価問う – 日本経済新聞

マツダは18日、防府工場(山口県防府市)で新型多目的スポーツ車(SUV)「CX-60」の量産ラインを公開した。同車は中大型上級SUV「ラージ商品群」の第1弾と …

マツダCX-60、防府で量産開始 ブランド改革の真価問う 
マツダは18日、防府工場(山口県防府市)で新型多目的スポーツ車(SUV)「CX-60」の量産ラインを公開した。同車は中大型上級SUV「ラージ商品群」の第1弾となる。マツダは近年、収益性向上に向けたブランド改革に取り組んでおり、CX-60の発売はその試金石だ。売れ行きはブランド向上の真価を問うことになる。「CX-60を第...

マツダ・スクラムワゴン、スクラムバン、スクラムトラックが一部改良で、4AT化やアイドリング …

スクラムトラックは、3ATから4AT化、アイドリングストップの追加で大幅に燃費を向上 スズキからOEM供給を受けているマツダ・スクラムワゴン、スクラムバン、 …

マツダ・スクラムワゴン、スクラムバン、スクラムトラックが一部改良で、4AT化やアイドリングストップなどを採用 | clicccar.com
■スクラムトラックは、3ATから4AT化、アイドリングストップの追加で大幅に燃費を向上 スズキからOEM供給を受けているマツダ・スクラムワゴン、スクラムバン、スクラムトラックが2022年1月14日に一部改良を受けました。

CX―60、PHVでもマツダの走り FRや大型サンルーフに新鮮さ【経済担当試乗記】 – Yahoo!ニュース

大型サンルーフなどマツダ初の装備も多い。後部座席にも開放感があった。エンジンを車前方に置く後輪駆動(FR)方式を採用。試乗車はFR …

CX―60、PHVでもマツダの走り FRや大型サンルーフに新鮮さ【経済担当試乗記】(中国新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
 アクセルを踏んだ。モーター音とともに、滑らかに車が動き出した。速度が上がると静かにエンジンが始動。加速が力強さを増した。
タイトルとURLをコピーしました